中国ドラマ「運命の桃花 宸汐縁」全話ネタバレあらすじ/34話から36話までの結末まで

 

作品情報/運命の桃花 宸汐縁

「レッドクリフ」で孫権を演じたチャン・チェンと中国若手4大女優の1人ニー・ニーの共演、一途な愛を貫く大ヒットラブ史劇。

第4回金骨朶網絡影視盛典で「今年の優秀作品賞」を受賞し2020年愛奇芸尖叫之夜では最優秀ドラマ男優賞、最優秀ドラマ女優賞を受賞した作品。

夸父山桃林で父親の医仙・楽伯から桃林の外に出ないようにと言われて育った無邪気な丹鳥族の少女・霊汐は天界を魔君から救った戦神・九宸の武勇伝を読んでは胸をときめかせていました。桃林を抜け出して天宮へ行った彼女は天兵に追われ不思議な場所に迷い込むと偶然にも5万年前に天界を救い長い眠りについていた九宸を目覚めさせることに・・・。九宸に仕える侍女として天宮に住むことになった霊汐だったが彼女には封印された魔君を呼び覚ます魔の力が宿っていたのだった。

九宸(チャン・チェン)霊汐(ニー・ニー)景休(リー・トンシュエ)天君(ホアン・ハイビン)玉梨(ルー・ジャーニー)天雷真君(チャン・ヨンガン)天尊(ワン・チンシャン)青瑶(チャン・ジーシー)翎月(リウ・チエンハイ)十三(ナー・グァンズー)など

 

31話から33話まで

 

ネタバレあらすじ

 

第34話/恋しい気持ち

仕事を探しに出掛けた林黙は耳が聞こえないためなかなか雇ってくれるところがなかったが関おばさんの紹介で孫医師の薬舗で働ける事になりました。

孫医師は味覚を失っていたが前に林黙から貰った桃の実のおかげで復活しており堪能していました。

初めての仕事を終えた帰り修行者が九宸が人間界に置いていった妖獣・五碗を捕まえようとしていたので林黙は子犬だと思い助けて連れて帰ります。

林黙は五碗に小白と名付け「留守番も一人じゃないから寂しくないでしょ」と景休に伝えます。鳴き声を聞いて犬ではなく妖獣だと分かる景休は仙力がなくても何かあれば簡単に始末出来るぞと笑みを浮かべて忠告します。

食事している時に人間界に来ていた司命から「困難で失望するな、貴人と運命的に出会うのは目前だから心を静かに保ち耐えろ」と占いで言われた事を思いだし景休の事なのだろうかと考えます。

(おかえり~五碗ちゃん。会いたかったよ。にしても霊汐=林黙は名付ける才能はないですね、かわいいけどもww林黙の聴覚が戻るときにはおそらく景休の視力も戻ると思われるのでどうなる事やら・・・霊汐と同じ顔なんで驚くでしょうね)

 

逐日鳥が飛んでいるのを見て「お天道様を追い火の玉のようでした」と嬉しそうに話していた霊汐を九宸だけでなく扶雲殿にいた誰もが思い出していました。

霊汐が恋しいと思う十三は罪仙になると仙骨を抜かれ人間界で試練を受けると言われているので人間界で生きているかもと希望を持つが昆吾剣で命を落としたから残念ながらそれはないでしょうと花煙に言われます。

お気に入りの霊汐をあっさり処刑し悲しむ素振りも見せない九宸を十三は不思議がると六界の守護神として自分を押し殺しているだけで辛いはずだと花煙に言われ「すべては霊汐の秘密を暴き立てたうえに青瑶に罪を着せ楽伯を殺した元瞳が悪い」と怒ります。

腹いせに十三に喧嘩を売りに行き傷を負わせて位牌を祭る堂を壊すが掟に反するので鞭打ちの刑となります。

(そうだそうだ~元瞳が悪い。ただ前と違って楽伯を慕う者たち、殺された天兵の親族、そして薬王洞の医官たちからも嫌われているので前ほど憎くは感じなくなってきたけれども鎖妖塔で五感を取り戻した禍斗から話を聞いているので嫌な予感しますよね。十三もあんまり挑発しない方がよろしいかと思うがいつも言いたいことを言ってくれるし一番信用できる)
スポンサーリンク

 

