映画「バイス」ネタバレあらすじと感想/ブッシュ政権の権力者はチェイニー副大統領

 

作品情報とキャストの紹介

ジョージ・W・ブッシュ政権の時に副大統領だったディック・チェイニーの人物像をアダム・マッケイ監督が描いた作品で、第91回アカデミー賞で主演男優賞など計8部門にノミネートされメイク・ヘアスタイリング賞を受賞した。

落ちこぼれの学生だった彼が影の権力者と呼ばれるまでどのようにして上り詰めたのか!!

ディック・チェイニー(クリスチャン・ベール)/リン・チェイニー(エイミー・アダムス)ドナルド・ラムズフェルド(スティーヴ・カレル)ジョージ・W・ブッシュ(サム・ロックウェル)コリン・パルエル(タイラー・ベリー)

感想

先に感想・正直、政界に詳しくない人は私と同じようにこの映画だけ見てもよく分からないと思う。知っていると断定して描かれているように思います。どうやって上り詰めてどのような策があったのかは詳しく説明されていません。一人一人、それぞれの視点から調べながら見るはめになりましたよ。。ただ、間違いなく言葉は悪いですがブッシュを操った人物でありブッシュ政権の時には一番権力を持っていたのだろうとは分かる。ただ、「証拠」が本当かは分からないので、イラク戦争に対してはちょっと怖いですね。

 

 

ネタバレあらすじ/バイス

2001年9月11日、ワールドトレードセンターに飛行機が突っ込み大統領危機管理センターではブッシュ大統領が不在だったために副大統領のチェイニーが指揮に当たった。

ペンシルベニア上空で4機が行方不明であり上空にいるブッシュから連絡を受けたチェイニーはまだ着陸しない方がいい事と議会指導部は隔離したことを伝えます。

皆が混乱と恐怖で不安が押し寄せる中、今までまったく目立つことはなかった秘密主義者のチェイニーは静かに観察して行動する間計画を練り、いざ休んだときにいつの間にか手にしていた権力を手に襲いかかる。

落ちこぼれの学生から影の権力者と言われるまでどのように上り詰めたのか。

 

 

1963年ワイオミング州キャスパー。

大学でオールAの秀才である恋人リンの助けでイエール大学に入学したチェイニーだが真面目に授業に出ることはなく酒を飲んでは飲酒運転で捕まりすぐに退学になりました。

酒を飲んでは飲酒運転や喧嘩で捕まり、態度を改め気を引き締めて世に出るように奮起しなければ別れるとリンは言い放ちます。

女性という理由で名門大学にも行けず経営者にも市長になれないリンは父親が母親に暴力を振るう家庭で育ったので、そんな結婚生活は送りたくないし恋人に期待したいのです。

 

2度と恋人を失望させないと誓ったチェイニーは心を入れ替えワイオミング大学(ウィスコンシン大学に移る)を卒業し結婚しました。

1966年扶養家族条項により徴兵猶予(後にチキンホークと非難する人もいる)。

1968年、ドナルド・ラムズフェルド(通称ラミー)はプリンストン大学レスリング部で主将を務め海軍パイロット出身の下院議員で権力を振りかざし邪魔者は切っていました。連邦会議インターンシップにより経済機会局の議会担当として働くことになったチェイニーは大統領補佐官の助手ラミーの仕事も手伝います。

FOXニュースの創業者エイルズがニクソンのメディア顧問で共和党のニュース局を提案したことなども間に入るので真っ先に知る事になります。

要らないことは何もしゃべらず静かな態度で指示されたことを忠実に成し遂げていくとラミーに気に入られたので権力に身を捧げ上り詰める策を思い付きます。

ニクソンとキッシンジャーが「カンボジア爆撃」について密談しているとラミーから聞かされます。

議会の承認を得ていないと意見すると最大の審議機関ではあるが我々は議員ではないと言われます。理念はどこにあるのかと聞くと笑われドアを閉められてしまいます。

1973年メリーランド州ベセスダ。

ニクソンの側近がラミーを見限ったのでチェイニーは大手金融会社の政治顧問に就き大金を稼ぐようになります。ラミーからブリュッセルでNATOのアメリカ代表大使を務めるから一緒に来いと告げられていたが4歳と7歳の娘がいたので断りました。

政治手腕を磨いていったチェイニーだったが故郷ワイオミング州から妻リンの母親がキャスパー湖で溺死したと知らせが入ります。夫との喧嘩直後であり母親は泳げないので湖に行くわけないとリンは訴えたが捜査は行なわれませんでした。

 

史上最年長34才で首席補佐官

執務室の自動録音をシステムをうっかり忘れていた事でウォーターゲート事件により大統領が辞任します。チェイニーはすぐにラミーに連絡しウォーターゲート事件と関わっていないのでチャンスだと告げます。

フォード新大統領が誕生するとラミーは首席補佐官となりチェイニーはラミーの仕事を補佐します。キッシンジャーが米ソ和解を狙っていたのでチェイニーは潰さなくては口にするとラミーは笑います。

政策立案能力は買われラミーが国防長官に就くとチェイニーは史上最年長34才の若さでアメリカ合衆国大統領首席補佐官となりました。

大統領権限を元に戻したいと思ったチェイニーは後に最高裁万事となる司法省の若きアントニン弁護士に聞くと憲法第2条は大統領に絶対的行政権を付与していると言われニヤつきます。

しかし、

大統領選の夜、ジミー・カーターに負けて失業する事になってしまいます。

 

1978年、ワイオミング州下院選に出馬したチェイニーは演説が下手だと妻に言われます。心臓病により2週間の安静をドクターに勧められると妻のリンが変わりに「反黒人差別、妊娠中絶の合憲判決、環境保護」などを演説し見事当選しました。

大富豪のコーク家などは法人税の支払いにウンザリして右派のシンクタンクに巨額の献金を始め多くの国民の価値観を変えていきました。

1989年まで6期つとめたチェイニーは1987年から1989年の間に下院院内幹事に就任し、妻リンは1986年から1993年まで全米人文化学基金会長を務めました。

FOXニュースは全米1位のニュース局になったころ次女メアリーが同性愛者だとチェイニーは知ります。

スポンサーリンク

 

結末/バイス

レーガンの後にブッシュが大統領に当選するとチェイニーは国防長官に就任します。共和党は反同性愛者を掲げている事もありメアリーを巻き込みたくないのでこれ以上の地位は無理だと思います。

チェイニーは石油関連の巨大企業ハリバートン社のCEOに就任し、リンはアメリカ史に関する著作を何冊か出版しました。

政界を去り公の場にも姿を見せなかったチェイニーは心臓が回復するとトライアスロンの大会に出場して世界を回りました。

ヴァージニア州で幸せに暮らしブリーダーとして授賞犬を生みだした頃、大統領選挙前にブッシュから副大統領にならないかと話しがあります。

自分でも言っていた事だが「副大統領はただのお飾りでしょ」とリンに言われ断ります。しかしブッシュはまだ青二才、経験がなさすぎるのでどこかから崩れるのではないかと頭をよぎります。

副大統領職は行政府の一部で上院の可決で可否同数の場合は決定票に投じるので立法府の一部でもある、つまり行政府でも立案府でもないので主張が成立する。名門臭さを遠ざけるために牧場を買って庶民の生活に近付きます。

そして、

「物事を勘で決める動的なリーダーであるため、官僚の監督、軍管理、エネルギー政策や外交政策など担当できるかもしれない。娘が同性愛者なんで議論には加わらない」とブッシュに告げると彼は喜びます。

チェイニーは83項目の質問に回答せず医療記録や納税記録なども提出しませんでした。

2000年、ブッシュとチェイニーは正式に勝利するが票差はたったの537票でした。

大統領にはゴンザレス、ローヴ、ヒューズがチームとして付くと予想されるが大したことないので我々が大統領に自由に助言できるよう周囲を固めていきます。

チェイニーの首席補佐官スクーター・リビーは安全保障担当と大統領補佐官も兼務し、メアリー・マタリンは副大統領補佐と大統領の補佐官、アディントンはチェイニーの法律顧問、国防長官にはラミーを付けます。

ロビイストや規制業務配置した関係者800人の協力を得てスタッフリストを制作しました。

大統領のメールはすべて自動的にBCCで受信しスケジュールも変更されてもすぐに入手可能になります。

 

下院議長に、下院内に執務室を用意させます。上院にもペンタゴンにも、のちにイラク侵攻情報分析に使うことになるCIAにも防音されても安全な会議室を用意します。

チェイニーは地球温暖化対策をつぶし富裕層の減税を成功させ企業の規制も骨抜きにしました。

そんな時、ワールド・トレード・センターに飛行機が衝突した一報が届きます。ホワイトハウスにも一機向かっていると知らされたチェイニーは大統領危機管理センターに避難します。

国防長官からの電話をうけたチェイニーは「威嚇と見なせば撃墜できる」と自主判断して伝えます。交戦規定の適切な運用なのかと聞かれ「国が攻撃されているのだから例外だ」と返しました。

アルカイダの音声を傍受しビンラディンの犯行だと分かるとラミーはペンタゴンがあたると進言するがチェイニーは「政府存続のために同じ場所にいない方がいい」と止めます。ブッシュはタリバンを崩壊させる能力があるCIAに頼みます。

パウエルとCIAは有志連合と共に数週間でタリバンを崩壊させ、チェイニーはテロを阻止するためにも国民の電話やメールを令状なしに監視できる新法を制定、また憲法や国際法を拡大解釈しねじ曲げました。

~大統領の決定はすべて合法にするべき~

ペンタゴンに特殊作戦室を設置しハイジャック犯モハメド・アタがイラクのスパイと密会している事がわかりつぶす時だと告げます。

サダム・フセインは大量破壊兵器を持っている、このままでは我々に必ず使うはず!!

世論調査では侵攻への支持が53%で参加しない同盟国も出てきます。チェイニーは「フセインを倒すか倒さないかは大統領が決める、権力を握っているのは国連でも同盟国でもない、あなたです」と訴えます。

イラク侵攻時、アメリカ国民の70%が首謀者はフセインだと判断していたがスピーチを行なったパウエルは人生最大の苦痛と回想しました。

イラクとの戦争を勝利で終えるとパウエルの国連演説で名を上げ姿を消していたテロ組織リーダーのザルカウイがそれが原因だと米兵を狙いイスラム国別名ISISの前身となる組織を作り上げていました。

結局、フセインとアルカイダの関係性の証拠や大量破壊兵器も見付かっていません。チェイニーははリバートンの不正受注で捜査を受けます。

またイラク戦争に批判的だったジョセフの妻プレイムがCIAの工作員だと身元を漏洩したとして連邦大陪審が起訴し4人の官僚が辞任し、チェイニーは情報漏洩に関与とイラク戦争の根拠が虚偽と分かり辞任を求める声が大きくなります。

ブッシュに辞任してくれと言われたチェイニーは受け入れ、オバマ政権が誕生した数年後にまた心臓発作を起こし移植のドナーが見付かりませんでした。

もうダメかと思われたが事故に遭ってしまったドナーが見付かり緊急移植でたすかります。権力に家名が継承されるように長女リズの政界進出に全面協力しました。

2016、長女リズは下院選でワイオミング選出として当選、イラク戦争での米兵の死者4550人、イラクの民間人死者60万人、イスラム国による死者推定15万人、その他、大勢の犠牲者が出たが国民の安全を守ってるだけで悪いことはしていないとチェイニーは最後まで謝罪しませんでした。

イラク侵攻後ハリバートン株は500%上昇、ブッシュ政権下で2200万通のメールが消去されていた。

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました