映画「ザ・コール 緊急通報指令室」ネタバレ結末/自らの失敗で人を救えなかった過去を持つオペレーターが指令だけで少女を救う

スポンサーリンク

 

作品情報・キャスト

緊急電話オペレーターの指導官ジョーダンは車のトランクに押し込まれた女性から通報を受けます。

自分のミスが原因で少女レイアを救うことが出来なかった過去があり懸命に救おうとするが犯人の声を聞いてレイアを拉致した人物と同じだと気付く。

監督=ブラッド・アンダーソン

◆ジョーダン・ターナー(ハル・ベリー)

緊急通報オペレーターの鬼教官。自分の失敗で少女が殺されてしまった過去を持つ。

◆ポール・フィリップ(モリス・チェストナット)

警官でジョーダンの恋人

◆ケイシー・ウェルソン(アビゲイル・ブレスリン)

誘拐犯に拉致される。車のトランクの中から電話をかけるとジョーダンに繋がる

◆マイケル・フォスター(マイケル・エクランド)

娘を失った過去を持つ犯人。

 

ネタバレあらすじ

ザ・コール 緊急通報指令室

緊急通報指令室911のオペレーターを任務するジョーダン・ターナーと警官のポール・フィリップは恋人関係です。

レイアと名乗る女性から家に誰かが侵入してきたと通報があり家宅捜査指令を警官に発信するがレイアとの通信が切れてしまったため掛け直します。

しかし、携帯音が鳴ってしまったため外へ出ようとした不法侵入者が戻ってきてしまいレイアは誘拐され翌日死体となって発見されました。

落ち込むジョーダンをポールは慰めます。

 

〜6ヶ月後〜

ジョーダンは精神安定剤を服用しながら二度と自分と同じ失敗を起こさないよう教官となって厳しく教えていました。

 

ケイシー・ウェルソンは友達とショッピングした帰りに車から出てきた男に拉致されてしまいます。

車のトランクの中に閉じ込められたケイシーから通報を受けるジョーダンは現在地を調べるとプリペイド携帯でGPS機能がなく分かりませんでした。

ケイシーを落ち着かせ何処のショピングモールにいたか聞き出し、車の特徴、男の特徴、そして車が止まらない事でおそらく高速道路を走っている事を警官に伝えます。

テールランプをトランクの中から叩いて壊しそこから手を出させると後ろを走っている車から通報があり居場所を突き止めるが通報者が誘拐犯の顔を見ようとしたため高速道路を降りてしまいます。

ジョーダンはトランクの中にあった白いペンキを、壊したテールランプの穴から流すよう指示しました。

スポンサーリンク

 

ヘリが車を発見しポールを含めた警官が到着するが誰もいませんでした。

誘拐犯はペンキが漏れていると教えにきた人が通報しようとしたためスコップで叩き殺し車を乗り換えていました。

ケイシーの悲鳴を何回も聞き耳を塞ぎたくなる衝動を必死におさえるジョーダンだが居場所を突き止められず焦ります。

ジョーダンはケリーと同じトランクに押し込められた男の服から財布を取り出させ免許書から使用車は黒のリンカーンだと分かります。

 

結末

ガソリンスタンドに止まった時ケイシーはトランクの中から後部座席に入り店員に助けを求めたが、その店員はガソリンを浴びされ火をつけられました。

ポールは誘拐犯が最初に乗っていた車の指紋を調べると過去、放火の逮捕歴があるマイケル・フォスターだと分かります。

現住所に向かうと奥さんのメイダーと小さな男の子2人が食事をとっていました。

壁にはケイシーとそっくりな写真が飾ってあり聞くと男の子の姉で死んだことが分かりました。その写真の場所はマイケルの実家で場所はサンタクラリタ・ヒルズだと分かり突入するが誰もいませんでした。

 

ジョーダンはマイケルの声を聞き6ヶ月前にレイアを殺した犯人と同じ声だと気付きます。その後、ケイシーとは連絡が取れずジョーダンに出来る仕事はなくなり帰るよう上司に命じられます。

ジョーダンはケイシーとの通話を何回も繰り返し聞くが手掛かりは見つけられず自ら車でサンタクラリタ・ヒルズに向かうとケイシーとの通話でも聞こえてきたカンカンと鳴る金属音を耳にしました。

 

地下室を見付け侵入したジョーダンによってケイシーは助けられます。

ジョーダンとケイシーは格闘のすえマイケルが気絶してる間に緊急通報指令室911に通報しようとするが2人はマイケルを縛り隠し部屋に閉じ込めました。

「もう手遅れよ」

レイアとケネシーの通話でマイケルが最後に言った言葉を言い放つジョーダン!

ジョーダンとケイシーは逃げ切ったことになりマイケルは行方不明のままです。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました