「 追跡車 」< ネタバレ あらすじ >関係を修復するために旅行に出掛けた恋人同士だか謎の車に追い回される!

 

 

追跡車 [DVD]

 

監督 = ドミニク・ジェームズ

 

◆ステファニー(カリーヌ・ヴァナッス)

◆エリック(セバスチャン・ユベルドー)

◆ペドロ(エドウィン・ホセ・フェルナンデス・コリャド)

 

< ネタバレ あらすじ >

           追跡車

 

スポンサーリンク
 

チリの首都サンティアゴで酒に酔ったカップルが車の中で楽しんでいると後ろにハイビームした状態のトラックが停まります。

無視して移動するが気付くとトラックは後ろに停まっていました。

男は「眩しいからライトを消せ」と文句を言いに行きます。眩しくて後ろが見えない彼女が車を降りて向かうと男は殺されており、そのあと彼女も捕まり殺されます。

連続放火殺人の犯人(名前は出てこない、身体中に火傷の跡があり顔は爛れている)は2人にガソリンを巻いて火をつけて処理しました。

サンティアゴでは火を付けられ殺される事件が続いていて中には行方不明者もいました。

警察で被害者の兄であるペドロは管轄が違くても10件続くこの事件を1人で追っていました。

 

カナダの都市モントリオールにいるカメラマンのステファニーは3現場連続勤務で休暇の手続きをしていたのに事務所に戻ると上司からすぐに現場に行けと指示されます。

恋人エリックと最近会う機会が減り関係を修復するために休暇を取ったのでステファニーは仕事を断りました。

一方エリックも仕事がうまく進まず旅行を先延ばしにできないかと言われたがステファニーとの旅行を優先し断りました。

 

ステファニーとエリックはチリの首都サンティアゴに旅行に行きます。

エリックはポルトガル語がほとんど分からないがステファニーは理解出来ます。

ロシア製のレンタカーを借りて2人はドライブに出掛けるが町では新たな連続放火殺人事件の犠牲者が出ていました。

夜、ダンスをして楽しんだステファニーは「妊娠した」と告げるが仕事が順調ではないエリックは喜ぶことはできませんでした。

 

ステファニーとエリックはガソリンスタンドに立ち寄るとスペイン系の美女がトラックに乗る男に向かって「尾行するのはいいかげんにしろ、出てこい」と鉄パイプを持って怒鳴っているのを目撃しステファニーは咄嗟に写真を撮ると男の顔が爛れていて驚きます。

 

ペドロは雨宿りのためトイレに行くと赤いハイヒールを発見します。すると背後から連続放火殺人犯に襲われ気を失います。

ステファニーとエリックはトラックに追跡されている事に気付くが近付くと走り去ってしまいます。

するとパトロール中のペドロがやってきます。

なぜかトランクの中にスペイン美女の死体があり2人は必死に知らないと伝えるが銃を持つペドロはまったく話を聞きません。

ステファニーはパトカーの後ろに乗せられエリックは手錠をかけられます。

するとトラックが急に現れペドロを轢いて行きました。ステファニーはペドロから鍵を奪いエリックの手錠を外しました。

 

車が動かないためエリックはパトカーを走らせようとするがステファニーはまだ息があるペドロを置き去りには出来ないと言います。

2人はペドロをパトカーに乗せ走らせ無線で応援を要請しようとするがうまく伝わりません。

病院に向けてパトカーを走らせるが前方にトラックが停まっていました。方向を変えてトラックから逃げるが追跡され慌てたエリックはハンドル操作を誤り崖っぷちでギリギリ停まりパトカーから出ます。

 

エリックとステファニーは小屋に逃げ込み、そこにあった無線で助けを呼びます。

犯人は小屋の周りにガゾリンを巻き火を放ちます。

車に乗っていたペドロが銃で犯人の近くに置いてあったタンクに発砲すると犯人は火達磨となりました。

2人は小屋から脱出するがペドロは車ごと崖から転落しました。終

 

< 感想 >

二人の関係がよくなって”めでたしめでたし”で映画は終わりますが…

犯人がなぜ全身火傷しているのか、なぜ殺人者となったかは謎のまま。

飲酒運転してる者を狙っていたので、飲酒運転している者に追突され全身火傷でもしたのだろうか?

しかしエリックとステファニーはまったく狙われる理由がない。もしかするとステファニーが写真を撮ったからかも知れない。

弟の仇をとるため捜査していたペドロは車の中に置き去りにされ助けたのにも関わらず崖から転落したのは見ようによってはコントになってしまいますね。

 

「 女教師 シークレット・レッスン 」< ネタバレ あらすじ >性格も価値観も正反対の女教師!生徒との三角関係で精神が崩壊する!

 

「 ミュージアム 」< ネタバレ あらすじ >被害者の共通点は裁判員制度に関わった者たち!!僕の作品を台無しにした者は刑に処す!