スポンサーリンク

「 TAG タグ 」ネタバレ・あらすじ・年に1度の鬼ごっこ (感想・キャスト)

コメディ

 

実在する年に1度の「鬼ごっこ」をするグループを基に制作されたアクションコメディー。

小学生だったホーガンは幼馴染みと毎年5月に集まり1ヶ月間の鬼ごっこを28年続けている。ある日、運動神経抜群なジェリーが結婚式をする事が決まりホーガン達は捕まえようとするが式場から逃走される。

監督=ジェフ・トムシック

◆ホーガン(エド・ヘルムズ)◆ジェリー(ジェレミー・レナー)◆ボブ(ジョン・ハム)◆ランディ(ジェイク・ジョンソン)◆レベッカ(アナベル・ウォーリス)◆シェリル(ラシダ・ジョーンズ)

 

ネタバレ・あらすじ

  TAG タグ

 

老いを防ぐのは遊びを続けること

1983年、小学生のホーガン達は「遊びを止めるから老いてしまう」と持論を持ち、友情を永遠に続かせようと毎年5月に「鬼ごっこ」をする事を決める。

30年後の現在。

獣医学の博士号所得者ホーガンは優良企業の会長ボブの会社で清掃員となります。

ボブが記者レベッカのインタビューを受けている部屋に侵入しわざと物音を立てて掃除し注意されたところ「久しぶりだな」と振り向きます。

ボブはどうやって入ったんだと驚き、椅子を投げ付けて逃げようとするが防弾ガラスになっているので跳ね返り自分の身体に直撃します。

ホーガンは「お前が鬼だ」と告げて再会を喜ぶと「お前はクビだ」と言われます。

インタビューしていたレベッカは興味を持ちボブに取材を試みるが、ホーガンが戻ってきて「毎年捕まえられないジェリーが31日にスーザンと結婚するから今年こそ捕まえよう」と言いました。

 

メンバー集め!!

結婚式に招待されないのは捕まるのを恐れているからだ、なんといってもジェリーは30年間一度も鬼になった事がないのでホーガンは意気込みます。

話を聞いていたレベッカは楽しい記事になると言い同行します。

ホーガンは過激な妻アンナと共に妻に逃げられ麻薬依存となっているランディを追います。なかなか手強いので「実は鬼ではない」と告げるとランディは逃げるのを止めるがそこにボブが現れタックルして捕らえました。

妻の浮気を心配し精神を病んでいるセイブルはカウンセリングを受けていたので簡単に捕まえ「故郷に戻るから支度しろ」と告げました。

こうして皆でワシントン州スポケーンに上陸し、ホーガンの実家に集まります。

 

情報屋ルーが経営するBARに遊びに行きジェリーの情報を聞きます。

ルーはずっと前から鬼になりたいと願っていたが情報屋だし公式メンバーではないからダメだと言われていました。

そんなルーは「居所を黙ってれば来年から公式メンバーにする」とジェリーと約束していたので協力出来ないと言いました。

しかしレベッカが記事にするため同行しており「教えてくれればルーも記事に登場するのに・・・」と口にするとディナーの場所をあっさり吐きました。

挙式中に捕まえるのはフェアーじゃないと思い店に隠れて待つとジェリーはやってくるが「お前らだな、出てこい」と言いました。護身術の指導をしているだけあって先の行動を読む能力もあり捕まえることが出来ず逃げられてしまいます。

ジェリーの婚約者スーザンが現れたので休戦すると「リハーサル・昼食会・ディナー、挙式中はダメだ」と言われます。みんなは納得して署名すると挙式に招待されました。

スポンサーリンク

 

ジェリーを今年こそ捕まえる!!

ジェリーは家にいるはずだと読み全員で侵入すると机の上には「いると思ったか?」と書かれたメモが置いてありました。

いきなりパソコンの画面にジェリーが映るがそこはホーガンの家でした。「家宅侵入だぞ!」とホーガンは言い放つが「俺たちもな」とボブはつぶやきます。

全員で急いでホーガンの家に戻るが母親しかいませんでした。「家にいないじゃないか」と訴えるとジェリーは自宅の地下室にいると笑います。

ジェリーは地下室の壁にホーガンの家の写真を張り付けているだけでした。

ジェリーの家で紳士服の値札を目にしていた一同はタキシードを受け取りに現れるはずだと予想するがやはり護身術で返り討ちにされます。

 

昼食会終了時間を狙って・・・

ボブとランディの初恋相手でもあるシェリルも招待されていました。

シェリルは子供の時にボブとランディと交際しており大人になると歯医者さんと結婚しました。

ランディは声を掛けるとすでに別居していたがシェリルの夫は車の事故で亡くなった事を知ります。「うちも妻がね」とランディは伝えるが彼の妻は亡くなったわけでなく出て行っただけです。

その後、ボブも声を掛けるとジェリルは帰るというので「送っていくよ、その前に一杯飲もう」と誘いバルコニーに出て会話を楽しみます。

手分けして出口を封鎖する予定だったがボブはシェリルに夢中で忘れてました。

 

ジェリーの計算通り、ボブが見張るドアから普通に出てゴルフ場の森の中に逃げ込みます。

ホーガン達は必死に追いかけサバイバル生活に慣れているのか?あちらこちらに仕掛けがしてありやられてしまいます。

コテンパンにやられた一同はルーの店に行くがそこにボブがやってきました。

「今まで何処へ行ってたんだ」と一同は怒ります。

ボブが「ジェリーのジムに行けばいるはずだ」と意見を述べると一同は車に乗り込むがランディは足が痛いから残ると言いました。ルーは「代わりに行く」と近付いてくるがホーガンは車を走らせました。

ランディが店に残ると言ったのはシェリルと待ち合わせしていたからです。

ホーガン達はジェリーの居場所を聞き出し店に戻るとランディーとシェリルが楽しそうに会話していたのでボブは怒ります。

シェリルは「二人の気を引くために招待されたけど会いたくて来たのよ。でもまだまだガキね」と去ってしまいます。

ホーガンは「ふられる時間は6月にたっぷりあるから今はジェリーを捕まえる事だけに集中しろ」と説得しました。

 

結末 真の目的

ジェリーを閉じ込める事に成功した一同だったがジェリーを探すスーザンがお腹を痛めてうずくまります。

ジェリーはすぐに出てきて彼女を病院に連れて行きます。ランディだけは今捕まえればいいと口にするが「こんな時に何言ってんだ」と皆から怒られます。

挙式は延期になり一同は自分たちのせいじゃないかと落ち込みます。

しかしインスタにスーザンの花嫁姿をアップしている人がいて騙されたと気付きます。

ホーガンは怒りが爆発してカラーバットで部屋中の物を破壊します。

 

挙式に向かうとスーザンは酒を飲み騒いでいました。スーザンはジェリーを逃がすために妊娠していると思わせたのです。

誓いのキスを見計らってホーガンはタッチしようと飛び付くが避けられてしまいます。

「挙式中に酷い」と言われるがボブ達は「流産を装う奴がモラルを語るな」と言い返します。

ホーガンはそのまま病院に運ばれます。

ランディは「芝居なんだろ」と医者に聞くが「ここは病院ですよ」と言われ分からなくなります。

ジェリーから電話を貰ったホーガンは肝臓に腫瘍があるんだと言いました。ランディだけは「どんな筋書きなんだ」と口にします。

ホーガンは自分には来年はないと思いジェリーが今年で引退すると嘘を付いて仲間を集めたのです。

ジェリーとスーザンも病室にやってきます。

「鬼ごっこは逃げるためじゃなく再会するためにあるんだ」とホーガンは言います。

タッチさせてやるとジェリーは近付き残り5分ではじめての鬼となります。しかし鬼のまま一年過ごすのは嫌だとセイブルにタッチして病室を飛び出しました。

病院の中で鬼ごっこが始まり映画は終わります。

 

感想

だんだんネタギレのせいか面白さが失速していきましたね。

ただ、「老わないために純粋に遊ぶ」のは共感。そしてそんな仲間がいるのが羨ましいですね。

実際にそんなグループがいるみたいなんで微笑ましいです。

 

テキストのコピーはできません。