アニメ映画「天気の子」ネタバレあらすじを感想を交え結末まで(声優)

 

作品情報/天気の子

「君の名は。」で歴史的大ヒットを記録した新海誠によるアニメーション映画で「天気の子」は2019年に興行収入第1位に輝いた。

家出少年は弟と生活する少女と出会うが彼女は祈るだけで晴れに出来る不思議な能力を持っていた。二人の恋の行方は?!

 

僕と彼女だけが知る世界の秘密。

家出して東京にやってきた少年・帆高は生活に困って彷徨いそれを現すかのように雨は降り続ける。

住込み食事付きに惹かれようやく怪しげなオカルト雑誌のライター業として働き始めると都会の片隅でひとりの少女・陽菜と出会います。

彼女は祈るだけで晴れに出来る特殊能力を持っており帆高は彼女の能力を生かしてウェブサイトを作成すると順調に仕事が舞い込むようになる。

しかし捜索願を出され発砲事件まで起こしていた帆高と弟と二人で暮らす陽菜は警察から、児童相談所から逃げるため逃走するのだった。

 

声優・キャスト

森嶋帆高(醍醐虎汰朗)

離島から東京に家出してきた高校1年生。拾った銃を出会った陽菜を助けるために発砲した事でやがて警察に追われることになる。

天野陽菜(森七菜)

14歳だが弟と暮らしているため18歳と偽っている。祈ると晴れに出来る特殊能力を持ち帆高に誘われ能力を仕事にするが児童相談所に連れて行かれると弟と離れてしまうため逃走する。

須賀圭介(小栗旬)

家出してくる帆高と船で出会い訪ねてきたのでオカルト雑誌記事の寄稿を手伝わせる。妻が事故死したあと娘を義母に引き取られ会わせてもらえない。

須賀夏美(本田翼)

圭介の姪で大学生で妖艶な容姿。バイク運転がうまく帆高の逃走を助ける

天野凪(吉柳咲良)

陽菜の弟で小学生。やたらモテるせいか大人びた発言が多く帆高から先輩と呼ばれる

立花冨美(倍賞千恵子)安井刑事(平泉成)高井刑事(梶裕貴)間宮夫人(島本須美)須賀萌花(香月萌衣)

 

ネタバレあらすじ

降り続ける雨、

危篤状態の母親に寄り添う少女・天野陽菜は一筋の光がビルの屋上を照らしているのを目撃し病室から出て行きます。

ビルの屋上には赤い鳥居が立っており陽菜はくぐりながら祈ると天と繋がり祈ると晴れに出来る特殊能力を得ました。

その頃、16歳の森嶋帆高は離島からフェリーに乗って東京に向かう途中に急な豪雨で足を滑らせ海に落下しそうになったが須賀圭介に助けられると同時に空は先ほどとは打って変わって晴天となっていました。

帆高は命の恩人である圭介に食事とビールをご馳走しまさか大人にご馳走することになるとは思うが何かあればと会社の名刺を渡されます。

 

家出少年

新宿の漫画喫茶でカップラーメンで耐え凌ぎながらバイトを探すと風俗店のボーイなら学生証なしで働ける情報を貰い大学生だと偽って訪ねるがヤクザに怒鳴られ帰る羽目となります。

降り続ける雨の中、疲れ切って雨宿りしながら寝てしまうと男性に声をかけられ蹴っ飛ばされます。帆高は急いで出ていくとゴミ箱を倒してしまい急いで元に戻すが紙袋の中に拳銃があったので驚いてバックにしまいます。

お金がなくマックで飲み物だけ注文すると「三日連続で夕食がそれじゃダメでしょ、内緒ね」と店員・陽菜からハンバーガーをご馳走になります。

16年間の人生の中で一番美味しい夕食だと帆高は感じ感謝します。

スポンサーリンク

 

晴れ女

帆高はフェリーで出会った圭介の元を訪ねると色っぽい女性・夏美がソファーで寝ていたので思わず見とれてしまいます。

どのような関係か聞くと小指を立てたので圭介の愛人なのかと驚くが彼女は圭介の姪でした。圭介は雑誌を連載しており都市伝説でも何でもいいからネタを拾ってきてと言われ帆高は住込み食事付きに惹かれアシスタントとして働くことを決めます。

東京の暮らしにも慣れてきた頃、マックで奢ってくれた陽菜が風俗店のボーイに連れて行かれそうになったのを目撃し彼女の手を引いて逃げ出すが捕まってしまい暴行を受けます。

頭にきた帆高は思わず拾った銃を向け発砲すると弾はそれたが初めて本物だったのだと気付きます。相手が怯んだ隙に陽菜と一緒に逃げ出すが「バイトをクビになったから稼がなければいけないの、それに銃を人に向けるなんて何やってんの」と怒られます。

自分にハンバーガーを奢ったせいでクビになったのかと思う帆高は謝罪すると「君、家出少年でしょ」と彼女は笑顔を見せます。

東京に来てからずっと雨だと嘆く帆高だったが陽菜は「晴れるよ」と言い祈り出します。

どうゆう意味かと不思議に思っていると急に青天となり「100%の晴れ女」という都市伝説は本当だったのかと驚きます。

年齢を聞くと年下に見えたが陽菜は「わたし18歳だから敬語ね」と微笑みました。

 

代償

陽菜が祈った後に再び雨が降り始めると魚のような生物が降ってくるのでSNSでは話題になっていました。

夏美は就職活動に専念するがうまくいかず圭介も妻が事故死したあと娘を義母に引き取られ会わせてもらえませんでした。それを現すかのように雨は降り続けます。

帆高は陽菜の家を訪ねると弟の凪と二人暮らしだと知るがバスの中でよく見掛ける小学生でした。

帆高は祈って晴れに出来るのなら能力を生かした仕事をしようと誘いサイトを立ち上げるとすぐに依頼が来ました。

依頼主は晴れるわけないと諦めるが陽菜が祈り始めると青天となり2万円を稼ぎます。最初は帆高を見下していた凪だが順調に仕事が舞い込むのを見て認め出します。

瞬発的に謎の晴れとなる現象はニュースに取り上げられるようになるが花火大会の依頼ではヘリコプターが出動するほど注目されておりテレビに映ってしまった事で手に負えないぐらい依頼が殺到してしまい一時的に休業を余儀なくされます。

帆高は陽菜の誕生日に何がいいか考えていると「姉ちゃんが好きなんだろ、はっきりしない男はダメだ、付き合ってから曖昧に行くのが基本だ」とアドバイスされ先輩と呼びます。

依頼が来たのでそれが終わってからプレゼントを渡そうとするが依頼主は娘と会えることになった圭介でした。帰りに姉ちゃんを送ってと凪に背中を押された帆高は勇気を持って告白しようとしたが陽菜は祈って晴れにすると身体が徐々に透明化していくんだと言いました。

夏美が気象神社の神主に取材しその動画を見せられて知ったのです。

 

逃走

帆高が発砲した姿が防犯カメラに映っており、また家族から捜索願が出された事で警察が追っていました。

目撃情報により陽菜の家まで警察がやってきます。彼女は知らないと答えるが保護者のいない児童だけの生活は問題なんだと言われ児童相談所の者が明日来ると知らされます。

誘拐犯だと警察に疑われた圭介から退職金を受け取った帆高は児童相談所に行くと弟と離ればなれになってしまうと悩む陽菜に一緒に行こうと誘い3人で逃走します。

夏なのに雪が降り始め吹雪の中、子供だけで歩いていたので3人は警察に声をかけられます。帆高が捕まってしまったので陽菜は警官を突き飛ばして「お願い」と叫ぶと雷が落ち近くで爆発が起こりました。

その隙に3人はラブホテルに逃げ込み帆高は誕生日プレゼントを渡すが彼女の体は透明になりかかっていました。

スポンサーリンク

 

結末/天気の子

翌朝、帆高は目覚めると陽菜は天に行き消えていませんでした。

警察が踏み込んできて捕まってしまった帆高だが外に出ると自分がプレゼントした指輪が空から降ってきました。

パトカーに乗せられる穂高は陽菜が本当は15歳で年齢を偽ってバイトしていた事がバレてクビになったと知ります。一番年上なのに何やってたんだと涙を流す帆高は隙を見て警察署から逃走すると偶然バイクで通りかかった夏美に乗せてもらいます。

赤い鳥居をくぐって晴れ女になったと陽菜が言っていたので途中から一人で線路を走ってビルに向かうが警察に包囲されてしまいます。

帆高は来るなと銃を取り出すが捕まってしまい容赦なく殴られます。しかし「どうしても会いたい」という気持ちが分かる圭介と彼女から服とウィッグを借りて児童相談所から逃走していた凪に助けられます。

階段を駆け上り鳥居をくぐって祈ると帆高の体は宙に浮いていき天までワープします。

「二度と晴れなくても俺は陽菜がいい」

二人は手を取り合い鳥居の下に戻されると雷が発生し豪雨となりました。この雨は3年間降り続き東京の一部は水没していました。

保護観察処分を受け神津島に戻されていた帆高は高校を卒業し大学進学のために東京に向かいます。

東京が水没したのも自分たちが世界を変えたからだと思っていた帆高だが「世界なんて最初から狂ってる、うぬぼれんな」と圭介に言われ陽菜の家に向かうと道路で祈っている彼女を目にします。

涙を流す帆高は「世界を変えたんだ、この世界で陽菜と生きると決めたんだ」と思い名前を叫ぶと彼女は笑顔で駆け寄ってきました。

 

感想

新海誠のファンタジーな世界観は好きだけど最後のセリフは微妙だな・・・。

別に東京を水没させなくても良かったんじゃないかな。天気なんて天の神様の気分なんでしょ。

「君の名は。」の方が好きかな。

愛する女性が人柱となって犠牲になるのを防ぎたい気持ちは分かるけど銃を手にするのはちょっとね、家出といっても人は良さそうだからギャップがある。

赤い鳥居がビルの屋上にあるのは近所にあるのでそこかと思って調べたが全然違うようだ。聖地巡りは近所から苦情が殺到しているみたいですね。

 

 

スポンサーリンク
アニメ
スポンサーリンク
へぇ〜♪そうなんだ〜♪
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました