「 ウルトラヴァイオレット 」< ネタバレ あらすじ >新種のウイルスに感染し超人的な格闘能力を持つファージは政府から狙われる!

 

 

~注意~

●これから映画やドラマをご覧になる方は、

内容・結末を知る事になりますのでご注意くださいませ!

 

 

 

 

 

ウルトラヴァイオレット [Blu-ray]

 

監督=カート・ウィマー

 

●ヴァイオレット・ソン・ジャット・シャリフ

  (ミラ・ジョヴォヴィッチ)

●シックス(キャメロン・ブライト)

●ファーディナンド・ダクサス(ニック・チンランド)

●ガース(ウィリアム・フィクナー)

●ナーヴァ(セバスチャン・アンドリュー)

 

< ネタバレ あらすじ >

 ウルトラヴァイオレット

 

< ファージ >

新種のウイルスに感染し超人的な戦闘能力を身に付けた者。

政府の掃討作戦が開始されファージの生き残りは地下組織を結成。

次元圧縮テクノロジーで体内から自由自在に武器を取りだす。超人的な運動能力。聴力を活かし敵の行動を読む事が出来る。

< 主役のヴァイオレット >

感染した夫が政府の掃討作戦により死亡、また政府からの激しい実験を受け流産した事で強い恨みを持ち脱出したあとファージの最強の女戦士となる。

 

スポンサーリンク
 

 

テロではなく感染に怯える時代。

医療機関のトップであるダグサスはウイルス研究所と協力しファージを全滅させるための兵器を完成させました。

ダグサスが兵器を運ばせる事を知ったファージの最強女戦士ヴァイオレットは機密特使に成りすまし厳しい警備をクリアします。

絶対に中身は見るなと忠告され兵器が入ったケースを受け取るが本物の特使が予定よりも早く到着したためバレてしまいます。

超人的な運動能力で弾すらもかわすヴァイオレットは次々と倒しケースを持って脱出します。

 

危なくなったらケースを破壊しろと言われていたヴァイオレットだが中身がどんなものなのか知りたくて逃げ切りました。

しかし運ぶ途中に中身をチェックすると9歳の少年だったので驚きます。

ヴァイオレットは子供だから殺すなと訴えるがファージを指揮するナーヴァが聞く耳を持ってくれないので裏切って子供を連れて逃走します。

ファージでも政府でもないアジア系組織「ブラック・シノワ」に囲まれるが超人的な聴力を活かして行動を先読みし放たれた弾を交わし敵のボスに命中させます。

ブラック・シノワを全滅させたヴァイオレットはファージの医師ガースに協力を求めると、シックスと名乗る少年の体内には有効範囲100メートルの追跡装置が埋め込まれていました。また何の抗体か分からないが毒性の強いタンパク質により衰弱は避けられず8時間の命だと知らされます。

 

ナーヴァにシックスを拉致されたヴァイオレットはアジトに向かうと「標的はファージではない、少年の体内には人を殺す抗体がある」と知らされます。

井戸に吊るされていたシックスは履いていた靴を脱いで落とします。ヴァイオレットは靴が底についた音で深さを計算しファージに襲撃をかけるとナーヴァはロープを離します。

ヴァイオレットは超人的な素早さで全員倒すとシックスが落下する前にロープを掴み引き上げました。

 

人を全滅させる抗体をなぜ人間であるダグラスが開発したのか。

ヴァイオレットはダグサスに連絡を取りシックスから抗体を取り出せと訴えると解毒剤はないと言われます。

またシックスはダグラスのクローンで8体のうちの6番目だと知ります。

「自分たちが死ぬ抗体だから解毒剤を作っているはずだ」

頭にきたヴァイオレットは「皆殺しにする」と伝え800人の兵に守られているダグラスを始末するため統合省まで車を飛ばします。

「確かに解毒剤はある。抗体をばら撒けば多くの人々が押し寄せるだろう」

ダグラスは白状し800人に撃てと命じるがヴァイオレットは特殊な技術で自分たちの姿を映像として見せていたので消え去ります。

 

シックスが死んでしまい親子のような関係を築けていたヴァイオレットはショックで膝から崩れます。

追跡してきたダグラスはヴァイオレットを撃ちシックスを調べるため統合省に連れて帰ります。

医師ガースが衛生班になりすまし手術を行ったことで命を救われたヴァイオレットは「シックスは生きている」と信じます。

シックスが残したメモにはウイルス治療薬の製造法が書かれているに違いないとガースは思い必ず解読するから無茶はするなと訴えるがヴァイオレットは統合省に突入します。

 

皆殺しにしていくヴァイオレットはダグサスまでたどり着きます。

ダグラスは武器を隠し持っていたが読んでいたヴァイオレットは弾を交わしファージの血を飛ばしました。

ダグラスは物を見えなくさせるために部屋を暗闇にし研究医だった自分がファージ第一号の感染者で世界中にばらまいたのだと白状します。

ヴァイオレットはファージなのに暗闇になると見えないので持っていた剣を炎で覆い戦います。

そして一瞬の隙を突いて剣を手放して背後に回り銃で仕留めました。

 

シックスを抱えて屋上に上がったヴァイオレットは声をかけると目を開きます。

「僕はあのとき死んだはず……」

シックスが倒れた時、ヴァイオレットの流した涙が体内に入ったことで助かったのです。

「あなたは生まれ変わったのよ」

シックスは起き上がり「僕の話を聞いて、希望はあるよ」と言います。

ヴァイオレットは「見つけたわ」と伝えるとシックスは笑みを浮かべます。

心の傷が治ったように体は元に戻るのか…希望を持つヴァイオレットは不当な権力を振りかざす奴等には希望はないと確信します。

 

 

blog.netabare-arasuji.net