燕山君「朝鮮王朝10代王」史上最悪の暴君と呼ばれる燕山君はどんな人物だったのか?!時代背景!

 

 

~注意~

●これから映画やドラマをご覧になる方は、

内容・結末を知る事になりますのでご注意くださいませ!

 

 

 

※この記事は映画やドラマのネタバレなどではありません。 

 

 

f:id:netabare1:20190314173736p:plain

 

 

●朝鮮王朝10代王・燕山君(ヨンサングン)

 

スポンサーリンク
 

 

1476年10月24日

成宗(第9代王)の長男として誕生!

 

母親は廃妃尹氏(斉献王后・尹氏)~両班(貴族)の娘で美貌を武器に側室になり、正妻だった共惠王后が19歳の若さで亡くなった事で正妻に昇格した。

その後、燕山君(本名ユン)を出産するが成宗が側室たちのところに行くようになり相手にされなくなった事で嫉妬心から精神を病み呪詛の言葉を宮中に持ち込むようになる。

王に女を次々と斡旋したのは貧しい両班出身が王妃になるのを嫌がった成宗の母親・仁粹大妃の仕業だという噂もあるが果たして・・・。

王が気に入った女官を殺害するようになってしまった尹氏は側室に戻され罪を許そうとやってきた王を引っ掻いてしまった事で仁粹大妃が激怒し追放されたのち賜死となってしまいます。

ユンは母親の愛を知らずに孤独に育ち、父親から可愛がられる異母弟・晋城大君=ヨク(後の11代王・中宗)を虐めるなど乱暴な性格となる。また学問や政治には興味を示さず優秀な者たちが側近にいても物事の理解力はありませんでした。

 

1494年12月29日

成宗が亡くなり長男であるユンが18歳で第10代王に即位(王妃は居昌愼氏)

 

秩序を守りおとなしかった燕山君だが子供の頃から厳しく教育されていた事を恨んでおり側近たちを処刑。また曽祖父である世祖を侮辱する記録があると知らされ道義を重んじる士林勢力の官吏を大量処刑しました。この事件は1498年戌午士禍(ムンサファ)とよばれる。

 

燕山君の性格を利用し権力を握ろうとしていたのが側室の朝鮮王朝三大悪女の1人張緑水(チャン・ノクス)任士供(イム・サホン)金子猿(キム・ジャウォン)です。

燕山君は張緑水を寵愛し彼女の望みはなんでも叶え成均館(王朝の最高学府)を音楽や女と遊ぶ酒場に変えてしまいます。

酒・音楽・女に溺れ苦言を呈する者は容赦なく処刑しました。

また王を批判する張り紙が町中に張られている事を知り民がハングルを使うことを禁じました。

 

側近たちにより母親が毒殺されたと初めて聞かされた燕山君は母親の復位に反対する重臣たちを処刑、また母親の死に関係している者を全員処刑し、すでに死んでいる者は墓から掘り起こし首をはねるよう命じました。

また母親の廃位を進言した貴人厳氏貴人鄭氏を縛って殴り頭に袋を被せたあと鄭氏の息子である安陽君鳳安君を呼び出し棒を渡して殺すよう命じました。この時、安陽君は誰か分からず二人を殴り始めるが鳳安君は母親だと気付き泣いて何も出来ませんでした。

燕山君は死ぬまで殴り続けろと命じたあと子供二人を賜死させました。そして母親を死に追いやった仁粹大妃に刀を持ったまま乗り込み脅しました。

この事件は1504年甲子士禍(カプチャサファ)と呼ばれる。

 

1506年9月2日 クーデター発生・中宗反正

 

史上最悪の暴君となった燕山君に対し我慢の限度を超えた朴元宗(パクウォンジョン)を含め重臣たちが反乱を起こします。

特に朴元宗に関しては月山君(成宗の実兄)に嫁いでいた姉が燕山君に辱めを受け自決した事で強い恨みを持っていました。

この時、燕山君の義母弟である晋城大君は幼い頃から何かと虐められていたのでついに自分を殺しに来たと勘違いし自決しようとしたところ妻(後に七日で廃位された端敬王后)に止められている。

暴政を働く王を守ろうとする者などいなかったために簡単に捕らえられた燕山君は王位を剥奪されて江華島へと流され側近は全員処刑されました。また正妻は剥位されて実家に戻され残された王子は処刑、王女は奴婢とされました。

反乱は成功し民たちは喜んだ。

晋城大君は18歳で11代王・中宗となるが愛妻が燕山君の正妻の姪だった事を問題視され廃妃を迫られ離縁する事になってしまいます。この先、中宗は反乱を起こした重臣たちに逆らう事が出来ない王として苦労することになります。

 

島流しにされた燕山君は二ヶ月後に30歳で亡くなりました(1506年11月20日)

王位に就いた期間は1494年12月29日から1506年9月2日

 

 

 

 

 ~燕山君が登場する歴史ドラマ~

 

「 逆賊 民の英雄ホン・ギルドン 」 全話の<ネタバレ あらすじ >を纏めました!!独裁者に立ち向かった民の英雄!重要人物

 

「 七日の王妃 」 全話の< ネタバレ あらすじ >を纏めました。~七日で廃妃となった端敬王后~ 重要人物・感想