映画「ワイルド・ストーム」ネタバレあらすじと感想結末/巨大ハリケーンのなか強奪計画

 

作品情報キャストの紹介

名匠ロブ・コーエン監督が「ジオストーム」などを手掛けてきた特殊効果のスペシャリストを率いて若手俳優トビー・ケベルを主演に圧倒的迫力に満ちた映像表現で映画化。

街並みを崩壊し大洪水の恐れがあるカテゴリー5のハリケーン。

アメリカ西海岸に史上最大規模カテゴリー5の巨大ハリケーンが迫っていました。住民たちが避難する中、武装集団は財務省の紙幣処理施設を襲撃し6億ドルにも及ぶ現金を強奪しようと計画していた。

最強の災害用特殊車両ドミネーターを操る気象学者のウィルは施設のセキュリティー担当者ケーシーと計画を阻止すべく猛烈な嵐と銃弾のなか奮闘する。

ウィル(トビー・ケベル)ケーシー・コービン(マギー・グレイス)ブリーズ(ライアン・クワンテン)コナー(ラルフ・アイネソン)保安官ジミー(ベン・クロス)など

 

ネタバレあらすじ

ワイルド・ストーム

25年前、史上最大規模カテゴリー5の巨大ハリケーンが街を崩壊しました。少年ウィルと兄ブリーズは父親が運転するパトカーの後部座席に乗っていたが倒れてきた大きな木を避けようとして道を外れ動かなくなってしまいます。

目の前にあった民家に逃げ込むと家ごと横転してしまい少年二人は奇跡的に助かるが外で作業していた父親は亡くなってしまいました。

現在、メキシコ湾上空に位置する熱帯低気圧タミーがハリケーンをキャッチしアメリカ国立気象局は海面温度が高すぎるのを疑問視し災害用特殊車両ドミネーターを操る気象学者のウィルに連絡を入れます。

局長は科学的な測定に従い酷くてもカテゴリー2だと述べるがドローンを飛ばして分析していたウィルは25年前の空模様を思い出し「政府の予算を心配しろ、手遅れになる前に州兵を呼べ」と伝えます。

しかし、直感だけでは大統領に報告できないと言われてしまいます。ウキルはセキュリティーの修理屋を営む兄ブリーズの元に駆け付けハリケーンが来ると教えます。

その頃、住民達が避難をはじめる中、連邦施設(アメリカ合衆国財務省ガルフポート財務局)に古い紙幣を処理するための6億ドルが運び込まれていました。システムがエラーを起こして電話も繋がらなくなり緊急連絡先がブリーズの店だったことからケーシーは急いで向かうが事務所に見知らぬ人がいるのを不審に思います。

ブリーズが避難する前に窓を割れないように防御したいと言うのでウィルは手伝っているとケーシーが発電装置の修理を頼むとやってきました。

 

強奪計画

連邦施設に修理に来たと偽る武装集団が襲撃し麻酔銃で警備員を眠らせ一気に制圧しました。しかし6億ドルの保管庫はケーシーがコードを変えていたのでハッキングしていても開ける事ができませんでした。

ブリーズを連れて連邦施設に到着したケーシーだったが誰もいないことで襲撃に遭ったのだとすぐに分かり銃を手にして出て行くとレーザーポインターを数カ所から当てられます。異変に気付いたブリーズは車で押しかけ助けるが出口をガードされてしまいます。

ブリーズはケーシーを逃がしそのまま武装集団に捕まってしまいました。

ケーシーは必死に逃走するが追っての者と銃撃戦となります。ウィルは兄を迎えに行くためドミネーターで向かっていたがケーシーが危険な目に遭っていたので車両に乗せて助けます。

連邦施設が乗っ取られ兄が捕まったと聞かされたウィルは巨大ハリケーンが接近して事を伝えます。子供の頃からずっと地元にいるため知り合いのジミー保安官の元に逃げ込むが彼も一味の味方でした。

ケーシーは隙を突いて発砲し車に乗り込むとジミーから連絡がいっていた者に追跡されます。猛スピードで逃げるウィルだったがドミネーターはかなり頑丈で出来ているため急ブレーキをかけて追突させると相手の車は吹き飛びます。

ケーシーは降りていって相手の車の中から戦利品を頂戴します。その頃、修理を強要されていたブリーズは治した後に殺されない保証がないので酒を飲むフリしながら時間稼ぎをしていました。

スポンサーリンク

 

通信遮断

ドミネーターに日電離エネルギーを読み取る装置が搭載されています。街には通信タワーが3本しかないため一味の専用回線を突き止めれば遮断して救助を待てるはずだと思い付きます。

一味の通信をしっかりキャッチできるためタワーを突き止めたが時速230キロの強風だったので上での作業は不可能です。もし奴等がやってきたらウィルは戦えないのでウィンチのボタンを教えロープを装着して出て行きます。

ケーシーが銃で追っ払っている間にウィルはタワーにロープをひっかけて戻ります。ボタンを押してタワーを倒すと連邦施設でハッキングしてコードを探っていた者たちはあと一歩だったので悔しがります。

ロープをタワーから外すようケーシーにお願いしたウィルは気象学者の知識を生かし車のホイルを投げてハリケーンを利用して撃退します。

1度コードを間違えると48時間シャットダウンされるので一味はむやみにコードをいじれなくなります。その頃、ブリーズは眠らされて一ヶ所に閉じ込められていた兵士を逃がそうと鎖を切断しようとするがバレて失敗に終わります

ジミー保安官は仲間を引き連れて現われ「せっかく住民を避難させたのに計画は台無しだ。あとは俺がやる」と言い放つが一味を率いていたコナーに撃たれます。

コナーは協力すれば1人2000万ドル払う約束で他の保安官をおさえます。

 

結末と感想

ケーシーは人質を全員解放すれば保管庫の中身を明け渡すとコナーに連絡し生存確認するから声を聞かせるよう要求します。

ブリーズとケーシーを交換する条件でまとまりウィルはモールに呼び出します。

連れられてやってきたブリーズにウィルはタイムを気にしながら「合図でトリックプレーするぞ」と言います。何かやるのだと察知したブリーズはケーシーがガラス窓で出来た天井を破壊すると同時に逃げ出し車に乗り込みます。

一味は上昇気流によって空高く吹き飛ばされ、ケーシーとウキルがウィンチを身体に装着していたことで助かります。

しかし津波が襲い全員が流されます。ウィルは木の棒にしがみついていると船でやってきたブリーズに発見され助かるがケーシーが捕まってしまいます。

台風の目に入り60キロに渡って嵐の真ん中に青天が広がります。兄弟は武装し6億ドルとケーシーを救うため農場に先回りします。

三台のトラックで運び出した一味。兄弟は最後のトラックに飛び移り乗っ取る事に成功するとウィルは前のトラックに飛び移りブリーズはそのまま運転します。ウィルが飛び乗ったトラックではケーシーが格闘していたのですんなり奪う事に成功します。

コナーが運転するトラックを挟み撃ちにしてぶつけながら追い越し進行を妨げアイウォールへ追いやる作戦に出ます。コナーのトラックは空高く吹き飛ばされ、ブリーズは故障したトラックからウィルのトラックに飛び移りハリケーンから逃げるよう走ります。

このトラックには誰も知らない2億ドルがありケーシーはこのままメキシコに目指さないかと笑います。

感想

ちょっと計画する一味のまとまりがなさ過ぎるしハッキングする恋人がアホすぎる。戦うことが出来ない気象学者が最後にトラックに飛び移ったり格闘するのはいかがなものか。

頭を使ってアイウォールに誘い込む形にしてほしかったな。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました