韓国ドラマ「トレイン」全話ネタバレあらすじ一覧・感想を交え最終話の結末まで

作品情報/トレイン

ユン・シユン主演の韓国サスペンスアクション、並行世界を舞台に12年前の殺人事件の真相解明と愛する人を救うため奔走する

12年前、それぞれ父親を亡くしたドウォンとソギョン。ソギョンは検察官となりドウォンは警察官となるが父親が犯人で罪悪感から見守ってきたことを告げる。

無実を信じ連続殺人事件の捜査を続けるソギョンだったが廃線のはずの線路に突如列車が現れ降りてきた何者かに撃たれ命を落とす。今回の事件の犯人と12年前の事件の犯人が同じだと気付くドウォンは捜査から外され絶望するが廃線に突然列車が現れ亡くなったはずのソギョンが乗っているのを目にする。

慌てて飛び乗るがパラレルワールドにつながる列車であり殺人容疑で追われるもう1つの世界の自分がいた。亡くなったはずのソギョンと瓜二つの刑事が逮捕するため迫ってきて・・・

スポンサーリンク

 

キャスト

ソ・ドウォン(ユン・シユン)

A世界では父親が殺人犯である事から罪悪感を抱え被害者の娘を見守る刑事。B世界ではエリート刑事だが「殺人犯の息子」に耐えられず悪事を働いて追われる身に・・

ハン・ソギョン(キョン・スジン)

A世界では連続殺人事件を追うなかで殺害された検事。B世界では父親の死にトラウマを抱えている殺人課の刑事

チョ・ヨンラン(ユン・ボギン)

ソギョンの継母、A世界では保険金を独占し前夫の子を溺愛、B世界では保険金での不動産投資が成功した成金

イ・ソンウク(チャヨプ)

A世界では事故で知的障害、B世界では贅沢三昧の暮らし、どちらの世界でも12年雨の秘密を知っている

イ・ジョンミン(シン・ソユル)オ・ミスク(イ・ハンナ)キム・ジヌ(キム・ドンヨン)など

 

全12話で紹介

 

ネタバレ感想/トレイン

 

第1話/連続殺人事件

12年前、学生だったドウォンとソギョンは同じ日に父親を亡くしました。

ソギョンは帰宅すると家が荒らされおり父親ハン・ギュテの死体を発見しました。捜査を担当していたオ・ミスク刑事はドウォンの父親ソ・ジェチョルの指紋が検出され参考人として呼ぼうとしていたがひき逃げに遭い亡くなっていました。

アクセサリーが盗まれていたことが判明するが凶器が発見されず事件は迷宮入りとなるが遺品を目にするドウォンは父親が犯人だと気付きます。

 

現在、警察官となったドウォンは女性に暴行を働いた容疑者を逮捕しようとしていたが検察官となったソギョンから被害者と目撃者が否定しているから逮捕どころか起訴すらできないと言われます。

部長が容疑者の父親の会社の奨学生だったので上からの圧力で釈放されてしまいます。納得できないドウォンは尾行して自分の車に衝突させて車載カメラのデーターを入手し検挙に成功するが廃駅となったムギョン駅で4体の白骨を発見します。

 

謎の言葉

4体とも女性で頭蓋骨を骨折しており亡くなった後も鈍器のような物で殴打されていたのでソギョンは12年前の父親が犠牲となったムギョン駅住宅殺人事件と似ていると思います。

ソギョンは帰宅するとドウォンが外の電球を変えていました。10年間一緒に暮らしていたのに3年前に急に出て行ってから態度がよそよそしくなったので説明はないのかと訴えます。

「おまえの告白が原因だ」と冷たい態度を取るドウォンは彼女の継母ヨンランの息子ソンウクの痕跡が現場にあったことで訪ねます。ソンウクが知的障害者になっていたので何があったのかと聞くと交通事故だと言われます。

ソギョンは育ててやったのにさっさと男に付いて出て行ったとヨンランが罵ったので「虐待していた継母と襲うとした義理の兄のせいだろう。ソギョンの父親の保険金も独占したくせに」と言い放ちます。

ソンウクにムギョン駅の写真を見せると「危険・鏡・信号・停止・北京楼」と意味不明な言葉をつぶやきました。

 

容疑者

ドウォンは15年来の友達である鑑識要員のジョンミンを訪ねると被害者の物と思われる服のメーカーは8年前に倒産し合併した会社がブランド名を変えたが去年製造されていたので変だと言われます。

現場の写真を見ているとソンウクがつぶやいた謎の言葉と一致する場所があることに気付き指紋鑑定を頼んでムギョン駅に行きます。ソギョンはジョンミンを訪ねるとソンウクの指紋を調べていたのでドウォンが現場に向かったと知り追います。

ソンウクが言っていた言葉は死体遺棄場所だと分かり「北京楼を調べてくれ、おそらく被害者は5人いる」と後輩に電話し身柄を確保しに行こうとソギョンがやってきました。

12年前の犯人は身近にいたのに気付かなかったと言うのでソンウクは12年前とは別人だから違うと告げます。するとソギョンが「北京楼」という中華料理店のステッカーを発見し死体を発見します。

 

(家族構成がいまいち分からなかったがドウォンは高校生の時にソギョンを引き取り一緒に暮らしていたのね。継母から虐待を受けていたという事で生母がいないのは分かるがドウォンの母親はいないのだろうか?そして12年前の事件を担当していたミスク課長が親代わりなのね)
スポンサーリンク

 

第2話/同じ人が二人

後頭部をスコップで殴られ気を失っていたドウォンは目覚めると廃線のはずなのに列車が迫ってきたので急いで離れます。

死体を発見したソギョンはソンウクに襲われるが駆け付けたドウォンに助けられます。父親の仇を取るためソンウクを殴りつけるドウォンに下がれと告げ銃を構えます。

しかし「同一犯ではない、12年前の事件の犯人は犯行後に逃走中にひき逃げに遭って命を落とした俺の父親だ」とドウォンに言われ驚きます。それを偶然現場に来ていたジョンミンは耳にしてしまい衝撃を受けます。

ソギョンの母親の形見でもある消えた凶器の金のネックレスは父親の遺品の中にあった事をドウォンは告げ、罪滅ぼしのためにずっと見守っていたのだと伝えます。

 

ショックを受けるソギョンはドウォンからおかしな話を聞いたとミスク課長を訪ねると金のネックレスを返されます。継母ヨンランとその連れ子ソンウクから救うためにも真実を言えなかったと謝罪されるが二人は家族だと思っていたので騙していたのかと言い放ちます。

ドウォンはソンウクを厳しく尋問すると息子は犯人ではないとヨンランが押し掛けてきます。

3年前に死体を見つけたのは自分でありその時に盗んだ片方のイヤリングを渡されます。遺体を発見するたびに埋めていただけと言われるが窃盗を隠すために息子の死体遺棄を黙っていたのかとドウォンは疑問に思います。

しかし、遺体から検出された犯人のDNAがソンウクとは不一致だったと報告が入ります。

 

5人の被害者はキャリーバックに押し込められており持ち運んでも不自然でないのは列車ぐらいだと思います。ドウォンは列車を目にしたことを思い出しカウンセリングの先生を訪ね薬に幻覚作用はないか聞きます。

5人目の被害者イ・ジヨンの母親が入院していると分かり訪ねると10日前に亡くなったのに二日前に看病費が振り込まれていた事が分かります。振込先がコンビニのATMであり防犯カメラをチェックすると姿は分からなかったが置いていった紙コップを調べると亡くなったはずのイ・ジヨンの指紋が検出されました。

ドウォンは残業しているとイ・ジヨンが訪ねてきて「私が殺されたってどうゆう事ですか」と聞かれます。調べると本人のようだったのでどうゆう事なのかと困惑しているとムギョン駅でキャリーバックの中から6人目の被害者が発見されたと連絡が入ります。

 

(12年前、ネックレスを持っていただけなら犯人と断定できないでしょう。その前に家に行ったのは修理のためだっただけだしね。ドウォンとソギョンは本当は両想いなのよね、父親の無実さえ証明できればね。それにしてもイ・ジヨンが二人いるのは謎だ)
スポンサーリンク

 

第3話/幽霊列車

父親を殺害したのはドウォンの父親ではないと信じるソギョンはムギョン駅に向かうが何者かに殺害されてしまう。

6人目の被害者が出たために現場に急行したドウォンは検事の目撃情報があり辺りを捜すと電柱にもたれかかるソギョンを目にします。学生の時に命を断とうとしたがソギョンを守るという生きる理由を見つけここまでやってきたので彼女が息をしていないと分かり泣き崩れます。

葬式を終えたドウォンはソギョンが自分に電話をかけていたと知り確認すると留守電が遺されていました。12年前に盗まれたソギョンの母親のアクセサリーを5人の被害者たちが身に着けていたと知りすべて同一人物の犯行だったのかと知ります。

父親が無実だったこと、そしてソギョンは父親の仇相手に被害にあったことをジョンミンに話します。

 

6人目の被害者はアクセアリーは身に着けておらず指紋も焼かれていました。ドウォンは署を訪ねてきた5人目の被害者イ・ジヨンを霊安室に案内し双子ではないかと聞くが首に同じ火傷があるので困惑します。

遺留品からイ・ジンソンの指紋が検出されたため捕らえるが彼の右手には2本の指がなく、また12年前はカナダにいた事が分かります。

また現場に落ちていた礼拝のチラシを目にし調べるが5年前に移転して教会の名前も変わり、更にチラシに乗っていた牧師は3年前に亡くなってしました。

 

ドウォンは廃線を走る列車を見たと言ったらどうする?その列車に乗っていた人物にソギョンが殺害されたと言ったら信じるかとジョンミンに言います。

むちゃな捜査が問題視され叱責を受けたドウォンは絶望し現場に行くと踏切の音を耳にします。列車が急に現れたので飛び乗るが、なぜかイ・ジンソン殺害の容疑で追われ逃げ出すと3年前になくなったはずの牧師が礼拝のチラシを配っていました。

自分がいったい何処にいるのか分からなくなると自分に銃口を向ける亡くなったはずのソギョンを目にし驚きます

(面白くなってきましたね。もう一つの世界ではドウォンは悪事を働く刑事で追われているみたいですね。ソギョンを守るのが生きがいだったドウォンは再会できて嬉しいだろうがどうやって説明するのかw)

 

各話あらすじ/トレイン

1話2話3話(ページ内にジャンプします)

ドウォンはずっと見守ってきたソギョンが何者かに殺害され12年前の事件の犯人と直面する連続殺人事件の犯人が同一人物だと知る。廃線を走る列車を見たり被害者が生きて現れたりした事で幽霊列車から降りてきた者の仕業ではないかとおかしな考えが働きます。

4話~6話まで

4話/5話/6話/

ドウォンは廃線に現れた列車に飛び乗るとB世界で亡くなったはずのソギョンと再会するがもう一人の自分が存在していて殺人容疑で追われていました。またB世界のドウォンはA世界の病室で目覚める。容疑者を追う中で自分の部下だったキム・ジヌがB世界では犯罪者として現れたので驚く

7話~9話まで

7話/8話/9話/

ドウォンは警察官となったソギョンの生い立ちを知り涙を流す。容疑者に浮上したソンウクを追うドウォンはB世界に戻ってきたもう一人の自分から主犯は別のものだと知らされる。12年前の真犯人はジェチョルの葬儀場で殺したはずのドウォンが喪主を務めていたので激しく動揺する。

最終話・10話~12話まで

10話/11話/12話/

精神科医ミンジュンが自首するが遺体がないため釈放することに。ソギョンはミンジュンを調べると自分を捨てた母親を殺したがっているのだと気付く。一方、ドウォンはA世界に遺体を運ぶ犯人を追うと予想だにしない人物で撃たれてしまう。ドウォンは両方の世界で犯人を逮捕しすべて解決したかに思えたがソギョンが襲われ・・・