中国ドラマ「運命の桃花 宸汐縁」全話ネタバレあらすじ/37話から39話までの結末まで

 

作品情報/運命の桃花 宸汐縁

「レッドクリフ」で孫権を演じたチャン・チェンと中国若手4大女優の1人ニー・ニーの共演、一途な愛を貫く大ヒットラブ史劇。

第4回金骨朶網絡影視盛典で「今年の優秀作品賞」を受賞し2020年愛奇芸尖叫之夜では最優秀ドラマ男優賞、最優秀ドラマ女優賞を受賞した作品。

夸父山桃林で父親の医仙・楽伯から桃林の外に出ないようにと言われて育った無邪気な丹鳥族の少女・霊汐は天界を魔君から救った戦神・九宸の武勇伝を読んでは胸をときめかせていました。桃林を抜け出して天宮へ行った彼女は天兵に追われ不思議な場所に迷い込むと偶然にも5万年前に天界を救い長い眠りについていた九宸を目覚めさせることに・・・。九宸に仕える侍女として天宮に住むことになった霊汐だったが彼女には封印された魔君を呼び覚ます魔の力が宿っていたのだった。

九宸(チャン・チェン)霊汐(ニー・ニー)景休(リー・トンシュエ)天君(ホアン・ハイビン)玉梨(ルー・ジャーニー)天雷真君(チャン・ヨンガン)天尊(ワン・チンシャン)青瑶(チャン・ジーシー)翎月(リウ・チエンハイ)十三(ナー・グァンズー)など

 

34話から36話のネタバレ

 

ネタバレあらすじ

 

第37話/見知らぬ男

魔君が霊汐(林黙)の居場所を掴み、仲昊は「九宸が執心する女ゆえ気を抜くな」と黒蚩に命じます。

関おばさんに景休が「もう見合い相手は探さないで」と伝えていたので林黙はお節介と思われないかと心配するが「今後は自分が守りたい」と言われます。

耳が聞こえないし許嫁がいるので「目が治ったのなら休養は終わり、たまたま出会って身を寄せ合っただけよ、それに私とでは釣り合わない」と告げます。

桃林小築に戻った景休は林黙の言葉にショックを受けていたが何者かが来ると察知し仙術で吹き飛ばします。

しかし、仲昊の元に潜伏させていた黒蚩だったので何か報告があるのかと聞くと翎月の生き別れた娘を捜しに来たことを知ります。疑い深い仲昊のもとで忠臣を装ってきた黒蚩の能力を認め引き続き使えて天下安寧のためにも幽冥門を開けさせるなと命じます。

「赤い月の夜まで御身お大切に、山霊界でお待ちしています」と言い黒蚩は去って行きます。

その頃、天雷真君は神農鼎を持ち出した九宸を罰するべきだと天君に進言したが代わりに女媧石が鎖妖塔の大妖を鎮めているから問題ないと言われます。

天雷真君と九宸どちらも必要だと思う天君は民の不安を招き二人を反目させて徳を得ようとする者がいるから騙されるなと忠告すると、天雷真君は「天宮を離れて幽都山にて衛兵を率いろ」と元瞳に命じました。

(林黙、けっこうサバサバしてるのねwだけど期待させたらダメですものね。元瞳は申し訳ないけど、ざま~みろ~としか思わないのですが天雷真君さ、戦神が土下座までしてお願いしたのに天君にチクりに言ったのか、ちっちゃいな。)
スポンサーリンク

 

林黙は小白が桃の木から落下した実で遊んでいたので「食べ物で遊んではダメ」と注意し桃を洗いに行きます。

そしてご飯を作りながら桃をかじるとたき火の音た風の音が聞こえてきました。

九宸は訪ねて行くと林黙は驚き「宋子玉さん」と近寄ってきます。九宸が自分の名前を呼ぶ声を耳にした林黙は涙を流しながら聴覚が戻った事を伝えます。

九宸は喜ぶ林黙を見て喜ぶが景休がやってきたのでいつの間に同居していたんだと嫉妬します。

林黙はみんなで食事にしようと告げると景休は「日が落ちる前に客人を見送らねばならないからな」と言いました。

九宸は「私は宋子玉、黙の許嫁なので帰りません。どちら様でしょうか」と尋ねると景休は林黙に告げていたとおり「修」と答えました。

小白が九宸の顔色を伺っているので林黙は不思議ねと話すと「賢いから善悪を見分けたのだろう」と九宸は告げると負けじと景休は「互いに悪賢く気が合うのだ」と言います。

林黙がいないときに二人は仙術を使って互いに嫌がらせをはじめ九宸は「小鳥の分際で威嚇するな」と言い放ち景休は「どこの野山から来た妖怪だ」と訴えます。

体をそのまま残し魂霊で戦闘を開始するが食事する机が真っ二つに割れてしまい林黙は驚きます。

(九宸と景休はキャラが変わっちゃってますけど恋は盲目と言いますから仕方ないのかなwそれにしても同じ姿しているのに互いに気が付かないのは何故でしょうか、なにわともあれやっと林黙が桃を食べてくれました、ここまで長かったw)

 

第38話/もつれた赤い糸

林黙には自分の方が相応しいと九宸と景休は激しい戦闘を繰り広げます。仕事を終えた林黙は家が破損していたため言葉を失うと「古いから仕方ない、修理しよう」と二人から言われ小白を連れて散歩に出掛けます。

九宸は山霊界の者だと見抜き「混乱に陥る山霊界に目もくれず人間界で色恋にふけるとは親族はいないようだな」と伝えると「林黙を前から知っているのであれば天宮の者であろう」と景休に言われます。

「籐のつるを使う仙術には見覚えがあり自分と互角に戦えるのは景休だけだ」

「命の瀬戸際で仙女を救えるのは戦神だけだ」

九宸は「居場所がばれるかもしれない、そなたの身が危険ゆえ私が留まって守る」と林黙に伝えます。

(互いの正体がバレても争いは続くのか。みにくい争いだからさっさと止めて欲しいwいつも思うけど恋敵を消そうとするより愛する者のために何かをするべきじゃないのかね。これでは林黙が去ってしまいますよ)

 

魔気が濃い幽都山に元瞳が左遷され、青瑶は魔道に落ちないように丹薬から作られ妖魔から身を守る醒神丹を元瞳の部下に渡します。

そして桃林に帰り元瞳への復讐心に囚われ酒に溺れている承晏に楽伯は確かに殺されたが霊汐は生きていると教えます。

霊汐の魔気を除いている最中で万が一天族や魔族に知られたら助けてくれた九宸も制裁を受けるから問題を起こさず大人しくするよう念を押します。

その頃、天宮では九宸にしつこく会いに来ようとする玉梨に十三は立ち塞がり「留守です。誰も入れるなと言われている」と追い返します。

玉梨は雲風なら居場所を知っているはずだと思いしつこく付きまとうと目撃した薬王は娘は雲風が好きなのだと勘違いします。

スポンサーリンク

 

第39話/送別の宴

薬王が勘違いして天君に告げてしまった事で玉梨と雲風の縁談が決まってしまいます。

玉梨は閉じこもって泣いて嫌がっていると薬王が訪ねてきたので「私が戦神に嫁ぎたいのに何で女ったらしな雲風なんだ」と怒ります。

薬王は勘違いしていた事に気付くが戦神と釣り合うわけないし天君の命が下った以上は拒むことはできません。それを知った玉梨は布団に潜り込み再び泣き始めます。

雲風は命を取り下げて欲しいと願いたいが天君となかなか会えず途方に暮れ噂を耳にした青瑶は動揺して患者の腕を握りしめます。また将軍の開陽は玉梨に好意を抱いていたので雲風と釣り合うわけないと機嫌が悪くなります。

 

仲昊は宝青公主を使って各一族の降伏を試みてから随分と待たされているので役に立たないなら始末しろと命じます。

九宸の密偵である黒蚩は宝青に惚れている欽原に「子の刻に手を下す」とわざと伝え脱走させるのを確認すると部下から脱走したと報告を受け「大事な存在だから傷付けずに捕らえよ」と命じます。

しかし宝青は逃走する途中で赤鷩に助けられるが負傷を負ってしまいます

 

林黙は給金を頂いて豪華な料理を九宸と景休に振る舞い「私は才能も徳もないただの女子です。お二人は桃林小築を出て元の生活に戻ってください」と伝えます。

天君を何とかしてくれと人間界にやってきた雲風は霊汐(林黙)が男と一緒にいるのを見て「命を懸けて命を守り宿まで用意した九宸は追い出すとは冷酷すぎる」と司命に伝えます。

九宸が頭を抱えるなか司命は追い出されたのは相手の男も一緒であり純粋で一筋な性格だから心変わりはしないだろうと励まします。

九宸は強引にいかなければならないと思い「君を娶りたい」と堂々と告げると追い出されてしまうが仙術で大雨を降らし突っ立っていると中にいれてもらえます。九宸は「もう私を追い出すな」と手を握ると黙って出て行かれるが林黙は掴まれた手を見つめます。

また仕事場の目先で商売をはじめた景休から「一緒に中秋節を祝おう」と告げられ林黙は玉を悩ませるが人間界に突如凶獣が現れて街は大混乱となります。

(キャラが完全に変わって幼稚な九宸としつこい景休の争いはもういいってww景休は山霊界は守る方が先決なのではないのかね。それにしても聡明で美しい青瑶が雲風の縁談に動揺するとは・・絶対に似合わないw失礼。)

 

40話からのネタバレ

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました