怖い映画おすすめ一覧/作品情報キャストの紹介/物語のネタバレあらすじを結末まで。

怖い映画おすすめ一覧/作品情報キャストの紹介/物語のネタバレあらすじを結末まで。
ホラー・スリラー

映画「貞子」ネタバレあらすじと感想結末/撮ったら最期・貞子の呪いが再び

中田秀夫監督が池田エライザを主演に手掛けた2019年のホラー映画「貞子」。作品情報キャストの紹介とネタバレを結末まで。1998年からブームを巻き起こしている「リングシリーズ」、最新作は現代らしく撮ったらアウト、貞子の呪いが心理カウンセラーに迫る。
ホラー・スリラー

映画「ミッシング・タワー」ネタバレあらすじと感想結末/急展開を迎えるホラー

「ブラック・スワン」の脚本家ジョン・J・マクロクリンによるホラー映画「ミッシング・タワー」の作品情報・キャストの紹介とあらすじを感想結末まで。妻を亡くし娘二人を連れて住込みの管理人の仕事に就く元警官フィルだったが不可解な住人の失踪事件が続く。
ホラー・スリラー

映画「チャイルド・プレイ(2019)」ネタバレあらすじと感想結末/AI搭載チャッキーが暴走

世界中で伝説的となり通算8作目となるホラー映画「チャイルド・プレイ」のネタバレと感想。1988年に公開された第一作を2019年にリブートとして再び参上。殺人鬼の魂が乗り移った人形ではなく現代らしく子供が成長して相手にされなくなったAIが暴走する仕組みになっている。
スポンサーリンク
洋画ミステリーサスペンス

「 ロージー 檻の中の情事 」 ネタバレ・あらすじ / 好きな女性を監禁してしまった青年は彼女のために人を殺してしまう

異色サスペンス。人付き合いが苦手な青年は女優志願の女性を監禁してしまう。悪い扱いはせずただ見てるだけだったが退院する予定の祖母を安楽死させてしまいます。そんな青年に女性は親密な関係になるよう自ら迫るようになり・・・。感想・結末・ネタバレ・あらすじ。
ホラー・スリラー

「来る」ネタバレ・あらすじ / 家に取り憑いている何か(感想・キャスト)

日本ホラー小説大賞に輝いた作品を岡田准一、妻夫木聡、松たか子など豪華キャストで中島哲也監督が映画化。超常現象に悩むイクメンパパから依頼を受け、オカルトライターとキャバ嬢霊媒師が調査することになるが取り憑いた「あれ」は強敵だった。やがてイクメンパパが亡くなり恐怖が迫る。「来る」感想・ネタバレ・あらすじ
ホラー・スリラー

映画「インモラル・ルーム」ネタバレあらすじと感想/迫り来る魔の手から逃れろ

スリラー映画「インモラル・ルーム」の作品情報キャストとネタバレを結末まで。米国人カップルのブライアンとキャシーは関係性の修復を兼ねてイタリアの宿泊できるワイナリーで休暇を過ごすが地元人男性フェデリコはストーカーであり仕掛けたカメラで常に監視されていた。
ホラー・スリラー

「死霊館のシスター」ネタバレ・あらすじ・尼僧が首を吊った真相とは?(感想・キャスト)

感想・ネタバレ・あらすじ「死霊館のシスター」。1952年にルーマニア聖カルタ修道院でシスターが自殺しました。修道者にとって大罪でありバチカンは不審な点があることから真相を調べるためバーク神父と見習いシスターのアイリーンを派遣します。
ホラー・スリラー

「ゲット・アウト」ネタバレ・あらすじ・アカデミー脚本賞・二回見ると更に怖い(感想・キャスト)

米国コメディアンとして活躍するジョーダン・ピールが脚本、監督業に初挑戦し世界興収2億5千万ドルを超す異例の大ヒットを記録し第90回アカデミー賞で脚本賞を受賞。感想・あらすじ・ねたばれ「ゲット・アウト」。黒人クリスは交際しているローズの実家に招かれ歓迎されるが・・
ホラー・スリラー

「ヘレディタリー / 継承」ネタバレ・あらすじ・祖母が亡くなってから家族に不可解な出来事が(キャスト・感想)

感想・ネタバレ・あらすじ「ヘレディタリー / 継承」グラハム家のエレンが長い闘病の末78歳で亡くなり母親に対して愛憎入りまじった感情を抱いていたアニーは夫スティーヴに支えられ葬儀を無事に終えるが一家の周辺で不可解な出来事が相次ぐようになる。
ホラー・スリラー

「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」ネタバレ・あらすじ・存在する幽霊屋敷(感想・キャスト)

カリフォルニア州サンノゼに今でも実際に存在する世界的に知られた幽霊屋敷ウィンチェスター・ミステリーハウスが舞台。感想・ネタバレ・あらすじ「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」。監督は「 ソウ 」シリーズの「ジグソウ:ソウ・レガシー」を手掛けたピーターとマイケルのスピエリッグ兄弟。
ホラー・スリラー

「死霊院 世界で最も呪われた事件」ネタバレ・あらすじ・精神病なのか悪魔が取り憑いたのか(感想・キャスト)

若い修道女が悪魔払いの儀式の中で死亡した実際の事件を基にサヴィエ・ジャン監督が映画化。「死霊院 世界で最も呪われた事件」感想・ネタバレ・あらすじ。ジャーナリストのニコールが儀式が中断したことにより悪魔は消えていないと聞かされ真相を探るのだが・・・。
ホラー・スリラー

「 ジグソウ:ソウ・レガシー 」ネタバレ・あらすじ⑧10年前に終止符をうったジグソウゲームが再び(感想・キャスト)

シリーズ第八弾。ジグソウが亡くなってから10年後新たなゲームが開始された。マイケルとピーターのスピエリッグ兄弟が「ソウ」シリーズを始めて手掛ける。市街地で発見された遺体にパズルのピースの形に皮膚が切り取られていたので「ジグソウ」のゲームが開始したのではと頭をよぎります。
ホラー・スリラー

「 ソウ ザ・ファイナル 」ネタバレ・あらすじ⑦ ジグソウの後継者は私だ!!(感想・キャスト)

「ソウ」シリーズ第七弾。ジョンの亡き後ジグソウの後継者は元妻ジル、それとも生き残ったホフマン刑事か。またジグソウのゲームから生還したボビー・デイゲンは手記を出版し支持者を集めていた・・・。
ホラー・スリラー

「 ソウ6 」ネタバレ・あらすじ⑥亡くなったジョン(ジクソウ)の遺品とは?(感想・キャスト)

ソウシリーズ6作目。亡きジグソウが元妻ジルに宛てた遺品の謎が明かされる。ジグソウを引継ぐホフマンはストラムを犯人に仕立てる事に成功しゲームで始末した。これで終止符かと思われたが部下ストラムを指名手配したもののダンは不審を感じ独自に調査に出る。
ホラー・スリラー

「 ソウ5 」ネタバレ・あらすじ⑤ジクソウの共犯者はあいつしかいない!!(感想・キャスト)

ソウシリーズ5作目、FBIのストラムはジョン(ジグソウ)が亡くなってもゲームが終わらない事で生還したホフマン刑事がジグソウを継いだのではないかと疑います。そんな中、5人の男女が鎖に繋がれていた。またジョンが元妻に残した遺品の謎は?
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました