贅婿(ぜいせい)全話ネタバレ感想・あらすじを最終話の結末まで紹介

作品情報・キャスト

布商を営む蘇家の贅婿(婿養子)に転生したビジネスマンが現代の記憶を活かして困難を乗り越えてゆく痛快歴史ドラマ

大手企業の幹部・江浩辰は何者かに襲われ意識を失う。目を覚ますと武王朝で布商を営む蘇家の娘・蘇檀児の贅婿(婿養子)・寧毅に生まれ変わっていた。

「家業を継ぐ証である実印を檀児が手に入れたら寧毅の借金と二人の婚姻は帳消しとなる」という契約を檀児と交わし離縁状まで用意する。

檀児に横恋慕する烏啓豪や檀児に代わって家業を継ぐことを目論む叔父親子から数々の嫌がらせを受ける寧毅たちだが知識を存分に発揮して夫婦で協力しながら実力で相手をやり込める。正式に家督を継ぐことを認められた檀児だったが、それは同時に寧毅との婚姻解消を意味していた。

寧毅(グオ・チーリン)蘇檀児(ソン・イー)劉西瓜(ジャン・イーイー)耿直(ワン・チョンスー)蘇文興(リウ・グァンリン)鳥啓豪(ダイ・シアンユー)など

 

華流ドラマ「おすすめ10作品」はこちら

 

全36話で紹介

 

ネタバレ感想/贅婿

 

第1話・契約

8年連続で掲載されていた経済小説の打ちきりが決定してしまい江皓辰は物語を終わらせるために結末を書き終えます。

するとアイデアが浮かび同じ人物を主人公にしたコメディー小説を書き始めます。

 

何者かに襲われ意識を失った江皓辰は目を覚ますと現代から武王朝に転生した寧毅(ニン・イー)になっていました。

婿殿がお目覚めだと騒ぎになっており寧毅は侍女の小嬋(シャオチャン)を捕まえいろいろ訪ねると江寧三大布商の1つである蘇家にいることが分かったがお嬢様・蘇檀児の贅婿(婿養子)だと知らされます。

礼服を着せられ妻となる蘇檀児をこっそり見に行くが花嫁衣裳を試着していた牛ばあやを見て勘違いし逃げ出します。

 

蘇檀児(スー・タンアル)は窮地に陥ると従兄の蘇文興から虐げられるが机の下に隠れていた寧毅が我慢ならず出てきたので驚きます。

「大義を口にしているがようはあんたら父子は店の権利が欲しいだけだろう。女が店の管理をして何が悪い」

新店は蘇檀児が任されることになり安堵する寧毅は婚礼は考えさせてくれと主に頼むが妻の姿を目にしあまりの美しさに膝から崩れ落ちます。

寧毅はこんな美女が妻になるのかと喜ぶが実印を手に入れるために借金がある自分と契約を交わすのだと知って落胆します。

護衛隊長・耿直と小嬋に見張られ招待客の顔を覚えさせられた寧毅は翌日、婿入りとなるために輿に乗るよう強いられます。

(寧毅を殴ったのは蘇檀児を外に嫁がせ実印を手に入れたい蘇檀児の従兄・蘇文興の父親の仕業かと思っていたが寧毅が見た夢を見ると蘇檀児の父親なのかな?だけど目的が分からない。ってゆうか父親なのかも分からない、笑。まだ家族構成がいまいち分からんw)

 

第2話・婿殿の機転

輿に乗って蘇府に到着した寧毅は男が花嫁だと集まった民たちから笑われます。

蘇文興は恥をかかせてやろうと客人を集めてやってきます。蘇檀児が心配で見守るなか寧毅はまったく覚えていなかったがお祝いの言葉が欲しいとお願いして一筆書かせ、それを見て名前を呼び感謝を伝えます。

 

寧毅と蘇檀児は向かい合い夫婦の契りを交わそうとすると烏家の長男・烏啓豪が現れ「私を嫌っているのではないことは分かる、蘇家を離れたくないのだろう」と蘇檀児に言います。

蘇檀児が商いをする間柄なのだから勘違いしないでと発言したため寧毅は勝ち誇るが子を連れた女が酷いと泣きながらしがみついてきます。

婿養子になるために妻子を捨てるような人が蘇家に入れるのかと烏啓豪は叫ぶと、寧毅は親子鑑定を強いられるが古臭いデタラメなやり方だったので烏啓豪も息子だと告げます。

そして血液が交ざることを証明し、「お前が息子でないと言うならこの子も違うよな?婚儀を台無しにしたのだから謝れ」と烏啓豪に言い放つと蘇檀児の母親は面白い人だと認めます。

 

あらためて婚儀が執り行われ寧毅と蘇檀児は夫婦となります。初夜を迎えちょっぴり期待する寧毅だったが蘇檀児は新店に向けての準備に忙しく小部屋に行くよう言われます。

婚儀に顔を出さなかった舅から蚊よけのお香が届き部屋にぶら下げます。

寧毅は蘇文興に見下されつつも茶を入れろと言われ従うが何度もさせるので茶を顔にぶっかけ、向かってきた蘇文興を返り討ちにして叩き潰します。

そんな勇気があったのかと耿直に称えられたので「お前も密かに足払いして転ばせただろう」と褒めます。

(蘇檀児の父親が謎なんだよな。どうでもいいけど口だけ番長の蘇文興、どこかで見覚えがあると思っていたら「始皇帝天下統一」で趙の丞相を演じていた人だ。キャラがまったく一緒w)
スポンサーリンク

 

第3話・開業

新店を準備を勧めていた蘇檀児だが屋根に穴が開き豪雨によって目玉商品の暮雲紗が濡れてしまいます。

蘇仲堪はここぞとばかり経験がない女に任せるのが間違いだったと訴え知州と県令が来るのに根に持たれたら商いに支障が出ると追い込みます。

蘇檀児が暮雲紗を宣伝していたために並んでいた客からは商品は本当にあるのかと訴えられます。

どうしたらいいか話し合っていると、ここぞとばかり蘇文興がニヤニヤしながら現れ共同で店を営むなら後始末は付けてやると言います。

寧毅は客のもとに向かう蘇檀児に自分が行くと止めて開業し割引イベントで客を引き付けます。

 

ならず者を雇って客に暴動をけしかけていた蘇文興は開業日に驚くほどの利益をたたき出したので父と共に悔しさを隠しきれずにいました。

寧毅は実印を奪うために蘇文興が屋根に穴を開けさせ店で騒ぎを起こさせたのだと蘇檀児に告げます。証拠はないとがっかりされるが証人と物証はあると足跡を見せ、警戒させるより泳がせて動きを探ったほうがいいと勧めます。

寧毅は芸館で遊び酔っ払うと蘇仲堪が離縁して追い出すべきと訴えたので蘇檀児は家で反省させ男徳学院に通わせると蘇家主に言います。

 

(蘇仲堪と蘇文興はいちゃもん付ける事しか頭にないのね。自分たちの店があるのにやたら暇人なのよねwまぁ~蘇文興は無能だから陥れられることはないと思うけどもw)

 

第4話・男徳学院

芸館で遊んでしまった寧毅は入り婿の心得を学ぶため男徳学院に送られます。

贅婿の分際で芸館に行ったのかと皆に驚かれどんな場所なのか話してやるが、大した過ちを犯してもいない贅婿たちの悲哀を知り夫婦は平等であって人権があるだろうと訴えます。

今まで黙って耐えていた贅婿たちは反発するようになり学園を出て行く寧毅に声援を送ります。

寧毅は湖を散歩していると秦嗣源と康賢が囲碁をしていたので眺めます。声をかけられ囲碁に誘われると康賢は皇帝の娘婿で駙馬であり更に男徳学園の院長だと知ります。

 

蘇檀児の店で偽物の伝票が大量に出回り客が騒ぎ出します。役人がやってきて詐欺かと疑われたので暮雲紗がないのに自分たちで偽物を作って売るはずないと訴えます。

すると蘇文興が慌てたフリをしてやってきて「このままでは店が封鎖されてしまうから、うちらが持っている暮雲紗を使えばいい」と訴えてきます。

蘇檀児は感謝すると共同で管理するのが条件だと言われます。大量の伝票を渡したら偽物が出てくると最初から気付き手を打っていた寧毅は駆け付け「そろそろ演技は終わりだ」と蘇檀児に告げます。

