映画「THE GREY 凍える太陽」ネタバレ結末/オオカミがいる極寒のアラスカに飛行機が墜落

スポンサーリンク

 

作品情報とキャストの紹介

妻を亡くし暗い日々を送るオットウェイは石油発掘の作業員を危険な動物から守る特殊な任務に就いていました。

休暇シーズンで帰ろうとしたところオオカミがいる極寒のアラスカに飛行機が墜落してしまう。

「96時間」シリーズのリーアム・ニーソン主演でジョー・カーナハン監督が映画化

オットウェイ(リーアム・ニーソン)ディアス(フランク・グリロ)タルゲット(ダーモット・マローニー)ヘンリック(ダラス・ロバーツ)フラナリー(ジョー・アンダーソン)パーク(ノンソー・アノジー)ルウェンデン(ジェームズ・バッジ・デール)ヘルナンデス(ベン・ブレイ)

 

ネタバレ あらすじ/THE GREY 凍える太陽

石油会社に雇われたオットウェイはオオカミが近付いてきたら撃つ射撃の仕事をしています。

罪を犯した者、社会に追われた者など、はみ出し者が集まり同じ匂いを感じていました。

妻の死を今でも受け止められずこの世界に未練はないとオットウェイは彷徨っています。

 

飛行機が墜落

休暇を利用してそれぞれの作業員は彼女や家族と過ごすため飛行機に乗り込みます。

オットウェイも流れ着く場所に身を寄せており同乗していたが大嵐に巻き込まれ飛行機が雪山に墜落してしまいます。

オットウェイは雪の中から這い上がると飛行機は粉々になり炎上していました。

ヘルナンデスと共に生き残っている者の救助にあたるが血が止まらないウェンデンには死を受け入れ幸せな事を考えるよう落ち着かせます。

捜索隊を待っていてもアラスカは範囲が広すぎる事でオットウェイはディアスやヘルリックなど生き残った7名と共に凍死しないために火を起こします。

 

オオカミの縄張り

オオカミの行動範囲は半径500キロで縄張りは半径50キロである。

縄張り内にいるのか分からないが血の匂いでオオカミはやってくるので死体を運びます。

日が落ち焚き火をして集まっているとオオカミの唸り声に気付いたオットウェイは立ち上がり松明を向けてオオカミから目を離すなと助言しました。

交代で見張りを付け順番にしっかり睡眠をとる事にするがヘルナンデスがオオカミに喰われてしまいます。

オオカミの縄張り圏内であるため移動する事に決めたオットウェイは家族に届けるためなるべく遺品を探して持ち帰ります。

スポンサーリンク

 

移動中フラナリーがオオカミに襲われ死んでしまいます。

またオオカミの群れが近付いて来てるのに気付き森の中まで逃げて火を起こしました。

しかしオオカミの主導権争いが始まり唸り声や悲鳴が聞こえ恐怖に陥ります。

オットウェイは少しでも恐怖心を取り除くため爆薬棒(とがった棒の先を散弾の雷管にねじ込む)の作り方を教えオオカミに突き刺せと言います。

ディアスだけはくだらないと思い爆薬棒を作らず仕切っているオットウェイに文句ばかり言うが争っている途中にオオカミに襲われそうになり素直に爆薬棒を作ります。

低酸素症で酸素が脳に行き渡らずバークは亡くなった妹の幻覚を見るようになります。

それぞれにも会いたい人がいて恋しい瞬間があるから生きようと思えるとオットウェイは言います。

「もう一度戦って最強の敵を倒せれば、その日に死んでも悔いはない」

オットウェイは父親が書いた詩を子供の頃からずっと見ており父親の葬儀で読み上げた事を思い出していました。

 

結末/ THE GREY 凍える太陽

パークはマイナス20度の寒さに耐えられず凍死してしまいます。

水の音が聞こえ川を発見したオットウェイ達は川沿いを歩けば小屋が見付かるはずだと思います。

崖から降りるためロープを向いの木に縛り渡って降りようとするが最後のタルゲットは落下してしまいます。会いたかった娘メアリーの幻覚を見るとオオカミの群れに襲われ亡くなりました。

生き残っているオットウェイ、ディアス、ヘンリックの3人は小屋を探し歩き続けます。

ディアスは力を使いきり心が完全に折れてしまい座ってしまいます。生き残って帰っても昼は穴を掘り夜は酒を飲むだけた。ディアスはこの場所が自分の最後だと決め幸運を祈ると言いました。

 

オットウェイとヘンリックは川沿いを歩き続けます。

ヘンリックは休暇に入る前の夜にオットウェイがライフルを持って基地を出て行く姿を目撃していました。

その時の表情はディアスと同じ顔をしていました。オットウェイは「もう過ぎた事だ」と言い歩き続けると後ろからオオカミに襲われ逃げます。

2人して川に落ちて流されるとヘンリックは岩場に足を挟み溺死してしまいます。

1人生き残ったオットウェイは川から這い上がると、信じていても何も起こらない神に怒りをぶつけます。

「自分でやるしかない」

歩き始めるオットウェイは立ち止まり皆んなの遺品を見ると財布の中にはそれぞれ大事な人の写真が入っていました。

気付くとオオカミに囲まれており巣穴に来てしまった事に気付きます。

オットウェイは亡くなる直前の妻の「恐れないで!」という言葉を思い出し、妻の写真を皆の遺品と同じにしてそっと置きます。

「もう一度戦って最強の敵を倒せれば、その日に死んでも悔いはない」

オットウェイはオオカミに立ち向かいました。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました