韓国ドラマ「優雅な一族」全話ネタバレあらすじ(作品情報キャスト)1話・2話・3話の結末まで

スポンサーリンク

 

作品情報キャストの紹介

イム・スヒャンとイ・ジャンウが共演した韓国ミステリーラブロマンス。

大財閥MCグループ会長のひとり娘ソッキは15年前に母親を家政婦に殺されてからアメリカで生活していました。

名誉会長の祖父が危篤に陥ったという謎の人物からのメールを受けて韓国に帰国すると弁護士ユンドと出会いメールを送ってきた人物を捜すよう依頼し母親を殺した真犯人は別にいると考え事件について調べます。

グループのあらゆるトラブルをもみ消す危機管理チーム長はソッキへの監視を強め、ソッキの存在を疎ましく思う会長や義理の兄弟たちとの対立は深まっていく。

財閥家の裏に隠された悲劇とは、ソッキの母を殺した真犯人とは・・・

ソッキ(イム・スヒャン)ユンド(イ・ジャンウ)ハン・ジェグク(ペ・ジョンオク)ワンス(イ・ギュハン)ワンジュン(キム・ジヌ)チョルヒ(チョン・ウォンジュン)ギョンア(チョン・ヘイン)ファンボ(パク・ヨンリン)など

 

ネタバレあらすじ

 

第1話/15年振りの帰国

アメリカで暮らす大財閥MCグループ会長の一人娘ソッキは謎の人物から「名誉会長の祖父が危篤」と知らされます。

名誉会長が次期後継者にソッキを指名した直後に事故に遭ったので父親であるチョルヒ会長はソッキには知らせるなと指示します。

元判事のハン・ジェグクは一族の不祥事やトラブルをもみ消す危機管理チームTOPを率いており広報チーム長ギョンアと情報保安チーム長ファンボがおもに補佐します。

長男ワンスは酒を飲んではトラブルを起こす問題児、末っ子のソジンは反抗期、後妻ヨンソは若い男と火遊びするので特に監視を強めています。次男ワンジュンはエリートだが誰にも言えない秘密を抱えていました。

TOPがいるからには財閥一族は安泰?!

ソッキが15年振りに帰国すると知ったTOPは旅券を管理しているのにどうしてだと慌てます。監視されているのはお見通しであるソッキは旅券をすり替え到着した時には服装を着替えすり抜けます。

しかしオープンカーで飛ばしていると煽り運転の被害に遭い最終的には衝突してしまいます。男は刑務所に送り込んでやると意気込み弁護士ユンドは示談金を迫ります。

ソッキは偶然にもスマホで撮影していたので煽られていた事が証明され切り抜けるがジェグクが部下を率いて現われました。強引に連れて行かれそうになるとユンド弁護士に助けられそのまま祖父が入院する病院に連れて行ってもらいます。

ユンドが弁護士になったのは濡れ衣を着せられ服役する母親を助けるためでした。ユンドの本名はパク・テホだが息子を亡くし失意の中にいる焼き肉屋店主ジャンスに引き取られ息子の名前を与えられたのです。

 

ソッキは15年前に家政婦に母親を殺され祖父と離れたくないのにアメリカ生活を強いられたのです。基本的に閉鎖的な財閥一族を嫌っており傲慢でとんでもない行動を取るがそれは頼る人がいないからです。

後妻の息子ワンスとワンジュンは覚えているが見た事もない末っ子ソジンがいました。ワンジュンの横に妻スジンがいたので出来ちゃった婚かと言い放つが違うようです。父親チョルヒの子だと知り後妻ヨンソに「やるわね」と笑うが「母親は違う」とソジンは怒ります。

ソジンも財閥一族を閉鎖的に感じているようで自己紹介して握手するが「誰の許可を得て帰国したんだ」と父親に言われ「自分の行動に許可など必要ない」と言い放ちます。

後日、服を買いに行くが専属モデルのチェ・ナリが時間を取っていたので喧嘩を売って騒動となります。駆け付けたジェグクにナリが救いを求めていたので父親の愛人でソジンの母親なのかと驚きます。

ジェグクは騒動をカメラで撮影していた人々や店の人達に口止め料を払って解決させるが偶然通りかかったユンド弁護士は金を受け取りませんでした。

それを見ていたソッキは「母親を殺した犯人は別にいる」と告げ、知らない人から連絡が来たので誰なのか調べて欲しいとユンドにお願いしました。ユンドは探偵じゃないと訴えるが着手金1000万ウォンと言われあっさり引き受けます。

ユンドは知り合いの刑事にストーカーかも知れないから調べて欲しいとお願いするが飛ばし携帯で分かりませんでした。

MCグループからの依頼を受けユンドは訪ねて行くとそこで初めてソッキの身分を知り驚きます。その時、屋上で社員だった娘が事故死して労災が降りず抗議する父親が叫んでいました。

TOPはマスコミを押さえ「このままだと不法侵入で訴えます。息子さんの将来はどうするのか、教育費は弊社が負担します」と飛び降りを阻止しました。モニターを見ていたユンドは「やり方が汚い」と毒突き、同感なソッキは目の前の車に乗り強引に連行しようとする車に突進しました。

 

第2話/10億ウォンの使い道

屋上でMCグループに抗議していた男性が警備員に捕らえられ護送用のバンに乗せられようとしていたのでソッキは社用車に乗り込んで突っ込み億単位の賠償金を払いますと告げます。

飲酒運転をした上に逃亡しようとしたと出頭し「示談金10億用意して、外に記者達がいるから私の正体をバラしていいかしら」と電話します。

振り込みがあった事で被害者は驚きます。

ユンドはMCグループの危機管理チームTOPに見習いとして採用されるがジェグクが持っていたボールペンを見て15年前を思い出し動揺します。

(幼い頃示談金を持って現われ叔父に賄賂を渡し、有罪判決が決まった母親が話が違うと訴えていた人物だ。そして嫌がるソッキをアメリカへ送った人物でもある)

ユンドはソッキの専属弁護士としてTOPに出勤すると大量の資料を渡され精査しろと言われます。

ソッキはユンドに盗聴器付きの万年筆をプレゼントするが雑用ばかりなのでうんざりします。ユン弁護士から会長が自分を後継者に指名していたと聞かされ筆頭株主になるための策を考えるためいろんな情報を求めているのです。

スポンサーリンク

 

MCグループをターゲットにしているキム記者は次男ワンジュンが資金を隠しているとパク理事からの内部告発で知りSNSに流します。

TOPは拡散を防ぐことに全力を注ぐなか、雲隠れしているパク理事をユンドは発見し連れてきてジェグクに引き渡します。

パク理事は昇格できなくて自棄になっただけだと告げると録音されて反論記事に使われ損害賠償を請求されます。提案があるからと連れてきたのにユンドはこれでは自分が嘘つきになると怒ります。

その頃、経営に興味がないと示すソッキは会長から結婚を勧められお見合いを承諾するが中央検事長チュ・ヒョンイルの息子テヒョンだと知らされます。

チュ検事は母親の事件の担当者であり家政婦が殺したなど信用していないソッキはテヒョンに金儲けのために結婚したい奴がどんな面か見たかっただけだと挑発します。

自尊心が傷付いたテヒョン検事はMCグループを調査し始める。

ソッキはユンドに運転させ母親の墓参りをして帰ろうとすると麻薬所持で逮捕されてしまいます。

 

第3話/塀の中の財閥令嬢

テヒョン検事を侮辱したことでソッキは罠に嵌められ麻薬所持で逮捕されキム記者の部下グァンミは偶然にも写真を撮る事に成功します。

ユンドは何も話すなとアドバイスしジェグクに知らせ会議を開きます。

ソッキは事件の担当者がテヒョンだったので驚きます。「罪を認め謝罪すれば釈放する」と脅されるが麻薬なんてやった事もないので罪は認めないし謝罪もしないと言い放ちます。

TOPはソッキを釈放させようとしていたがテヒョン検事がMCグループを調べている事を知り摘発を回避するため、また経営権を奪うチャンスだとしてソッキを見捨て「罪を認めるよう説得しろ」とユンドに命じますう。

偽りの証拠を作られ拘置所送りになっても罪を認めないソッキ、

孤立無援の中、調査に乗り出すユンドは当日のことを振り返って見ると店でバッグを手放している事や記者が尾行していた事を思い出します。

広報リーム長・ギョンアがキム記者を誘惑し証拠は消されていたがユンドの説得によりグァンミは取材を条件にコピーを提供してくれました。

なんとそこには次男ワンジュンの妻スジンに命じられた前科者がソッキのバックに薬を入れる場面が映っていました。ユンドは検事に証拠を突き出し無事にソッキを釈放させる事に成功しました。

 

全話一覧/優雅な一族

1話から3話はこのページになります

15年振りの帰国/10億ウォンの使い道/塀の中の財閥令嬢

 

4話から9話までのネタバレ

真の権力者/殺人犯の息子/祖父との別れ/正式採用/あなたは何者?/3人目の母

10話から最終話までのネタバレ

和解申請/1人の人間の歴史/甘い誘惑/突然の逮捕/大逆転/運命の日

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました