へぇ~♪そうなんだ~♪

<ネタバレ・あらすじ>映画やドラマ、小説などのネタバレになります。

「 MEG ザ・モンスター 」<ネタバレ・あらすじ>絶滅したはずの巨大サメ・メガロドン(感想・キャスト)

 

 

~注意~

●これから邦画・洋画・ドラマをご覧になる方は、

内容・結末を知る事になりますのでご注意くださいませ!

 

 

 

MEG ザ・モンスター ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ステッカー付き) [Blu-ray]

MEG ザ・モンスター ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ステッカー付き) [Blu-ray]

 

未知の海溝が発見され調査に向かった探査艇が巨大な生物に襲われます。

潜水レスキューのジョナスは海洋生物学者たちと調査に向かうと絶滅したはずの巨大鮫「メガロドン」が姿を現した。

S・オルテンのベストセラー小説を「ナショナル・トレジャー」などを手掛けたジョン・タートルトーブが映画化。

主役ジョナスを演じるのは「トランスポーター」シリーズでお馴染みのジェイソン・ステイサム

その他◆スーイン(リー・ビンビン)◆ジャック・モリス(レイン・ウィルソン)◆ジャックス・ハード(ルビー・ローズ)◆ミンウェイ・ジャン博士(ウィストン・チャオ)◆マック(クリフ・カーティス)◆トシ(マシ・オカ)

< ネタバレ あらすじ >

MEG ザ・モンスター

フィリピン海溝に沈んでいる原子力潜水艦の生存者を救出しろと任務を受けた潜水レスキューのジョナスは仲間と共に向かいます。

9人救出し怪我をして動けない生存者を救難艇に運ぶが得体の知れない生物に体当たりされ浸水し始めます。急いで切り離そうとすると「ソナー室に閉じ込められた」と無線が入るが戻っていたら全滅してしまうため仲間を見捨てハッチを閉めて脱出しました。

 

~5年後・中国上海

中国の200マイル沖に位置するマナ・ワン海洋研究所に投資家モリスはヘリコプターで降り立ちます。5つのラボがありエレベーターで降りるとまるで水族館かと思うほど海底の様子を見る事ができます。

1875年以来マリアナ海溝が一番深いとされてきたが海底は硫化水素の層にすぎないため、層と水温躍層の下には新世界が広がっているはずだと思いちょうど操縦士が探査艇オリジンで調査に向かっているところでした。

海底だと思われていたが更に沈んでいき未知の海溝を発見すると研究者たちは喜びます。まるで新世界、皆が感動していると何やら巨大な生物が猛スピードで接近し信号遮断されROVの遠隔操作が出来なくなってしまいます。

何回も得体の知れない生物に体当たりされた操縦士は「操作できない、助けて」と叫びそのまま消息を絶ってしまいます。

 

潜水レスキューのジョナス

バイタル反応があるため生きていると思われるがバルブ故障で浮上は不可能であり引き上げればタンクが爆発し破損してしまいます。

1万メートルの深海での救助経験者は潜水レスキューのジョナスだけでした。ここにいる研究者11名がジョナスに救われていたが仲間を見捨てたことを問題視する者もいました。

ジョナスは「巨大な生物が潜水艦を破壊した」と告げておりその時は誰もが信用しなかったが今では疑う余地はありません。

ジャン博士は早速、タイのサムットプラカーン県で飲んだくれ生活を送るジョナスに会うためヘリコプターで向かいます。

ジョナスは「もう潜らない、人助けは止めた」と言い放つが操縦士が元妻ローリーであり深海で5年前に遭遇した生物に襲われたと聞かされます。

 

救助に向かう

復旧作業に取り組んでいたローリー含むクルー3人は補助電源を起動させる事に成功し浮上を試みるが再び生物に襲われ電気を消しました。

酸素が漏れている事を確認したジャン博士の娘で生物学者スーインは引き上げるしかないと賭けに出てグライダーで海底に向かいます。

ジャン博士に連れられ研究所に到着したジョナスは失神することを恐れずスピードを上げて救難艇で潜っていきます。

スーインはオリジンを発見し浮上させるため磁気フックを発射しようとするが何かに体当たりされます。様子をうかがっていると吸盤がへばりつき巨大イカにからまれた事を知ります。研究室では圧力警告が鳴りこのままではイカに潰されてしまうため息をのむがイカはグライダーを放し去って行きました。

 

絶滅したはずの巨大サメ・メガロドン

スーインが乗るグライダーの前に絶滅したはずの巨大サメ、メガロドン(以下モンスターと記す)が現れます。

「5年前俺が正常だった事が分かったろ」とモニターを睨み付けるジョナスは海底に到着し「ライトによって来るから電源を切れ」とスーインに指示しました。

グライダーが操作不能となっているためジョナスは小型のライトを発射させてモンスターを誘導させ浮上して研究室に戻るよう言いました。

ジョナスはオリジンと結合しハッチを開けてローリー含むクルー3人を移動させようとするがモンスターが戻ってくるのをレーダーで確認していたクルーのトシが遺書を託しハッチを閉めて切り離してしまいました。

モンスターは突っ込むとトシが乗るオリジンは爆破しました。

 

スポンサーリンク
 

 

<研究室>

研究室に戻ったジョナスは「トシがハッチを閉めた」と説明すると「見捨てたのね」とスーインから責められるが「助けてもらったのに酷いこと言ってごめんなさい」と謝罪を受けます。

5年前に精神異常だったと診断した医師からは「間違っていた」と謝罪され「ローリーを頼む、それでおあいこだ」と許します。

歯の大きさからしてモンスターの体長は約27メートル、史上最大のサメでクジラを食いちぎり骨まで噛み砕く最強の生き物だとスーインは言います。

モンスターであるメガロドンは2百万年前に絶滅したとされており大発見ではあるが仲間が犠牲になっているので慎重に進めなければと話し合います。

そんななか投資家モリスは2千万ドルのROVや3千万ドルの潜水艇を失っただけで何もしていないと訴え誰かに横取りされたらどうするんだと言いました。

 

再び姿を現すモンスター

スーインの娘メイインがおもちゃで遊んでいると光につられてモンスターがやってきました。メイインの叫び声と共に研究施設が激しく揺れジョナス達が探すとラボとラボを繋ぐ廊下のガラスにはモンスターの歯形が残されていました。

目の前にはクジラが泳いでいたが再び現れたモンスターが噛み付いてそのまま去って行きました。

海中のライトを消し海には近付かないよう指令が入ります。

救難艇が浮上した時に衝撃で海底が割れ大量の熱水が上昇し冷たい海水の層に道ができた事で、そこからモンスターは通ってきたのだと分かります。

一時的なもので水温は元に戻り穴は閉じている事からモンスターは彷徨っている事が予想されます。

その時、あちらこちらから救難信号が届き、船を出して急行すると船も人も粉々になっており大きな背ビレが近くに現れました。

 

モンスターとの死闘

シャークケージと水中銃があるため口かエラに致死量の薬を撃ち込むべきだと意見が上がるがケージの設置には時間が必要でした。

GPS追跡装置を背ビレに付けるためにはモンスターに気付かれないように接近しなければならない。

ジョナスは射程30メートルの水中銃を持って海に飛び込みなるべく音を立てずに泳いで近付いていきます。

見事、背ビレに撃ち込むと信号を確認したスーイン達は引き上げるためロープを巻くが震動に反応したモンスターが向かってきます。

モンスターに追われたジョナスがギリギリのところで引き上げられ助かります。

 

< 結末 >

 

麻酔薬を仕込んだ銛を手にしてスーインがポリカーボネイド製のケージに入ります。

海底に沈めていくと小さいサメが集まってきたが危険を察知して瞬時にいなくなります。モニターを見ていた者から「モンスターがくる」と伝えられ、スーインは銛を構えるが下から突き上げられケージを咥えられます。

ワイヤーで吊していた船も激しく揺れ、「このままでは飲み込まれる」とスーインの声を聞いたジョナスは海に飛び込みます。

クレーンが落下した事で運良くワイヤーがモンスターに絡まり、スーインが銛を命中させていた事で麻酔が効いて動かなくなります。

揺さぶられてたスーインは酸素にヒビが入り気を失っていたがジョナスがケージから救出していました。

 

意識が戻ったスーインはジョナスに感謝を伝えると「見物するか」と連れ出されます。

そこには巨大なサメが吊されており皆が記念撮影などしていたが、

なんと!!!、更に大きなモンスターが吊されたサメに食いつき船が転覆します。

脱出用のボードが無事だったため生存者たちはそれに乗るがモンスターが追ってきます。モリスから連絡を受けた者がヘリコプターで現れライフルを撃ち込むとモンスターは去って行くが研究所に到着すると致命傷を受けていたジャン博士は命を落としていました。

モリスはモンスターの事を中国や周囲の国に知らせ閉鎖すると伝え先にヘリコプターで戻るがサメの被害者や遺族に裁判を起こされるのを防ぐためプラスチック爆弾を用意させていました。

サメに爆弾を投下させ成功した知らせを受けたモリスは船で拝みに行くが歯を採取しようとするがクジラだと気付きます。危険を察知し急いで船を出せと叫ぶが急発進した事でモリスは海に落下し一緒にいた者は気付きません。

モリスはモンスターに食われてしまいました。

 

研究所ではどこの国にも知らせていない事が分かり、モリスの追跡システムをハッキングします。

ジョナスは避難船に爆薬、グライダー、仕える物をすべて運び大勢の人がビーチで楽しむ三亜湾に向かいます。

みんなが「サメだ!!!」とパニックに陥る中、ジョナス達がモンスター誘き寄せるためスピーカーを沈めると方向転換して向かってきます。

グライダーに乗るジョナスとスーインがミサイルを撃ち込むが相手は強敵でうまくいきません。またマスコミが駆け付け上空で飛んでいたヘリコプターが衝突して事故を起こし船に墜落してきます。

攻撃する手段がなくなったジョナスはグライダーでモンスターの腹を斬り付け、脱出して銛を目に突き刺します。

モンスターが動き出しもうダメかと思われたが、小さいサメの群れが集まってきてモンスターを食い出しました。

 

< 感想 >

絶滅したはずの巨大サメ2匹はやめてよ(笑)一匹仕留めたところで終わらせて良かった気がするな。

最後に大量のサメが現れたのは何でしょう?モンスターの血に集まってきたのか仲間の復讐で集まってきたのか。モリスが海に落ちた事に気付かす操船する場面は笑えてしまう。ってゆうよりモリスはスポンサーの一言で終わらせているが何者なのかはっきりしないですね。

ジョナスが1人で泳いで接近するのもさすがに無理だと思うしそれを行かせる人達は心がないとしか思えない。そしてジョナスとスーインの恋愛に発展しそうな会話やジャン博士の遺言を伝えるような場面も正直いらない。関係性などが描かれているならいいけども何もなかった。