PR

「アンダーカバー」13話14話15話16話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

韓国ドラマ「アンダーカバー」作品概要

チ・ジニ&キム・ヒョンジュ共演、英国BBCサスペンスドラマをリメイク!!

元スパイを隠し平凡に暮していた男が事件に巻き込まれ家族を守るために闘う!!

 

あらすじ

学生運動の激しいデモの現場で出会ったジョンヒョンとヨンス。

20年後、弁護士である妻・ヨンスと幸せな家庭を築いていた主夫のジョンヒョンだがスパイという過去を隠していた。

ヨンスは官僚の犯罪を扱う高捜処の処長に選ばれ、ジョンヒョンはある男からヨンスの処長就任を阻止しろと言われる。

家族を守るために孤独な戦いは息をする隙を与えない!!

スポンサーリンク

 

キャスト

ハン・ジョンヒョン/イ・ソッキュ(チ・ジニ)

1971年6月24日誕生、「トンイ」「ザ・ロード:1の悲劇」など

自閉症の息子の面倒を見る主夫、元スパイ

チェ・ヨンス(キム・ヒョンジュ)

1978年4月24日誕生、「ウォッチャー」「地獄が呼んでいる」など

弱者の味方、人権派弁護士

若きジョンヒョン(ヨン・ウジン)

1984年7月5日誕生、「七日の王妃」「君の歌を聴かせて」など

本名はイ・ソッキュ、スパイとして潜入中にヨンスと出会う

若きチェ・ヨンス(ハン・ソナ)

1990年10月6日誕生、「コンビニのセッピョル」「なぜオ・スジェなのか」など

デモの現場で出会ったジョンヒョンと結婚し弁護士に!!

イム・ヒョンラク/国家情報院企画調整室長( ホ・ジュノ)
オ・ビルジェ/安全企画部の元係長でレンタカー会社社長( クォン・ヘヒョ)

 

ネタバレ感想

 

13話・はじまった戦い

大統領府秘書室長キム・ミョンジェの収賄疑惑について記者会見を開く高捜処長ヨンスは疑いは一切なかったと告げます。すると国家情報院企画調整室長ヒョンラクが指示したことで会見中に映像がマスコミに流れます。

しかし、それを予測していたヨンスは映像とメールがどこから送られているか調べるよう指示していたチョルフンに会見中に待機して現れたら捕まえるよう託していました。

チョルフンは金融本部長ウォンジョンを車で追跡するが国情院の者に邪魔され事故を起こしてしまい逃げられてしまいます。

 

 ソウル中央地検検事長から呼び出しを受けるドンウだが法事があるからと断ります。高捜処による大統領府秘書室長の捜査が始まり、サンドン議員は高捜処の遅い対処を非難し検察が動くと記者会見します。

ヨンスはキム・ミョンジェに話を聞きに行くと52億ウォンあったが送り主は誰だか分からないと言われます。選挙資金が底をつきそうなときに家の前に置かれてあり支援者だと思って使い大統領は何も知らないと訴えられます。

キム・ミョンジェが拘置所に収監されたが遺書を残し自死したとニュースで知るヨンスは言葉を失います。出遅れた捜査と責任を回避するために追いこみ捜査で死を招いたと高捜処は非難されます。

 

(大学生代表者協議会の議長キム・テヨルを検挙したのがヨンゴルで、ジョンヒョンは通報しようとして躊躇っていましたね。結局通報はしていないがヨンスを守るために裏切って戦ったから当時ヨンゴルたちから集団暴行受けていたのか。それぐらい早い段階で教えといてよwwテヨルが亡くなったのは検挙の時に暴行を受けたから?・・・にしても捜査が大統領に向かうことを恐れていたキム・ミョンジェが自死してしまったが何で高捜処が責められるのかよく分からん)

 

14話・高捜処VS検察

ヨンスはジョンホの病室を訪ね就任式の報告すると信じている事を諦めずに前に進めと言われます。するとキム・ミョンジェ事件の証拠品を渡せと検察が高捜処に押し寄せているとチョルフンから報告を受け急いで向かいます。

ドンウは昨夜、 ソウル中央地検検事長から引渡書にサインするよう言われていたが拒否すると証拠移転命令書を見せられ強制的に奪われます。ヨンスは法的処置を取り公文書を送るよう指示すると信念を曲げられないドンウは「ここまでする必要があるのですか、自分はサインしません」と検事長に電話します。

スポンサーリンク

ジョンヒョンはパク・ドゥシクという男から電話を受けキム・テヨル殺害犯で10年服役したあと行方知れずだった人だと思い出します。

呼び出されて会いに行き何で今頃姿を現したのか聞くと自分は無実だと訴えられます。腹が減ったというのでご飯を買って戻ると殺害されており、戻る途中、怪しい人物とすれ違ったことを思い出し急いで追うが車で逃げられてしまいます。

腕時計を投げナンバーを覚えるとパトカーがやってきて声をかけられ、濡れ衣を着せられると思い逃走するが囲まれてしまい手を挙げます。犯人を追っていただけだと訴えると名前を聞かれ迷ってからイ・ソッキュだと告げ隙をついて逃走します。

 

ヨンスは高捜処が所有する証拠目録と証拠品を直ちに返還するようソウル中央地検に求めると記者会見します。検察と戦うことになると心配されるが戦えばいいだけの事だと告げるとドンウは公務執行妨害と証拠隠滅の疑いで検事長を逮捕します。

ヨンスは取調室に入り俺は検事長だぞと喚くクァク・ムンフムを無視し代頭領捜査を妨害した容疑は認めますかと聞きます。

(ヨンゴル、惜しかったですねwwイ・ソッキュが身分証を手に入れているとは思わなかったのかな?本名を名乗るとは思ってもいなかったし逃げられるとも思ってなかったようだwwドンウはヨンゴルを横目で観察していたから何やら気付いている?いや~それにしても自分が間違えたのが悪いのだけどチュンモと検事長が同じ人だと思ってたから、なんでチュンモはヨンスの味方で大統領府にいながらサンドンやドンウと会っているのかと混乱していたよ。検事長だったのね。同じメガネでまぎらわしいww)

 

15話・嘘

ジョンヒョンはドゥシクを殺した男の車にGPS付きの腕時計を投げ込んでいたので追います。ヨンスはジョンヒョンが帰宅せず連絡がつかないので心配し、スンミは父親が女性と会っているのを目撃していたのでパパの友達にでも電話してみたらと告げます。

ジョンヒョンは男の居場所にたどりつくとナイフで襲われ切り傷を追うが関節技で落とします。

 

ヨンスは地検長を逮捕したことで予想通り職権乱用の疑いで逮捕すると検事たちが待ち構えていました。職権乱用かどうか地検長の嫌疑をちょうど記者たちがいるしここで公表しましょうかと訴えます。

地検長の指示を受け証拠品を不法奪取した罪で皆さん逮捕されますと告げると検事たちは言葉を失い引き下がります。

ヨンゴルはジョンヒョンを追うとドゥシクを殺した男が拘束されており注射を打って息の根を止めます。ジョンヒョンは証拠になると思いスマホで撮影していたがバッテリー切れとなってしまい仕方なく傷の応急処置をして帰宅します。

スングに7時までには戻るから一緒にご飯食べようと告げていたので傷の痛みに耐えながら謝罪します。

 

ヨンゴルは無尽蔵事業のファイルにイ・ソッキュの名前があるために世に出ては困ると金融本部長ウォンジョンに告げます。ウォンジョンはイ・ソッキュはうちの要員なんだと広域捜査隊班長ソボクに電話します。

ジョンヒョンは世話していた人が急死し葬儀のために来てくれたボランティアの人と飲んでいて寝てしまったとヨンスに電話します。ニュースをチェックするとドゥシクを殺した犯人が移送中に死亡したことになっていたので困惑します。

捜査網から外れたのは本名を名乗ったからだとピルジェに教えられたジョンヒョンはとにかくヨンスとヨンゴルを離さなければと思います。

(スパイだったのに何で家族に連絡しなかったのかね。ましてやスングは自閉症で前に一度約束を破って大変なことになったのに・・・。とりあえずジョンヒョンは本名を名乗っといてよかったねww)

 

16話・何も知らない

ヨンスは8年前のクァク地検長の失態を暴いて追い詰め証拠品をひとつ残らず取り戻すが大統領府秘書室長・キム・ミンジェが亡くなってしまった事に心を痛めていました。

サンドン議員に呼ばれた地検長は企画調整室長ヒョンラクを紹介され挨拶するが自分を守るために証拠品をすべて奪われたことを責められ頭に来て席を立ちます。

ジョンヒョンは会いに来たユンジュから「あなたも全部話して楽になった方がいい」と抱きしめられるが、ヨンスはサンアに送ってもらう車から目撃してしまい目を疑います。

ヨンスは帰ってきたジョンヒョンにあの女は誰だと訴えると施設で共に育った子で妻が高捜処長になったから思い出したようで会いに来てくれたんだと言われます。

すべてを知っていると思ってたけど最近は知らない事がたくさんあるように感じると胸の内を話し部屋に入ります。

スポンサーリンク

ジョンヒョンは動画が出回る前に高捜処から去れとヨンゴルに言い放つとヨンスが辞めたら失せると言われます。激しく暴行を受けるが音声をレコーダーで音声を録音しておりUSBにおさめてヨンス宛で送ります。

ヨンスはキム・ミョンジェの家を訪ねると「留学した時に使っていたバッグがまさか賄賂を受け取った時と同じ物だったとは・・・」と娘が落ち込んでいたので、どんな意図で金入りのバックを渡したのか必ず真相を暴くと約束します。

(せっかくヨンスから秘密はなしにしてと言われたのだから正直に話せばいいのに・・・。そして高捜処の目の前のビルから見張っているのだから変装なり何かしてほしいよね。ヨンゴルの部下におもいっきり目撃されていたではないか)

17話からのネタバレ

 

 

韓国ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想