へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 善徳女王 」< ネタバレ あらすじ > ②王権を取り戻す決意・花郎となった徳曼トクマンは自分が王女だと知る!

 

前回の<ネタバレ・あらすじ>は⇒①新羅を牛耳る美室”ミシル”の存在・双子が生まれ妹王女を隠す王様・天明”チョンミョン”王女の決意

 

 

f:id:netabare1:20170712123151j:plain

 

< ネタバレ あらすじ >  善徳女王 ②

 

王宮殿に1年振りに天明”チョンミョン”女王が戻り真平王は喜びます。

チョンミョンは命の恩人である龍華香徒を率いる花郎キム・ユシンの主となり父キム・ソヒョン一家を都・徐羅伐に連れて行く事に決めます。

ソヒョンが山賊を鎮圧していれば如来寺が襲撃される事はなかったとミシルから反対されるがチョンミョンはポジョン(ミシルとソルォンの子)が襲撃に関わっていると言い放ちます。

しかし徳曼トンマンに治療され小屋から抜け出したポジョンが戻ってきてしまったため証明する事ができなくなってしまいます。

その頃、詐欺師のチュクバンとコドは謝礼金目当てにポジョンを売ろうとしていたが相手がミシルだと知り逃げていました。トンマンは2人が連れ去られるのを目撃し後を追いユシンに助けを求め騒いでいると龍春ヨンチュンがやってきます。

如来寺での出来事を知っているトンマンは王様の前に連れて行かれポジョンが身に付けていた指輪を見せ現場にいた事を証明しました。

また謝礼金を用意しポジョンを探していたミシルにチュクバンとコドをどこへ連れて行ったのかと聞きました。

真平王は今はまだ無力であり追及すれば兵力で対抗されると思い、ソヒョン一家を徐羅伐に呼べるだけで良しとし孫の春秋チュンチュが誕生していた事を知り喜びます。

チョンミョンは花郎倒率の任務に就きトンマンだけでなくチュクバンとコドを救い龍華香徒の郎徒にしてユシンと共に徐羅伐に迎え入れました。

トンマンは礼拝堂に自分の命を狙っていたチルスクの名前を見付け自分が何者なのかを調べるためにも男装し厳しい訓練に耐え逞しく育っていきます。

 

百済軍に攻め込まれ速含城が陥落してしまいます。ハジョン(ミシルとセジョンの子)が1万の兵を率いて奪還しようとしたが百済軍は更に攻め込み龍南城まで進軍します。ハジョンでは勝てないと思ったミシルはソルォン(ミシルの情夫)に軍の全権を与え向かわせるべきだと進言しました。

王様はソルォンに速含城を必ず奪還せよと命じチョンミョンは他の花郎から見下されていた龍華香徒にアルチョン(徐羅伐10花郎 飛天之徒の長)に編成し戦地に行くよう命じました。 

ソルォンはソヒョンの部隊、ソクプム(徐羅伐10花郎 青龍翼徒)、アルチョンを陣営に残す事に決めます。アルチョンに編成された龍華香徒も残る事になるがソルォンはユシンだけは奪還作戦に加えると言いました。

それは陽動作戦であり敵をソヒョン部隊に集めさせ早含城を奪還したあと包囲されているソヒョン部隊に撤退命令を伝えに行かせるためでした。

 

囮部隊にされたユシン達だが命を懸けて戦い奇跡の生還を果たすとミシルは驚きます。死地から戻ったソヒョンは兵部の大監に任命され貴族として和白会議に参加する事になります。また命懸けで任務を遂行したユシン率いる龍華香徒は10花郎から花郎として認められました。

ソヒョンの出世を拒む者が命を狙うが失敗に終わります。トンマンは濡れ衣を着せられ刺客だとして拷問を受けるがユシンが真犯人を捕まえました。

またチョンミョンが助けようと駆け付けてしまった事でトンマンはそこで初めて王女だと知り驚きます。

ミシルから新羅の王権を取り戻すためにはトンマンとユシン、両翼が必要だとチョンミョンは決意を伝えます。

スポンサーリンク
 

ミシルがどのようにして絶大な権力を得たのか力の源を探るとムンノの護国仙徒を引き継ぐイムジョンがムンノ直筆の書を見付けていました。そこには「サダハムの梅」と書かれてありサダハムはミシルの初恋の相手だが何か意味がある言葉だと疑います。

トンマンとユシンはムンノの書があったヨハム山のタンチョン岩を探りに行くと摩掲陀国(インドの一部)の使節団が「サダハムの梅」を持ってくる事を知ります。

トンマンは使節団のチャン大人が「サダハムの梅」を持っている事を知り部屋に侵入するとそこには母親ソファの名札と自分が赤ん坊の時に来ていた産着と本がありました。

これはチルスクがミシルに渡すようチャン大人にお願いしていた事でした。

一方、ミシルの元に「サダハムの梅」が届けられました。サダハムの梅とは「大明暦」の事でありサダハムから与えられた品でした。ミシルは大明暦を使いあたかも自分の儀式で雨を降らしたように見せ掛け神通していると思わせたのです。

ミシルは月食が訪れる前日に伽耶人を追放しなけれは月が光を失い三日以内に実行しなければ大惨事が訪れると告げました。後日月食が起こり皆がミシルに怯えるようになります。

 

チャン大人からチルスクの手紙が届けられ生きている事に驚いたミシルはチルスクを探すよう命じました。手紙には侍女と王女を始末したと書かれていたがチルスクは砂嵐に巻き込まれた時にソファを助け一緒に新羅に戻っていました。

トンマンはチルスクを見掛け目が見えない事を知ります。

チョンミョンにチルスクが生きて戻ってきた事を伝え彼の任務はミシルに命じられ赤子と侍女を探す事だと伝え自分は命を狙われた事を話しました。

またミシルが描いた絵に自分が持つソヨプ刀が描かれておりチヌン大帝の物だと知ります。今現在誰が持っているのか調べるよう頼まれたチョンミョンだが行方を訪ねると陛下が何か隠していると気付きます。

 

チョンミョンは自分の誕生の日にチルスクとムンノが姿を消しトンマンの母親と同じ名前の侍女が死んだ記録を見付けます。

鶏林録(新羅の日々の出来事の記録)を調べると”開陽星が2つに割れ双子星となり二日後に1つになった”と記載されていました。

王に双子が生まれたら聖骨の男子が絶える予言があり自分は双子なんだと気付きます。そしてソヨプ刀の事を話し始め耳の後ろに同じ痣があるトンマンではないかと疑うが摩耶王妃を問い詰めると双子は認めたが妹だと知ります。

一方ミシルはチルスクを保護し目の治療を行うが一緒にいる女性がソファだと気付きます。チルスクは砂嵐に巻き込まれ娘が死んだ事によるショックで声が出せなくなったソファをこれ以上傷付けたくなかったと話しました。

 

チョンミョンはユシンを呼び出しトンマンとの出会いを話し自分は双子だと話しました。ソヨプ刀を持つ者が宮殿に戻り出世を知るムンノを探す者、同じ痣がある者、そのすべてがトンマンを指しているが男なので辻褄が合わないと伝えます。

するとユシンは「王女様の話が本当ならトンマンが双子の妹です」と言いました。ユシンはトンマンが女性だと知っていたのです。

チョンミョンとユシンはトンマンの存在が知られたらミシルに狙われると警戒し今は真実を知らせる時期ではないと思います。

トンマンには指示があるまで中岳山で待機するよう命じるが真平王はソファを目撃して側近であるウルチェ大等に保護させ、ソヨプ刀を持っている事を知った摩耶王妃がトンマンと接触してしまいます。

駆け付けたチョンミョンはすべてを話しトンマンは自分が王女であると知りました。

 

続きは明日(^^ゞ