スポンサーリンク

「 アンフェア the answer 」ネタバレ・あらすじ / 北海道に異動となった雪平は裏金を調べていたが容疑者として逮捕される!

邦画ミステリー

 

作品情報・キャスト

 

前作(前作のネタバレ)の続編となります。

監督=佐藤嗣麻子 原作=秦建日子

北海道の西紋別署に異動となった雪平は上司の一条と恋愛関係にありました。

東京では容疑者が次々と犠牲になるネイルガンを使った連続殺人事件が発生していたが何故か雪平が容疑者に・・・。

前作で手に入れた機密文書入りのUSBメモリーに関係が!!!

◆雪平夏見(篠原涼子)◆一条道孝(佐藤浩市)◆村上克明(山田孝之)◆小久保祐二(阿部サダヲ)◆三上薫(加藤雅也)◆山路哲夫(寺島進)◆佐藤和夫(香川照之)

ネタバレ あらすじ

アンフェア the answer

 

警視庁検挙率ナンバーワンだった酒豪でバツイチシングルマザーの美人刑事・雪平は現在、北海道の西紋別署で警部補として働き上司の一条警部と恋人関係にありました。

その頃、東京ではネイルガン殺人事件が起こっており3人目の犠牲者が発見されていました。体中に釘が刺さった状態であり、所轄に飛ばされた山路が現場検証にあたり警視庁捜査一課の小久保警視正が担当することになります。

ネイルガン連続殺人事件は現場に残された指紋などから容疑者として上がる人物が次の被害者となる予告殺人でもありました。

鑑識検視官の三上薫は3人目の被害者となった現場にはフリージャーナリスト佐藤和夫の指紋が検出されたと報告するが佐藤は雪平の元夫なので動揺を隠せずにいました。

斉木から託された機密文書入りのUSBメモリーを元夫の佐藤に解読を頼んでいた雪平は北海道で佐藤と会います。

「これは連続殺人事件に見せかけた予告殺人だ。次に俺が殺される」

USBはファイルではなく特定のパソコンに差し込んだ時だけパソコン内のデーターが開く仕組みとなっている鍵だと分かり解読するものではないので返されます。

雪平はパソコンの持主を突き止めれば黒幕を突き止められると思い捜査を開始するがほとぼり冷めるまでしばらく海を渡ると去った佐藤が殺されてしまいます。

 

現場に指紋が検出された事で雪平は殺人容疑で逮捕されてしまいます。

また、現職の刑事が連続殺人事件の被疑者で逮捕されるなど最大の不祥事となるため小久保は絶対に外部に漏らすなと言い聞かせます。

取り調べを受ける雪平のもとに東京地検検察官の村上克明がやってきます。

父親は元検事総長でありエリート検察官の村上は正義感が強く組織を守る事を第一優先とする警察を信用していませんでした。

村上は警察関係者を追い出すが、銃を雪平に渡し「このままだと確実に犯人されます。私を人質にして抜け出してください」と言いました。裏金を調べていたところ雪平も北海道で何か調べていると分かり警察の不正を暴くために手を組もうと思ったのです。

雪平はとりあえず村上に銃を突きつけながら逃走し追っ手を防ぐためパトカーに発砲して炎上させました。

雪平は被害者が最期に見た景色を見るため現場に連れていくよう村上に指示しました。

村上はヤンキーが乗るような敢えて目立つ車を用意し音楽をガンガンにかけて金髪のカツラを被って運転します。そして逃走用に仕組みがしてあり雪平はアンプの中に隠れるがあまりに狭いので文句を言います。

雪平は村上の父親の持ちビルの一室で匿われるが1人でシャワーを浴びている時に停電となります。

懐中電灯を手に出て行くとフードを被った謎の男(結城)に襲われ殺されそうになるがギリギリのところで村上が戻って来たので助かります。また村上を尾行していた一条も駆け付けました。

「俺の尾行に気付かないようでは雪平は守れない、俺に任せろ」

村上は警察は信じない方がいいと訴えるが雪平は恋人でもあるため「一条を信じたい」と言いました。村上は捜査資料を一条に渡し出て行きました。

スポンサーリンク

 

北海道に薫と山路がやってきます。父親が権力者なので村上は謹慎処分になっただけだと知らされた雪平は「警察は何か隠したいのでしょう」と言った村上の言葉を思い出し席に座る、薫、山路、そして一条に視線を送ります。

雪平は抵抗するときに結城の顔を引っ掻いていたため薫を呼び出し「誰にも気付かれないようにDNA鑑定してほしい」とお願いしました。

翌日、ネイルガン殺人事件があり現場に向かった一条は懐中電灯の中にカメラを仕込ませ車の中にいる雪平に見せます。

薫から連絡を受けた雪平は犯人である結城の住所を教わるが「病院立て籠もり事件(前作)のゴタゴタの間に機密文書が盗まれたと警察は騒いでるがお前なんじゃない?、だから元夫やお前が狙われたんじゃないか?」と聞かれます。

「もしそれが本当なら佐藤を殺した犯人は警察上層部に雇われていることになるわね」

雪平は結城が出て行った隙に家に侵入すると現像室には殺害後の写真が一面に貼られていました。・・・が佐藤の写真がない事に気付き彼だけは別の誰かに殺されたのだと知ります。

 

謹慎中の村上は「雪平がいなくなった」と一条から連絡を受け探しに行くが北海道にやってきた小久保に盗聴器を仕掛けられてしまいます。

村上は雪平を発見するが帰宅した結城と激しく格闘したせいで負傷していました。

雪平は「USBを渡せば殺さないと約束したから渡しに行く」と言いました。盗聴器を仕掛けていた小久保はすぐに駆け付けるがそこには手錠をはめられた村上が1人取り残されていました。

雪平は約束通り結城にUSBを渡すとネイルガンを首に一発撃たれ倒れます。

そこに「USBを返せ」と現れたのは一条でした。

結城は「その声は人殺しの指示を与えてくれる声だ」と言い、USBを見せて「佐藤を殺した犯人を教えたら渡すよ」と言いました。

「俺だよ、海外に逃亡しようとしていたからお前が来るまで待ってられなかった」

そして一条は結城を消そうとしたが雪平が立ち上がり「そうゆう事だったのね」と銃を突きつけました。

結城は自分の殺し方を真似して雪平が佐藤を殺したと勘違いしており「俺の作品を台無しにした」と激怒して雪平を殺そうとしていたのです。

雪平は「自分が犯人なら運びやすいように血を全部抜いてちゃんとコピーする」と結城を説得し2人で佐藤を殺した犯人を見つけ出そうと手を組んでいたのです。

また雪平は村上の車の中で盗聴器を見つけ隠し持っていたため一条の自白は小久保の耳に届いていました。

雪平は「今回だけ見逃す」と結城を逃がし、一条は駆け付けた小久保に逮捕されました。雪平は小久保に盗聴器を渡すと「いつから芝居だったんだ」と悔しそうに言われます。しかし小久保がUSBを押収しようとすると一条の手からはすでに消えていました。

 

拘置所で一条が自殺した記事が新聞に載ります。

「自殺に見せかけて殺されたかもな」と山路に話しかけられた雪平は「佐藤は自分と一緒に北海道の裏金を調べていて殺された」と教えます。

雪平は帰ろうとするとUSBがパソコンに差し込まれた事を知らせるアラームが携帯から聞こえてきました。

画面を確認すると「東京高等検察庁」と記されており村上がUSBを奪ったのだと気付きます。

村上は警察上層部に「データーは無事でした」と伝えて電話を切り「まさかUSBが本物だとは分からなかったな」と自殺したはずの一条に言いました。そしてそこには雪平が最も信頼する薫もいました。

しかし、いきなりUSBが爆発しデーターが消えてしまいます。

雪平は「村上、馬鹿かお前は」と電話を切ると激怒した村上は「三上、俺の犬ならちゃんと把握しとけ」と言い放つが一条は、にやりと笑みを浮かべました。

佐藤は解読出来なかったがUSBが接続されたらそのデーターがパソコンに転送されるように仕掛けていたのです。そして接続された場所を知らせるアラームが鳴りデーターがすべて転送されるとオリジナルのUSBが爆破するようにも仕掛けてあったのです。

雪平は「ありがとう」とつぶやき佐藤に感謝しました。

完結編⇒「 こちらから  」

 

 

テキストのコピーはできません。