本物の伝票は濡らすと蘇檀児のサインが浮かび上がるようになっており役人に見せて証明すると寧毅は「蘇氏布店の印を持つ者が犯人だが一人しかいないな」と蘇文興に目を向けます。

 

役人に連行されそうになった蘇文興は使用人のせいにして誤魔化したので蘇家主のもとに連れて行きます。

蘇仲堪は仕方なく従妹を罠に嵌めるとは何事だと主の前で息子をひっぱたきます。寧毅は実印が欲しい気持ちは分かるしまだ子供だから投獄する必要はないと寛大な心で止めてやるが形だけのお仕置にしましょうとトゲだらけの枝を渡します。

(すべて返り討ちにするから安心して見てられるwっというより叔父親子が無能なのかwそういえば偉そうに婚儀を邪魔し勝手に蘇檀児は自分を好いていると勘違いしていた烏啓豪はどこへいったのだろうw)
スポンサーリンク

 

各話あらすじ一覧/贅婿

1話2話3話4話(ページ内)

蘇家の蘇檀児の贅婿・寧毅に転生した江皓辰は彼女が実印を手に入れたら借金を帳消しにする契約を交わし婚儀を挙げる。蘇檀児の従兄・蘇文興は実印を入手したいがために嫌がらせを頻繁にしてくるが寧毅が知識を生かして妻と店を守る

第5話~16話まで

5話6話7話8話

父親の援護もあり実印を手にした蘇檀児だが同時に離縁を意味するので困惑します。濮園詩会が迫ると烏啓豪の嫌がらせで妓生が見つからず悩むが寧毅が知り会った聶雲竹を連れて行き助ける。寧毅は離縁状を紛失したと遠回しに告げると蘇檀児からキスされ・・・

9話10話11話12話

江南の絹を烏啓豪に買い占められた蘇檀児は頭を悩ませるなか寧毅は皮蛋料理のフランチャイズをはじめる。秦嗣源に取り入ろうとする韓徳成から頼み事をされた寧毅は蘇文興たちが隠し持っている絹を蘇檀児に渡すよう条件を出す。資金難に陥った烏啓豪は多額の借金をすると・・・

13話14話15話16話

烏家を破産させた寧毅は合図を送り皮蛋の屋台を蘇氏布店へと変え一気に江寧一の商人に成り上る。朝廷に復帰した秦嗣源は軍需庫の存在を明かし北伐を訴えるが・・・/蜜月旅行に発つ寧毅は山賊に襲われる官兵を目にし・・・

第17話~28話まで

17話18話19話20話

霖安が賊に占拠され寧毅は秦嗣源のヒ首を使って武徳営と戦います。蘇檀児たちを船に乗せて脱走させるが将軍がきになる寧毅は戻ると見物していた覇刀営の劉西瓜に気に入られ軍師になるよう強いられる。脱出を試みるが・・・

21話22話23話24話

食糧調達の名目で見事に覇刀営を脱出した寧毅だったが民たちをほっとく事が出来ず県の役所に乗り込んで調達する。また見事な策略で宣威営の食糧をすべて出させることに成功、劉西瓜と陳凡は敬服する

25話26話27話28話

覇刀営を抜け出す寧毅だったが蘇檀児が賊にさらわれたと聞かされ戻ります。8陣営全員を招いた百官宴を開き妻を連れ去った者を突き止めるが行方は分からず。しかし劉西瓜が仕立てさせた衣の生地に蘇檀児の作った防水布が使われていることに気づくと妻をいたぶっていた楼書恒に激怒し発砲する

29話~最終話(36話)

29話30話31話32話

董道甫が率いる大軍が霖安に迫るなか寧毅は軍需庫を占拠しようとするが耿直が命を落とし鮑文翰を射殺する。方天雷から離縁して劉西瓜を娶れと強いられる寧毅は婚礼を利用して董将軍をおびき寄せるつもりだと気付き・・・

33話34話35話36話(最終話)

寧毅の策略により董将軍が8陣営を殲滅し方天雷を捕らえ霖安に平和が訪れる。覇刀営が方天雷の救出を計画していると知った寧毅は劉西瓜たちを守るために策を講じ、同時に背後にいる黒幕を吐かせる。そんな中、靖国の君主・百里弘亟が大軍を率いて来襲、陛下が和議に応じることで人質として秦嗣源は向かうが・・・