「 ザ・モンスター 」< ネタバレ あらすじ > 暗闇に潜むモンスター! 10歳少女の1番の勇気!

 

ザ・モンスター [DVD]

 

監督=ブライアン・ベルティノ

 

キャシー(ゾーイ・カザン)

リジー(エラ・バレンタイン)

ジェシー(アーロン・ダグラス)

ウィリアムス(クリスティン・エバディ)

ジョン(マーク・ヒッチコックス)

ロイ(スコット・スピードマン)

 

< ネタバレ あらすじ >

     ザ・モンスター

 

スポンサーリンク
 

アルコール依存症の母親キャシーは10歳の娘リジーを別れた夫ロイに預ける事にしました。

キャシーは普段から生活がだらしなく、リジーは1人で朝食をとり自分とママの分の荷物をまとめたあとキャシーを起こします。

心の底では仲良くしたいと互いに思っているが顔を合わせると喧嘩ばかりでコミュニケーションがうまくとれません。

 

ロイの家まで車で向かいます。長い道のりであるためキャシーはリジーが疲れていないか心配します。

雨が降り出し雷が嫌いなリジーに大丈夫かと聞くがタバコを吸っていたので「窓開けて!」と言われてしまいます。

夜中の12時、暗くて視界が悪いなかパンクしたせいでキャシーはハンドルを誤り激しくスピンして道路にいた狼と接触してしまいます。

リジーに怪我はなかったがキャシーは顔を負傷し車も故障して動かなくなってしまいます。

リジーは事故に遭って母親が怪我をしたと連絡すると救急車とレッカー車を手配してくれました。

 

いつまでも暗い道路に娘を置いておけないと思ったキャシーは自分は事故の処理をするため残るからパパに電話して迎えに来てもらうようリジーに言います。

ロイはママが飲酒運転したと疑っていたのでリジーは「ママは悪くないよ」と答えました。 

2人は車を降りて確認すると狼は死んでいたが事故とは関係ない傷があり大きな牙が刺さっていました。

キャシーは牙を抜き取り森に"何か"潜んでいると言います。

 

ジェシーが運転するレッカー車がやってくるがリジーは狼の死骸が消えている事に気付きます。

ジェシーが荷物を運んでけん引の準備に入り、キャシーとリジーはそのまま車内で待ちます。

車輪が真っ二つに割れオイルが漏れているためジェシーは修理に入ります。リジーは車が来ているのに狼が道路にいたのは"何か"から逃げていたのだと牙を見ながら言いました。

 

リジーは携帯を使おうとするがレッカー車に運ばれた荷物の中にあるため雨が降っているなか取りに行きます。

しかしレッカー車はロックされていたのでドアを開けられずジェシーから修理終わるまで待つよう言われます。

リジーは血痕があるのに気付き辿っていくと狼の死骸を見付けます。「轢いてゴメンね」と謝るが背後には"何か"(以下モンスター)がいました。

 

車に戻ったリジーは森の中で狼を発見したが何かに食べられていたとキャシーに言います。

リジーが怖がっているのでキャシーは「早く行こう」とジェシーに呼び掛けるが応答がありません。

キャシーは車を降りて探しに行こうとするがジェシーの片腕がボンネットに落ちて来ました。 キャシーはリジーを抱きしめながら「すぐに救急車がくるはず」と励まします。

モンスターに襲われたジェシーは道路を這い蹲って戻ってきました。キャシーとリジーはモンスターがいるのに気付きクラクションを鳴らして報せるがジェシーは食べられてしまいました。

 

レッカー車が動くか確認するためキャシーは車から降りるがモンスターに襲われます。 

そこへ救急車がやってくるとモンスターは光に弱いのか?!いなくなります。

「このままいたら危険だからすぐに車を出して」と訴えるがジョン隊員はキャシーの応急処置をしたあと現場検証に出たウィリアムス隊員を探しに行きます。

ウィリアムス隊員が救急車に戻るとボンネットにモンスターに襲われたジョンが叩きつけられました。

状況を把握したウィリアムスもモンスターに襲われキャシーは懐中電灯を照らすとモンスターはいなくなります。

運転席に乗り込みキャシーは救急車を走らせるとモンスターが横から体当たりしてきました。

 

救急車は横転し森の中へ転がっていってしまいます。

目が覚めたリジーは這い蹲ってママに近付き声を掛けると無事でした。血だらけの娘を見てキャシーは動揺します。

無線で呼び掛けるが応答はありません。

致命傷を追うキャシーは娘だけでも助けたいと思い自分がモンスターの注意を引きつける間に逃げるようリジーに言います。

「今までの一番の勇気を見せて」

 

キャシーは火を起こし松明を持って叫び、リジーに逃げるよう伝えたあと火を消します。

必ず助けを呼んで戻ってくると約束したリジーだが「ママから離れろ」と懐中電灯でモンスターの背後から殴りかかります。

モンスターは懐中電灯の光で姿を消します。

ママの死を悲しむリジーは「大好きだよ」と伝え救急車に戻り涙を流します。

ママがタバコを吸うために持っていたジッポとガスボンベを手にしたリジーはモンスターと戦う覚悟を決めます。

ママからプレゼントされ今でも大事に持っていた犬のぬいぐるみを置き隠れます。ヌイグルミはボタンを押すと歌が流れる仕組みになっておりモンスターは音をたどって姿を現します。

タイミングを見計らいリジーは火炎放射で攻撃するとモンスターは炎に包まれました。

リジーが思い出すのは優しい声をかけてくれたママとのひと時でした。

 

blog.netabare-arasuji.net