PR

韓国ドラマ「アンダーカバー」全28話ネタバレあらすじを感想を交え最終話まで

韓国ドラマ「アンダーカバー」作品概要

チ・ジニ&キム・ヒョンジュ共演、英国BBCサスペンスドラマをリメイク!!元スパイを隠し平凡に暮していた男が事件に巻き込まれ家族を守るために闘う!!

学生運動の激しいデモの現場で出会ったジョンヒョンとヨンス。

20年後、弁護士である妻・ヨンスと幸せな家庭を築いていた主夫のジョンヒョンだがスパイという過去を隠していた。

ヨンスは官僚の犯罪を扱う高捜処の処長に選ばれ、ジョンヒョンはある男からヨンスの処長就任を阻止しろと言われる。

家族を守るために孤独な戦いは息をする隙を与えない!!

スポンサーリンク

 

キャスト

ハン・ジョンヒョン/イ・ソッキュ(チ・ジニ)
1971年6月24日誕生、「トンイ」「ザ・ロード:1の悲劇」など
自閉症の息子の面倒を見る主夫、元スパイ
チェ・ヨンス(キム・ヒョンジュ)
1978年4月24日誕生、「ウォッチャー」「地獄が呼んでいる」など
弱者の味方、人権派弁護士
若きジョンヒョン(ヨン・ウジン)
1984年7月5日誕生、「七日の王妃」「君の歌を聴かせて」など
本名はイ・ソッキュ、スパイとして潜入中にヨンスと出会う
若きチェ・ヨンス(ハン・ソナ)
1990年10月6日誕生、「コンビニのセッピョル」「なぜオ・スジェなのか」など
デモの現場で出会ったジョンヒョンと結婚し弁護士に!!
イム・ヒョンラク(ホ・ジュノ)
1964年4月14日誕生、「朱蒙」「ミッシング彼らがいた」など
国家情報院企画調整室長、使えない者は容赦なく消す
オ・ビルジェ(クォン・ヘヒョ)
1965年11月6日誕生、「冬のソナタ」「王になった男」など
安全企画部の元係長でレンタカー会社社長

 

ネタバレ感想

 

1話/幸せな暮らし

法を犯すなと学生運動を行っていたヨンスは捕らえられてしまうが護送中にジョンヒョンと名乗る男に助けられ逃走します。

そんな二人は今では夫婦となり二人の子供(中学3年生のスンミと自閉症のスング)に恵まれて幸せ暮らしていました。

弁護士ヨンスは学生運動家殺害の容疑で30年間無期懲役中のジョンホの刑の執行停止を求め続け動いていました。当時のジョンホは諦めていて聞く耳をもたなかったが殺していない証拠を掴んで説得し信用してくれたのです。

しかし、今のジョンホは膵臓癌で長くて三カ月と余命宣告を受けておりヨンスは権力に押しつぶされ進展しないことを悔しく思っていました。

友人で記者のサンアにマスコミを集めてもらい政界や法曹界の高官らを名指して非難します。

 

大統領秘書室のチュンモはテレビに出演し高位公職者犯罪捜査所の設立が決まった件について話します。国家情報院の企画調整室長ヒョンラクはサンドン議員に高捜処長候補としてヨンスの履歴書を渡すと、こうゆう奴らのせいで国が振り回されてきたと言われます。

右腕の存在である企画調整室アルファチーム長のヨンゴルを呼び出して書類を渡します。

(ジョンヒョンは無職なのかな?病院に行ってマンホの看病をしていて伯父さんと呼んでいたけど父親なのは察して分かった。ヨンスみたいな弁護士が要れば弱者は助かりますね。サンドン議員はジョンホ事件の元担当検事だそうです)

 

2話/謎の遺体

森に乗り捨てられた車から遺体(国家情報院金融7チーム調査チーム長ミンホ)が発見され、チョルフンは不審な点に気付き写真を撮ります。着火剤が爆発したのに姿勢が乱れていないし焼酎の瓶がまっすぐ立っているのも変だ思ったが班長に写真を消去され自殺で片付けられます。

スポンサーリンク

ヨンスはジョンホの刑の執行停止が決まったので病院に行くとチュンモと再会し高捜処長に内定したと言われます。初代の高捜処長は名誉なことではあるがジョンホの再審から外れることを意味するので困惑します。

公演で遊んでいると愛犬ボリがいなくなってしまったのでジョンヒョンは息子スングと捜しに行きます。家に戻っていたので賢い犬だと思ったが、オジサンが連れて来たんだと娘スンミに言われます。

お礼を言いに行くと相手はヨンゴルであり、「1時間後にバス停前のカフェに来い。ジョンヒョン・・・いや、イ・ソッキュ」と言われます。

ジョンヒョンの本名はイ・ソッキュであり警察学校の時に安全企画部の係長オ・ビルジェにスカウトされました。 全国大学生代表者協議会の議長キム・テヨルを捕まえるよう依頼を受け彼を世話していると噂のヨンスの裁判を見に行きました。

そして見張ればキム・テヨルが見つかると思いジョンヒョンの身分を授かり学生運動に潜入し彼女と出会ったのです。

 

ジョンヒョンはヨンゴルに会いに行くと休憩は終わりだと書類を見せられます。

「ヨンスを高捜処長にするな、家族を守りたければ従え」

(ジョンヒョンは意図して学生運動に潜入したようだが見張っているうちに学生に共感したんじゃないかな?もしかしてジョンヒョンとして生きている間に父マンホに会っていなかったのかな?)

 

3話/父への後悔

国家情報院に脅されるジョンヒョンは日の出を見に行こうと家族を海に誘い車を走らせるが尾行されている事に気付きます。

マンホが急に心肺停止になって亡くなったと知らせが入り、過去を隠し生きてきたために誰にも言えず悲しみます。

日の出を見ながらヨンスはジョンホがいるし高捜処長になるのは今じゃないと口にしジョンヒョンは家族がいれがそれでいいと告げます。

 

ヨンスは遺体で見つかったミンホの妻ジョンヒからテープレコーダーを渡されます。亡くなる直前に「もし自分に何かあればジョンホの事件を担当している弁護士に依頼してくれ、真相を明かしてくれるはず」とメッセージが残されており自死ではないようだと察します。

ヨンスは事件ファイルを見せてくれと広域捜査隊班長に頼むとチョルフン刑事から発見された車はレンタカーで廃棄場にあると知らされます。

ジョンヒョンは父親の遺骨を牧師となったオ・ビルジェが引き取ってくれたことを知り訪ねます。遺骨を引き取ると何かあったら連絡して来いとレンタカー会社サンシャインの名刺を渡されます。

(廃車されたレンタカーの車はオ・ビルジェの会社ですね。安全企画部の元係長で今はレンタカー社長で牧師?ジョンヒョンはイ・ソッキュを捨てたから父親に声をかけられても別人のふりをしたのか・・・パパかわいそうに、涙)

 

4話/高位公職者犯罪捜査処長

ドンウ検事はミンホの事件書類を見て署名蘭のサインが間違っていたので調べようとしたが国家情報院金融7チームが解散となっていました。

ヨンスはジョンホに呼ばれ病院に向かうと高捜処長になってほしいと言われ、何で知っているのかと驚くが断るつもりだと告げます。すると自分みたいなやつを生み出さない世の中を作ってほしい、再審は他の弁護士とするからクビだと言われます。

「俺を生かしてくれてありがとう。心配するな、俺も最後まで諦めない」

ジョンヒョンは病院でヨンスを待っていたがヨンゴルが妻に声をかけていました。駆け寄ると結婚して20年経つのに名前が違った、これは詐欺ではないかと相談しており動揺したが妻は離婚弁護士に相談すればいいと告げていました。

スポンサーリンク

ジョンヒョンはヨンスが高捜処長になるかもしれないと知り動揺します。しかし彼女が二十歳で司法試験に合格し弁護士になった理由を知っているので悪い奴らを捕まえたいなら戦った方がいいのではと勧めます。

ヨンゴルはヒョンラクに呼ばれるとヨンスは引き受けないのではなかったのかと責められ跪きます。まだ候補者だから決まったわけではない、必ず阻止すると告げると辞職願にサインしてから仕事に行けと指示されます。

(ヨンゴルは国家情報院なのか?ただのチンピラじゃないの?wwヨンスは自分の事務所にキム・テヨル事件の相関図があったけど、テヨルが何で亡くなったのかまだ明かされていないからよく分からないなぁ。最初に出てきた時にヒョンラクがヨンスの履歴書をサンドン議員に渡していたからてっきり推薦しているのかと思ったよ。マスコミに名指しで非難された事とチュンモが推そうとしているのを察して履歴書を見せただけだったようだ。まぎらわしい!!)

 

全28話あらすじ一覧

各話の詳しいネタバレは、

リンクから飛んでください。

1話~8話

1話2話3話4話(ページ内にジャンプします)

弁護士ヨンスと結婚して二人の子に恵まれ幸せに暮らすジョンヒョンは元スパイで本名はイ・ソッキュであり20年ジョンヒョンとして生活していました。ある日、犬猿の仲だった元同僚のヨンゴルがやってきて家族を守りたければヨンスを高捜処長にするなと脅される

5話6話7話8話

ヨンスは亡くなったミンホは国情院だとチョルフン刑事から知らされる。ミンホが遺した資料に自分の本名を目にしたジョンヒョンはヨンスに隠すがヨンゴルに奪われる。ヨンスが調べている事件はミンホの事件だと把握したジョンヒョンは死体発見場所に行くと元同僚ヨンジュと再会する

9話~16話

9話10話11話12話

ジョンヒョンが密かに協力したことでアスンは病気の母親を救うために番組で韓国批判したことが分かりヨンスの嫌疑が晴れ初代高捜処長となる。大統領の秘書室長キム・ミョンジェに収賄容疑がかかりヨンスは嫌疑なしで終結させるとマスコミに告げるが決定的な証拠が流出

13話14話15話16話

キム・ミョンジェが拘置所に収監されたが遺書を残し自死したとニュースで知るヨンスは言葉を失います。キム・テヨル殺害犯で10年服役したドゥシクが殺され現場近くて検挙されたジョンヒョンはイ・ソッキュだと本名を名乗り捜査網から外れる。

17話~24話

17話18話19話20話

ヨンスは連絡してきたユンジュに会いに行くと倒れている彼女を発見し何とか命を助けるが前にジョンヒョンと一緒にいた人だと思い出す。ドゥシクが死んだ日にジョンヒョンが防犯カメラに映っており検挙されたイ・ソッキュを調べると・・・

21話22話23話24話

高捜処は金融本部長ウォンジョンを逮捕するものの釈放を余儀なくされるが命令を下すのは企画調整室長ヒョンラクだけだと確信。追い詰められたウォンジョンが盗んだタブレットを確保するジョンヒョンだったがヒョンラクに脅されたピルジェに奪われてしまう。ヒョンラクに撃たれたジョンヒョンは海に沈み・・・

25話~28話/最終話

25話26話27話28話

ヨンスはテヨルが大統領と会いたいがためにジョンホの無実の証拠となるギホンが遺した本物の遺書をヒョンラクに渡そうとしていた事を知りショックを受ける。企画調整室長からタブレットを盗むジョンヒョンだがヨンスが拉致され・・・