九宸は天君からすべてを聞いた天尊に呼ばれ向かうと「火精が命を保っているが誰かのために犠牲になる事は許さないので命が危ない時は女媧石を戻す」と警告されます。

天尊は一番弟子に継がせたいと期待しているので門派の掟を破る九宸を許し霊汐が3度の劫を終えればよしとすると伝えます。

九宸は神農鼎が戻ってしまうと霊汐の神魂が離散してしまうため必ず霊汐に劫を乗り越えさせなければと思います。

その頃、霊汐をいつまで経っても見付けられない仲昊は「赤い月の夜に縛霊淵で幽冥門を開け放て、魔族の大軍を迎え入れよう」と魔君に命じられます。

(魔君はあれから5万年経って我慢できなくなったらしいが桁違いなんでいつから数えて言っているのか分からなくなるねw天尊が出てくると同じ話をずっとしている気がするのは私だけでしょうか。林黙が3度の劫を終えるのは期待できるとして九宸はどうやって病を治すのかな・・・)

 

第35話/救われた心

桃林小築の庭で小白が元気に走り回っていました。

孫医師の弟子として薬の調合まで任されるようになった林黙は「一生目が見えなかったらどうする」と悩む景休に「治らないものは仕方ない、明るい未来を夢みて」と元気付けます。

林黙は医術を身に付けて人の役に立てる人間になったら実家に帰りたいと思っているのです。

景休は諦めかけた修練をし始めるが弱っているため限界が来て倒れてしまいます。

 

帰宅した林黙は小白の様子がおかしいので部屋に入ると景休が吐血して倒れていました。体に仲昊にやられた7本の白骨釘が刺さっているのに気付き抜いていきます。

4日後に目を覚ました景休は白骨釘が抜けているのに気付くと林黙が手当てをしたと知り白骨釘を抜けるのは鳳凰族の者だけなので驚きます。

自分の仙力が回復してきた事もありいずれ視力が復活するので部下の赤鷩に連絡すると宝青は山霊界で幽閉され、翎月は仲昊の撮魂で操られ天族を欺いたのち寝宮に幽閉されていると知ります。

林黙の帰りが遅かったので心配すると関おばさんの紹介で強引に書生の沈裵書とお見合いさせられたと知ります。

(ん~、全然話が進まなかったな。そういえば仲昊が白骨釘を打つ時に鳳凰族の者しか抜けないのだと治し方をわざわざ教えてくれていましたよねw景休は桃の実を食べなくても視力は回復するのか。欽原は宝青に惚れているのかな)
スポンサーリンク

 

第36話/奇妙な符号

林黙の帰りがいつもより遅かったので心配したと景休は伝えると関おばさんの紹介で強引に書生の沈裵書とお見合いさせられたと知ります。

根掘り葉掘り聞いてしまう景休は自分が嫉妬している事に気付き目が見えないなか迎えに行って一緒に戻ると沈裵書から「江生広記」が届いている事を知ります。林黙が夢中になって読んでいたので景休は仙力を使って蝋燭の火を消しました。

桃の酒の味見を頼まれた景休は今まで何も話してこなかったが自分は枯れない花や澄み切った湖がある山霊界の者で2月7日は愛を告白する風習があるので2月に行かないかと誘います。

これは告白しているのと一緒だと気付いた景休は慌てて桃の酒を飲むと視力が一気に回復し林黙が霊汐そっくりだったので驚きます。

白骨釘を抜けるのは鳳凰族だけなので霊汐に間違いないと気付くが過去の記憶がないし仙力も使えず何で人間界にいるのか分からないでいました。

 

従極淵に入った九宸は神農鼎で霊汐の魂を守っていたがいつまで経っても許しを頂けない元瞳が雷首宮を訪ね九宸が鎖妖塔の神農鼎をすり替えたと天雷真君に情報を与えていました。

九宸は天族の法を破っていたので従極淵に押し入ってきた天雷真君に連行されそうになり戦います。人間界では2人の格闘で神農鼎が激しく揺れた事で林黙が苦しみだし駆け付けた景休は彼女の耳の裏に魔印が浮かび上がってきたのを目にします。

神農鼎を必死に守り抜く九宸は「天君には報告してある。この件が済めば直ちに返上する」と土下座し必ず恩は返すと頭を下げます。戦神に頭を下げられては天雷真君も引き下がることしか出来ません。

(林黙は酒飲めんのかい、引っ張るねw元瞳はやはり天雷真君にチクりやがったか、反省の言葉は述べるが通らないとすぐ陥れようとするね。もう人間的にダメね。早く桃をかじってくれ、そろそろ先に進んで欲しい感じ)

 

37話からのネタバレ

 

 
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました