贅婿(ぜいせい)ネタバレ感想と21話~24話あらすじを詳しく(キャスト)

作品情報・キャスト

布商を営む蘇家の贅婿(婿養子)に転生したビジネスマンが現代の記憶を活かして困難を乗り越えてゆく痛快歴史ドラマ

大手企業の幹部・江浩辰は何者かに襲われ意識を失う。目を覚ますと武王朝で布商を営む蘇家の娘・蘇檀児の贅婿(婿養子)・寧毅に生まれ変わっていた。檀児に横恋慕する烏啓豪や檀児に代わって家業を継ぐことを目論む叔父親子から数々の嫌がらせを受ける寧毅たちだが知識を存分に発揮して夫婦で協力しながら実力で相手をやり込める。正式に家督を継ぐことを認められた檀児だったが、それは同時に寧毅との婚姻解消を意味していた。

 

寧毅(グオ・チーリン)蘇檀児(ソン・イー)劉西瓜(ジャン・イーイー)耿直(ワン・チョンスー)蘇文興(リウ・グァンリン)鳥啓豪(ダイ・シアンユー)など

 

「贅婿」全話あらすじ一覧はこちら

全36話で紹介

 

ネタバレ感想/贅婿

 

第21話・脱出の手だて

覇刀営の劉西瓜は見ず知らずの者を軍師にするなと陳凡に言われるが最初に見物していた時に寧毅が烏啓豪と名乗っていたのを耳にしていたので彼の名前は烏啓豪だと教えます。

部下に調べさせると品性は卑しく贅沢三昧で色魔だと聞かされ距離を保つから近付くなと命じます。

蘇檀児が無事か確かめたい寧毅は外に出るための令牌を奪おうとして接近したために攻撃を受けるが勘違いしていることに気付き烏啓豪でも色魔でもないと告げます。

謝罪された寧毅は令牌を授かり自由に歩けるようにはなったが外出だけは許されませんでした。

 

賊から民を守る女侠・陸紅提は伝書鳩が飛んできたので確認すると「霖安の方天雷を始末しろ」と書かれており空の馬車を発見し霖安に向かいます。

馬車を奪われるのを呆然と見送っていた蘇仲堪と蘇文興だったが銀子を馬車に入れていることを思い出し急いで追いかけます。

 

寧毅はロープを使って脱出を図り成功したかに見えたが先に捕まっていた男徳学院の学友たちが同じことを考えていてロープを引き上げた事で失敗に終わります。思いもよらない再会となったが逃げようとしていたのが陳凡にバレてしまいます。

学友は地下牢に入れられ、寧毅は城壁修繕の監督中に逃亡犯4人を捕まえたのに陳凡に陥れられたんだと劉西瓜に告げ誤魔化します。そして無理にお見合いさせられた劉西瓜を持ち前の話術で助けてあげます。

(陸紅提に命じたのは秦嗣源ですよね。確か伝書鳩を飛ばしているシーンがあったような気がする。劉西瓜と陳凡とは友達になれそうねw)

 

第22話・一計を案じて

最初に帰順した楼家だが毎月1万両の献上を強いられて有り金をすべて没収され店も封鎖されます。父兄から何とかしろ叱責された楼舒婉は途方に暮れていると宣威営を率いる鮑文翰に目を付けられ逃げ出します。

お前が犠牲になれば楼家は助かると兄に言われた楼舒婉は・・・

 

劉西瓜たちは宣威営に食糧を奪いに乗り込むが待ち構えていた鮑文翰たちに囲まれてしまいます。

逃げないよう拘束されていた寧毅は自力で解き、地下牢に入れられていた学友たちを救出し逃亡を図るがまたしても見つかってしまいます。逃亡を企むとはけしからんと再び裏切って誤魔化し投獄します。

警備を強化しないとダメだろうと叱責して地下牢を出て行き、食糧強奪なら自分に相談しろと劉西瓜に訴えます。

荷車と人を用意してくれれば10日もあれば民たちに配れると豪語すると劉西瓜は気に入ります。人選して学友たちを救出すると護衛として陳凡も同行を命じられたので痺れ薬を密かに手に入れます。

 

(これはそのまま逃げる気かしらwだけど出て行くときに覇刀営に取り残されている民たちを見ていたから普通に調達して戻るかな・・・だけど、痺れ薬がw)
スポンサーリンク

 

第23話・食糧調達

食糧調達の名目で見事に覇刀営を脱出した寧毅は護衛として同行していた陳凡に眠らせます。

人選した民たちを難民を収容する宿場がある交易路に案内し学友たちと共に江寧に向かおうとしたが霖安に家族が閉じ込められている人々と出くわします。

家族を助けてほしいと泣きつかれた寧毅は心を打たれ民たちのために残る決意を固めます。

 

食糧を調達して霖安にいる全員に食べさせると約束すると先ほど交易路まで案内した民たちも手伝うと戻ってきます。

寧毅は交渉のため県の役所に乗り込むと無礼だと叱咤されるが秦嗣源にもらったヒ首を見せて黙らせます。500石の大量の食糧を集めて運び出すと荷台の上で目覚めた陳凡はいつの間に調達したのだと驚きます。

まさに仙人だと信じた陳凡は寧毅に頼まれ功労者である学友たちの部屋を用意します。劉西瓜はやたら陳凡が寧毅の肩を持つので一晩で何があったのかと困惑するがすぐに民たちに配るよう命じます。

(もうさ、宣威営を率いる鮑文翰が気持ち悪いんだけど。何で仲間なの?そして何でこんな人に従っているのかしら。さっさと民を苦しめる宣威営を落とせば食糧の問題なんてあっさり終わるのに・・・)

 

第24話・霖安の今

方天雷は完成した銃を検品しに行くが武器職人の造反と襲撃してきた女侠・陸紅提のせいで銃がすべてダメになり激怒します。

馬車を盗まれすべての銀子も失った蘇仲堪と蘇文興は頼みの綱である寧毅がいる霖安を必死に目指していました。

鮑文翰に目を付けられている楼舒婉は兄だけでなく父親も自分を売ろうとしていたのだと知り絶望して入水するが寧毅に救出されます。

 

寧毅は食糧を民たちに売って稼いでいる現場を宣威営に見せると、まったく売れずに困っていた鮑文翰は値段を安くして売り出します。

寧毅はどんどん値段を下げて宣威営の食糧をすべて出させると鮑文翰が文句を言いにやってくるが実は売っていたのは木くずや砂利であり勝手に勘違いしたんだろうと言い放ちます。

見事な神業に劉西瓜と陳凡は敬服します。

楼舒婉は宣威営を自ら訪ね・・・

(楼舒婉の父兄はなんなの、最低もいいところ。楼舒婉、自ら訪ねるのはまさか楼家を助けるためではないでしょう。やっちまってくださいw)

25話からのネタバレ