贅婿(ぜいせい)ネタバレ感想と17話~20話あらすじを詳しく(キャスト)

作品情報・キャスト

布商を営む蘇家の贅婿(婿養子)に転生したビジネスマンが現代の記憶を活かして困難を乗り越えてゆく痛快歴史ドラマ

大手企業の幹部・江浩辰は何者かに襲われ意識を失う。目を覚ますと武王朝で布商を営む蘇家の娘・蘇檀児の贅婿(婿養子)・寧毅に生まれ変わっていた。檀児に横恋慕する烏啓豪や檀児に代わって家業を継ぐことを目論む叔父親子から数々の嫌がらせを受ける寧毅たちだが知識を存分に発揮して夫婦で協力しながら実力で相手をやり込める。正式に家督を継ぐことを認められた檀児だったが、それは同時に寧毅との婚姻解消を意味していた。

 

寧毅(グオ・チーリン)蘇檀児(ソン・イー)劉西瓜(ジャン・イーイー)耿直(ワン・チョンスー)蘇文興(リウ・グァンリン)鳥啓豪(ダイ・シアンユー)など

 

「贅婿」全話あらすじ一覧はこちら

全36話で紹介

 

ネタバレ感想/贅婿

 

第17話・霖安視察の波紋

賀元常から糾弾された秦嗣源は追及される前に表舞台から退いている間に内密に火薬を準備し軍需庫を建設した罪を認めます。

朝議で糾弾されることを読んでいた秦嗣源は側近の者たちにも賀元常に賛同するよう指示しており、警戒心を解いた皇帝は武王朝繁栄を願ってのことだと受け止め減給と半級降格の軽い処分としました。

 

霖安にやってきた寧毅たちは賑う市に足を運び楽しんでいると炊き出しをする老人の銭希文を見かけます。蘇檀児は幼なじみの女性である楼舒婉に会いに行くが寧毅はずっと文通をしていたと知り男だと勘違いして尾行します。

蘇氏布店そっくりの店に入っていったので霖安に来たのは旧情を深めるためだったのかと乗り込み銃を構えると相手が女性だと気付き、心配で取り乱してしまったんだと甘えながら謝罪します。

楼家に案内されると楼舒婉の兄・楼書恒が蘇檀児を目当てにやってきます。酒席を用意し強引に腕を掴んで連れて行こうとしたので「霖安を牛耳っているのか知らないが汚い手を放せ」と寧毅は言い放ちます。

3つ数える前に放せと要求するが従わないので銃を撃って頭飾をふきとばします。楼舒婉と蘇檀児の仲で手加減したがそれがなければ今頃骸になっているぞと言い放ち妻を連れて出て行きます。

 

霖安に密かに屋敷を買っていた寧毅は蘇檀児を驚かせて喜ばせます。男徳学院の仲間たちもやってきたので最大の商業の中心都市・霖安の市場を牛耳れば国の半分の市場を握るのも同じだと説明し出店することを告げます。

(楼書恒ってクズ人間ですね。牛耳っていると威張りながら寧毅から攻撃されると何も言い返せないwそして妹には殴るは命令するはで何なの本当に!!せっかく耿直が好きな人は楊女将でおそらく実らない恋だとは思うがwほっこりしていたのに)

 

第18話・襲われた街

霖安の街が賊に襲われ頭目の養女である劉西瓜と陳凡はどちらが多く斬るかを腕比べしていました。

購入した屋敷で酒盛りしていた寧毅たちは全く気付かず、翌朝街を出歩くと死体の山と悲鳴で異変に気付き屋敷に戻って身を潜めます。

逃げてきた楼舒婉を迎え入れると賊がやってくるが前に助太刀した袁定奇に助けられます。楼舒婉は一旦家に帰ることにし寧毅たちは逃げる手はずを整えます。

そのころ、劉西瓜は物はさておき女を浚う賊が多かったので懲らしめると鮑文翰の命だと知り敵意を抱きます。また陳凡も悪行三味の者を懲らしめ鮑文翰の指示だと把握します。

劉西瓜は鮑文翰のもとに押し掛け仲間全員に女房をあてがう気かと非難し、宣威営を街に入れたのは略奪のためではないと言い放ちます。

 

寧毅は秦嗣源から贈られたヒ首を手にしていると袁定奇から自分は密偵司だと言われ指揮使殿下に拝謁をといきなり跪かれます。

蘇檀児たちを先に埠頭に逃がす寧毅は賊と戦うために兵を集めるよう武徳営に命じました。

(なにこれ、ややこしいな。賊といっても劉西瓜と陳凡も統領と呼ばれているし二人も官兵を斬って腕比べしているから善人とはいえないが宣威営には敵意を抱いている。いっぺんに襲撃してくるから全員味方だと思いますよね。よくみると山賊と宣威営は服装が違う。)
スポンサーリンク

 

第19話・霖安陥落

寧毅はうどんを食いながら呑気に鮑文翰を待ち構えると屋根の上では楽しそうに劉西瓜と陳凡が見物していました。

鮑文翰はめんどくさい奴だと殺害を命じるが寧毅は火薬で爆破させ足止めします。そして銅線に火をつけると皆が隠れだしたのでその隙に逃走して隠れると袁定奇だけでなく劉西瓜と陳凡にも助けられます。

 

賊と官軍は激しい戦闘を繰り広げ、埠頭にまで逃げ切った寧毅だが将軍たちを見捨てられず蘇檀児たちを船に乗せて引き返します。

戻ってきた寧毅の姿を目にした劉西瓜と陳凡は笑みを浮かべます。

そのころ、賊が占領した軍需庫に頭である方天雷が現れ火薬があれば百戦錬磨だと笑みを浮かべます。

方天雷が霖安を占拠して城門をしめ武徳営はほぼ全滅だと知らせを受けた皇帝は北伐する予定の董将軍に10万の兵を預け南下を命じます。

 

寧毅は目を覚ますと陳凡に付いてこいと言われます。覇刀営に連れていかれると劉西瓜が待ち構えており軍師となって協力しろと強いられます。

(いまだにややこしい賊だが草原で生きる人たちと同じ構図ってことね。そして覇刀営のトップは劉西瓜で女だと馬鹿にされるから男の名前・劉大彪を名乗っているとゆうことでいいのかな?最初に会った時の袁定奇の説明が適当だったなw)

 

第20話・賊の軍師

霖安が賊に占拠され蘇檀児と寧毅たちが行方不明だと知った蘇仲堪と蘇文興は二人を助け出すと名乗り出ます。

出て行こうとすると蘇家主から護衛を用意されるが時間が勝負だし逆に気付かれるが二人で大丈夫だと告げます。蘇文興は何で危険を冒してまで霖安に行くのだと不満を口にするが蘇仲堪は耿直が書いた地図を持っており旅行を楽しむ気でした。

「無事に戻れば功績が称えられ店を手に入れられる、戻るときに狼狽した様子を演じ道中の苦労を報告すればいい」

 

秦嗣源は南下することになってしまった董将軍に「北伐は任せてくれ」と告げ送り出します。

劉西瓜から軍師になるよう強いられた寧毅はぴったりと監視されているので身動き取れません。男徳学院の仲間たちも賊に捕らわれ楼家の者たちも帰順を余儀なくされるが人望ある銭希文だけはかたくなに拒否していました。

寧毅は監視の者たちに軍師として雑用を命じるが護衛たちもいたので全員集めて賭け事を教えて油断させます。

そしてそっと出て行くが陳凡に見つかってしまい連れ戻されます。

 

寧毅は仕方なく軍師としての役目を果たすため治すべきところを劉西瓜に伝えるが陳凡に報告書の確認の邪魔をされたあげく部屋にも閉じ込められた身動き取れないとチクります。

蘇仲堪と蘇文興は自分たちも旅行を楽しもうと思っていたが耿直の地図がデタラメだったために寧毅たちと同様に散々な目に遭います。

(あれだけ襲撃して民を斬っていたのに殺戮はダメだと方天雷は言ってましたねwどうゆう事よ。ってことはつまり悪者は鮑文翰が率いる宣威営だけって事でいいのよね、たぶん。ただ方天雷は火薬を手に入れたときに松明をもっていた二人の首をへし折ってたけどなぁw)

21話からのネタバレ