スポンサーリンク

「旅猫リポート」ネタバレ・あらすじ/置いていくニャー(感想・キャスト)

旅猫リポート・福士蒼汰主演映画 邦画ドラマ

 

作品情報・キャスト

有川浩のベストセラー小説を福士蒼汰の主演で三木康一郎監督が実写映画化。

車にひがれ怪我を負っていた野良猫を助けてからナナと名付け家族同然のように暮らしてきた悟だったがある理由で手放すことになる。

幼い頃の友人、学生時代の友人など訪ねるが飼主がなかなか決まらず、両親を亡くし自分を引き取ってくれた叔母の法子をたよりにむかうが・・・

宮脇悟(福士蒼汰)香島法子(竹内結子)神崎ナース(戸田菜穂)杉千佳子(広瀬アリス)杉修介(大野拓朗)澤田幸介(山本涼介)ナナ/声(高畑充希)吉峯大吾(前野朋哉)

 

スポンサーリンク

ネタバレ・あらすじ

   旅猫レポート

 

野良猫

誇り高き野良猫は狩りに失敗したときの予備としてご飯をくれる宮脇悟を大切に思っている。

馴れ合いすぎは良くないのでご飯をくれるときにだけ仕方なく撫でさせてあげている。

しかし猫集会に向かおうとしていた日に車に轢かれて大怪我を負ってしまった。

野良猫は一瞬の油断が命取りになるため誰も助けてくれるわけないとずっと思っていたが悟の事を思い出してしまった。

「痛い・・・助けてくれ」

目が覚めると動物病院にいて悟が涙を流しながら寄り添ってくれていました。

この時、悟は高校生。下僕としては頼りないが自分のために泣いてくれた悟の猫になろうと決めました。

ナナと名付けられ家族同然のように暮らしていたが、

5年後、飼えなくなったらしく「ゴメンね」とうんざりするほど耳にしている。

悟が新しい飼主を探す旅にでるらしく同行することにした。

 

小学生

父親の写真館を継いだ幸介に会いに行くと「お前が猫を手放すなんてよっぽどのことだな」と言われます。

小学生の頃、悟と幸介はハチと名付けた猫を拾いました。幸介は自分の家で飼おうとしたが父親の反対があり無理でした。

悟は家出しようと誘い2人で校舎の屋上で生活を始めるが近所の人や互いの両親に気付かれてしまいました。

「猫を飼ってはいけないなら飛び降りるぞ」と悟が叫ぶと母親はなんでも飼っていいからと承諾してくれました。

こうして悟はハチを飼える事になりました。

しかし・・・

悟の両親が交通事故で亡くなると親戚は集まり今後どうするか話し合いました。猫を手放す事になるのではと思った幸介は悟を安心させるためにハチを引き取ろうとお願いしたが頭カチカチの父親は最後まで反対しました。

悟は叔母の法子に引き取られるが転勤が多かったのでハチを迎える事はできませんでした。それでも大事に育ててくれる飼主を懸命に探してくれました。

現在、幸介の奥さんは実家に帰っていたがナナの事を話したら初めて反応があったと喜んでいました。

「奥さんを連れ戻すための道具にするんじゃない」とナナは思います。

いまだに父親に言い返せない幸介を見てまずは奥さんとのヨリを戻し父親の呪縛を解き、そして飼うなら何の事情もない猫を招いた方が良いと悟は思います。

 

中学・高校

中学時代の友人・大吾を頼ろうとしたがナナを引き取る前に子猫を拾ってしまったと電話が入ります。

「そもそも僕は悟と離れるつもりはないのだけど・・・」とナナは思います。

高校時代の親友・修介は同級生の千佳子と結婚し「犬連れ、猫連れ、OK」のペンションを営んでいました。

モモ(猫)とは仲良くなれそうだと安堵するが虎丸(犬)とは相性悪いらしくナナは「かかってこい」と闘争心をあらわにします。

千佳子は「大事にするけどまた飼えるようになったら迎えに来てね、一時預かりだと思ってるから」と言いました。

スポンサーリンク

 

高校時代、悟は川で迷子になっている犬を保護しようとしていた時に修介と千佳子に話しかけられました。なんとか保護するがテスト中にも関わらず遅刻してしまいました。

先生からお叱りを受ける中、千佳子は「無視して保健所に送るような人間にはなりたくない」と言い返し犬はそのまま千佳子が引き取りました。

この一件があってから悟は彼女に好意を抱いていました。

悟は離れる事になってしまったハチに会いに行くため夏休みにバイトをして四国まで行きたいと話すと千佳子の両親が営む茶畑の手入れをさせてくれる事になりました。

ハチが車に轢かれて亡くなった知らせを受け家族同然だったので落ち込みます。話を聞いてくれた千佳子に「ちゃんとお別れしてこないとダメ」と言われ悟はバイトに励みました。

四国まで行ってハチとお別れした悟は帰りに京都に行きました。小学生の時に修学旅行に行ったが両親の事故があったのでとんぼ返りするかたちとなり行かれなかったからです。

父親からお土産は「脂とり紙がいい」とアドバイスを貰っていた事もあり千佳子に買っていくと喜んでくれました。母親が生きていたらあんなふうに喜んでくれたのだろうと悟は思います。

互いに好意を抱いていると気付いた修介から千佳子が好きだと教えられ、悟は動揺したが卒業までに転校する事が決まっているので「分かるよ」と笑顔で返しました。

 

ナナと虎丸の相性が悪いため悟は預かってもらうのは無理だなと思います。

帰り際、「今だから言うけど高校の頃、千佳子が好きだった」と笑いながら伝え車を走らせました。

 

叔母の法子

福岡にいる叔母の法子を頼りにフェリーを挟んで会いに行きます。

判事を夢見て転勤だらけだったが法子はナナを引き取るために福岡に法律事務所を構えてくれました。ナナのためだけでなく病気の悟を安心させるためにも・・・。

途中、菜の花畑がとても綺麗だったので寄っていくがナナがいなくなってしまいました。だんだん不安になってきた悟は泣きながら必死に叫び探します。

「はいはい、ここだよ」とナナは鳴いて知らせます。

悟はナナを抱き締め「ずっと一緒にいてよ」と口にすると「やっと本音を言ったね。そう思ってくれてたのは知ってた」とナナは思います。

 

両親の墓参りを終えて1年振りに法子と再会します。

ナナは新しい家を点検します。悟は法子の悲鳴を聞いて部屋を出ると机の上に乗っていました。

猫が苦手だったんだと初めて知り頑張って引き取ってくれた事に感謝します。

法子は頑張って慣れようとし、「世話の焼ける人だな」とナナは思うが「もう長くはない匂い」を悟から感じ取っていました。

法子は悟を引き取った日に「いずれ分かると思うから伝えとくけど悟は両親と血縁関係はない」と伝えてしまい保護者としては最低だと思っていました。

生みの親に捨てられた悟だったが両親と血縁関係がないなんて思いもしないぐらい大事に育てられ、そして叔母にも大事に引き取られ、自分は恵まれていると感じていたので早くに教えてくれて良かったと伝えます。

結末「旅猫リポート」

悟が入院する事になりナナは付き添いがいるだろうと自らカゴに入ります。

しかし、悟は鍵を閉めてそのまま出て行きました。

「おい、僕を連れて行け、置いていくな、僕は最後まで悟の猫でいるんだ」

 

ナナがずっと窓際から離れないのを見ていた法子はどうしても面会させたいと思い看護婦に相談すると病院内ではダメだけど庭でならと許可が出ました。

「でかした法子」

悟と面会したナナはいつでも悟と会えるように帰りに車から脱走します。

元誇り高き野良猫とはいえ久しぶりなので野宿は大変でした。

「負けはしない、最後まで悟の猫でいるんだから」

悟はナースに勧められて車椅子で海を眺めに行くとナナがやってきたので驚きます。法子がやってくると捕まると思いナナは逃げていきます。

悟は車椅子にナナのおやつを入れとくため法子に用意するようお願いしました。

 

悟は反応しなくなり法子は駆け付けます。ナナもお別れだと感じ病院に駆け付けます。

法子は怒られるのを覚悟でナナを探しにいくと正面玄関の自動ドアの前にいました。

法子は抱っこして病室に連れて行き、ナナが悟の手をペロペロ舐めると、悟は笑みを浮かべ「ありがとう」と言い残し息を引き取りました。

~1年後、

一周忌にみんなが集まり悟の話をしているのを「楽しそうだな」とナナは眺めます。

「ほんの少し待っててよ、いつかそっちに行く。悟に追いつくまで旅を続けてお土産話を持っていくよ」

 

感想「旅猫リポート」

嫌でも泣かされますね。愛するペット(家族)がいる人なら特に分かるでしょう。

話せなくても顔を見ただけで何を訴えているのか分かりますもんね。

それにしてもナナの声は本当に高畑充希さんですかね。最初から分かっていたのですが頑張って聞いても彼女とは思えない。

ストーリーはとてもシンプルで分かりやすいですがなんで病気のことを隠していたのかな、同情からナナを引き取って欲しくはなかったのかな・・・。

 

テキストのコピーはできません。