へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 アンフォゲッタブル (2017) 」< ネタバレ あらすじ > 結婚相手の元妻から徐々に追い詰められるサスペンス!

アンフォゲッタブル(字幕版)

 

 

監督=デニーズ・ディ・ノヴィ

 

ジュリア(ロザリオ・ドーソン)

テッサ(キャサリン・ハイグル)

デイビッド(ジェフ・スタルツ)

リリー(イザベラ・カイ・ライス)

ミゲル(アレックス・キハーノ)

 

< ネタバレ あらすじ >

アンフォゲッタブル (2017)

 

3年前ジュリアは家庭内暴力で訴え、当時夫だったマイケルには執行猶予付き有罪判決が下されました。

事件後に精神科へ通い心の傷を抱えるジュリアだが醸造所を経営する優しいデイビッドと出会い恋人関係になりました。

結婚の約束をし南カリフォルニアで新生活を始めるため半年前にサイト編集の仕事を辞めました。

デイビッドも離婚していて近くには元妻テッサと娘リリーが住んでいました。再婚したらリリーも一緒に暮らす予定だが急だとストレスを与えるため曜日限定でテッサが連れてきます。

ジュリアは優しく接し母親になろうと決意するがテッサは離婚した事への未練がありリリーを手離すことを寂しく思っています。

その夜、裁判所からマイケルの接近禁止命令の期限が切れる知らせが届き暴力を受けていた日々を思い出します。

デイビッドから「今日は遅くなるからリリーと2人で食事してくれ」と電話が入るが忘れ物を届けにテッサが訪ねてきたのでリリーが一緒に食べようと誘いました。

テッサは「あなたは私の娘の保護者だから」と言い、ジュリアが作った料理はリリーには辛すぎると勝手に台所で作り始めました。

これからはリリーの予定はFacebookで確認してと言われるがジュリアはマイケルの件もあるため登録していないと断りました。

 

ジュリアは買物に出かけ白いドレスを試着すると店員から「デイビッドの彼女ね」と話しかけられます。

小さい町なのですぐに知れ渡るのです。「このドレスはテッサも気に入っていた」と聞きジュリアは買うのをやめました。

デイビッドの醸造所のパーティーがありジュリアは参加するとテッサはジュリアが買うのをやめた白いドレスを着ていました。

テッサは誇らしげにデイビッドとは大学時代に知り合い当時銀行員だった彼に付き添ってこの町にやってきたと挨拶しました。

しかしリリーとも仲良くなったジュリアがデイビッドと幸せそうにダンスしているのを見て怒りや寂しさが込み上げます。

テッサはジュリアの携帯を盗んで持ち帰りデーターをパソコンに移すとマイケルの件を知ります。

テッサはジュリアの名前を使ってアカウント登録しデイビッドにメッセージを送りました。

テッサはデイビッドに会いに行き「ジュリアとの進展が早い」と意見を述べるがデイビッドは「結婚するつもりだし、正直君の許可が要らない」と言いました。

テッサは帰るときにデイビッドの車の中にジュリアの携帯を投げ入れました。

 

ジュリアはやたら非通知着信が多くなった事や誰からか分からない花が届いたりするためマイケルではないかと恐れます。

親友に家に来てもらうと「デイビッドはテッサとの関係を断ったが妊娠したので仕方なく関係を続けた。結局テッサの浮気が分かりすぐに離婚したけどね」と聞かされます。

テッサはリリーの髪をとかしていると母ヘレンが訪ねてきました。銀のナイフ類が汚れている、シミができているから皮膚科へ行け、「子はかすがい」とアドバイスしたのに何やってんの!復縁は不可能だから新しい人を早く見付けろ…細かくグチグチ口出しされストレスがたまります。

テッサはFacebook上でジュリアになりすましてマイケルと連絡を取り続け写真も送りつけます。そして家に侵入しジュリアの指輪や下着などを盗みました。

 

スポンサーリンク
 

 

ジュリアが非通知着信に気を取られている間にリリーの姿が見えなくなってしまいます。

デイビッドに知らせ2人で必死に探すとリリーを連れたテッサが「見知らぬ男と一緒にいた、危なかった。完全に彼女の失態だ」とデイビッドに言いました。

ジュリアはタイミングよくテッサがまた現れた事に何かおかしいと思うようになります。

デイビッドはジュリアが指輪をしていない事や送り主が分からない花が届いたことで男がいるんじゃないかと心配するようになります。

乗馬をするリリーを迎えに行くと教育熱心なテッサがいました。ジュリアはパパと一緒に過ごす日だからと連れて帰ります。

無理強いするテッサを無視した事をリリーが気にしているようだったのでジュリアは「あなたは悪くない」と慰めます。

リリーが迷子になった時男と会話なんかしていないと分かりテッサの嘘だったことが分かります。

 

テッサは自分の言う事を聞かずにジュリアに懐き始めたリリーを説教し髪がボサボサだとバッサリ切り落としました。

ジュリアはそれは体罰だと言い放つとデイビッドが帰ってきました。

テッサは急に「痛い」と声を荒げながら自ら階段から転げ落ちました。

ジュリアに突き飛ばされたと思うデイビッドとリリーはテッサを車に運び病院へ連れて行きました。

ジュリアは不気味に感じ友達アリーと一緒にテッサを調べます。

テッサは両親が離婚し母親ヘレンに引き取られてから精神が不安定となり脅迫的で暴力的な行動を示し、父親の家を放火していました。

 

テッサは危険だから遠ざけなければならないと思うジュリアはデイビッドに証拠を見せようと家で待っていたがマイケルが侵入してきました。

あまりの恐怖で驚くジュリアは逃げようすると「お前から誘ってきたくせに」とマイケルは激怒します。

携帯がハッキングされていると疑っていたジュリアはテッサの仕業だと確信しナイフを太腿に突き刺し逃走しました。

ジュリアが逃げて行くのを庭で見届けたテッサは侵入しマイケルに「始末してないのか」と口にします。

マイケルは「お前の仕業か」と気付くがテッサは太腿からナイフを抜き胸に突き刺しました。

 

ジュリアは警察に連行され接近禁止命令が解けた日からFacebook上で連絡をとったのは殺すのが目的だったんじゃないかと責められます。

メッセージのやりとりや、下着や写真など送ったのはテッサが仕組んだ事だと訴えます。

面会に来てくれたデイビッドに「恥ずかしくてマイケルの件は言えなかった。ごめんなさい」と謝罪すると彼は「大事なのは君と僕の仲だけだから心配ない」と受け止めてくれました。

 

デイビッドはリリーを迎えに行くとテッサが証拠を暖炉で焼いていました。

テッサが盗まれた指輪をしていたのですべてジュリアが正しかったのだと気付きます。

自宅から半径16キロ以内にいる事を条件に釈放されたジュリアはデイビッドがリリーを迎えに行った事を知り車を走らせます。

ジュリアは駆け付けると頭から血を流し倒れているデイビッドを見付けます。二階で寝ていたリリーを起こし車に運んでから戻るとテッサがデイビッドの両手をガムテープで拘束していました。

警察に通報するとジュリアがいる事に気付いたテッサが襲ってきます。

完璧主義者のテッサは自分が愛するデイビッドとリリーを奪われ、自分の人生を奪った女だと敵視し包丁を持って怒りをあらわにします。

ジュリアは包丁を奪うと鏡に映る自分を見たテッサは我に返り「こんな私をリリーの記憶に残さないで」と自ら包丁を突き刺しました。

 

半年後、

デイビッドと結婚したジュリアはリリーとハンフリーと名付けた大きな犬と一緒にサンフランシスコで幸せに暮らしていました。

アリーから結婚祝いで届いたコーヒーメーカーを早速使っているとハンフリーが来客を知らせるため吠えていました。

ジュリアが玄関のドアを開けると「孫に会いにきたの」とヘレンがいました。

リリーは喜ぶがテッサを精神的に追い詰めたヘレンにジュリアは警戒します。

 

 

blog.netabare-arasuji.net