中国ラブ史劇「大唐女法医」全話ネタバレあらすじ/29話から32話を感想を交え結末まで紹介

作品情報/キャスト

唐・貞観の時代。蘇州のある商人の娘・冉顏は母親の死因を調査するために検視官となる。嫡女だが義母に嫌われており決められた結婚から逃げるために家出をすると刑部侍郎の蕭頌に出会う。

推理力が高く冉顏の検死する能力に感心した蕭頌は彼女を専属の検死官にして事件を解決していく。死体に隠された真実を追い求めていく二人は反目しあいながらもお互いを信頼し絆が深まっていく・・・謎解きと絡み合いつつ描かれるピンチの時に助けに来てくれる孤高の殺し屋・蘇伏ふくめた三角関係も見所。

冉顏/検視官(チョ・ギョルギョン)蕭頌/刑部侍郎(トビー・リー)蘇伏/刺客(ペイ・ズーティエン)冉美玉/冉顏と異母姉妹(トゥ・ファ)桑辰/書生(ラン・ボー)白義/刑部隊正(ワン・イージョー)晩緑/冉顏の侍女(ソニア・ユエン)冉聞/冉顏の父親(リウ・シウ)高死/冉顏の義母(ニーナ・ホァン)など

 

25話から28話までのネタバレ

 

 

ネタバレあらすじ/大唐女法医

 

第29話・凧糸

冉顔は雲韶教坊で冉雲生と一緒にいたがちょっと席を外した間に彼が消息不明となってしまい現場には赤い紙のとんぼが置いてありました。

蕭頌は現場検証を行なうと内側から鍵がかけられていたが冉雲生は自ら窓を開けたようだと推理します。一方、2つの事件を捜査していた蘇伏も池海は進んで狩り場を離れ大食国の使節は馬車に隠れ人知れず逃げたようだと思います。

蘇伏から話を聞いた冉顏は冉雲生も自ら出て行ったのかと考えていると「そうではない」と桑辰がやってきます。冉雲生は外の騒ぎに気付き窓を開けたところ汚水車に突き落とされたのです。落ちていたひもは外から鍵をしめるため、屋根裏にあった草履の後は下手人にものです。桑辰は自分の推理だと威張るが実は蕭頌から伝えるよう言われていたのです。

 

スポンサーリンク

 

冉顏は顔料が落ちていたと知り絵描きなのかと考えていると書生・孟嵆が近くにいたことを思い出します。彫像に付けられた指紋の部分を削り取り書生の指紋と一致するかを探るため桑辰に訪ねてもらいます。

絵を買うときの契約書に指紋を押してもらうと一致していたので容疑者として捕らえます。孫振が尋問を行なっている間に蘇伏と冉顏は書生の部屋を調べるとどの絵にも欠落した部分がありました。

恐怖の表れと読み解いた蘇伏は幼い頃に虐待に遭っていたのではないかと思います。使節の彫像に青苔が付着しており絵に描かれていた竹和港を捜索すると使節の遺体を蘇伏は発見します。

 

蘇伏まで行方が分からなくなり捜していた冉顏は桑辰から凶器は凧糸だと教えられます。孟嵆の部屋には琴の弦に使われる絹糸を編み込んだ凧糸があり馬を走らせて罠を仕掛けていた場所に誘導していたのです。

取り調べをしている孫振の前で証明し幼い頃虐待に遭っていた事を思い出させると孟嵆は「蘇伏と冉雲生は光徳街の東梁倉庫にいる」と口を割ります。

しかし捜しても誰もいないどころか連行される孟嵆が自白の強要をされたと民たちに大声で訴えた事で証拠がなく釈放されてしまいます。

(回りくどいな・・・。蕭頌は隠れて協力していないで一緒に捜査しなさいよ。いつまで冷たい態度を取っているのか。面倒なお方です。冉雲生を拉致するのは1人では無理なんで仲間がいるはずですね)

 

第30話・救出

蕭頌は釈放された孟嵆の家に押しかけるが彼は既に逃げたあとでした。

絵をヒントに雨が降りやすい林を捜すと赤いとんぼの凧を見て馬を走らせるが目隠しされた状態で馬に乗る冉雲生を目にします。

罠が仕掛けられている事に気付き短刀を投げて凧糸を斬り間一髪で助け出します。

一方、蘇伏が巴陵公主の別院に運ばれたようだと東陽夫人から知らされた冉顏は冉雲生もそこにいるはずだと思い桑辰を連れて密かに忍びこみます。

薬を飲まされ動けないようだったので眠ったままの蘇伏を助け出すが訪ねてきた孫振に発見され冉顏だけ捕まってしまいます。

外で待っていた呉修和は助けられるのは蕭頌しかいないと思い助けを求めに行きます。

 

冉顏は駆け付けた蕭頌のおかげで何とか誤魔化す事に成功し帰ろうとしたが蘇伏がいなくなったと報告を受けた巴陵公主に再び捕らわれてしまいます。

こうなったら暴露するしかないと思い「公主が蘇伏を誘拐した。そして孟嵆とも関わりがあるはず」と訴えます。しかし侮辱した罪で捕らわれてしまい蕭頌は娘を愛する李世民から潔白を証明するよう命じられてしまいます。

(孟嵆っていちいち犯行のヒントを絵に描いて飾っておくわけww。赤とんぼや赤とんぼの絵は巴陵公主を表しているのだろうか。虐待されていた幼い頃に優しくしてくれたことで一方的に想っているといったところかな。ってゆうか蕭頌はわざと冷たい態度を取っているのは良いとしてそれにしても言葉が酷すぎますよ。それにほとんどは嫉妬からの気がするけど。。)

 

第31話・首領の正体

目覚めた蘇伏は冉顏が公主を侮辱した罪で拷問を受け牢に入れられていると知り李世民に謁見を願います。

また蘇伏が屋敷から出て行ったと報告を受けた蕭頌も駆け付けます。

蘇伏は巴陵公主に想いを寄せられ拉致されたと真相を伝えると公主は必死で誤魔化すが薬で眠らせ居場所を隠していた理由に困り李世民に禁足を命じられます。

釈放された冉顏は冉雲生と再会すると孟嵆に拉致されたが役人に助けられたと知ります。

 

蕭頌は公主のうなじに赤いトンボの彫り物があるのを目にします。孟嵆の共犯者かと疑い夜中に侵入したように思わせると「孟嵆なの?あなたが池海たちを殺したの?私に見限られたからって恨まないで」と公主は怯えながら訴えてきました。

殺害された2人と冉雲生、そして孟嵆は巴陵公主に気に入られていた人物だったのです。5ヶ月前に捨てられた孟嵆は嫉妬から3人を狙ったのです。

連続殺人事件に公主が関わっている事を李世民に伏せる代わりに犯人の孟嵆を捕まえるのに協力しろと訴えると公主はお気に入りの蘇伏を護衛にしてくれるならと条件を出します。

公主は炊き出しを行なうが罠だと察知した孟嵆は冉顔を人質にとります。

 

スポンサーリンク

 

蘇伏と蕭頌は悲恋の物語の主人公を気取っているとしたら次に向かう場所は柴煜と玥竹が死に別れた場所だと推理します。劉道然の屋敷は公主に下賜され柴煜の屋敷には孟嵆がいたので自分を柴煜に、公主を玥竹に見立てたと思ったのです。

駆け付けて包囲すると孟嵆は冉顏の体に酒をかけ蝋燭片手に巴陵と会わせろと要求しました。話を聞いていた冉顏はただの一方的な愛情だったので「捨てられたのだから来るわけない」と言います。

蕭頌は孟嵆の刀を掴み、蘇伏は孟嵆に剣を突き刺しました。毒が回り冉顏の夢を見て目覚めた蘇伏は目の前に統領がいたので蕭頌は紀元を監視していると告げます。

罠であっても隋侯の珠をエサにして紀元を誘き出してはどうかと告げると解読文だけでなく珠まで奪われる可能性があると言われます。

「危険を冒すのはお好きではないですか、東陽婦人」

 

蘇伏は「隋侯の珠を持つ火麒社が東梁倉庫で重要な物を扱う」と書いた文をそれとなく重要な物として紀元の手に渡るよう細工します。監視している蕭頌が駆け付けるはずなので伏兵を待機させ統領は倉庫を監視します。

統領は罠に掛かったと安堵し解読文を手に入れようとするが白義たちが攻め込んできたので剣を交えます。更に火麒社の伏兵を返り討ちにした蕭頌までやってきたので隙を見て逃げ出し、蕭頌は紀元を捕らえます。

(統領はまさかの蕭頌の叔母・東陽夫人wってゆうか推理して言い当てたように蘇伏は話していたけど今まで顔も知らない人に従ってたわけ?。解読文が欲しいという事は隋侯の珠を持っているだけでは何の効果もないということでしょうか。)

 

第32話・狙われた寵妃

蕭頌は紀元を捕らえたが脱獄されてしまい行方知れずとなります。

孫振が泳がしていた紀元に逃げられたようだと報告を受けわざとなのか失策なのかと頭を悩ませます。

その頃、李世民は寵愛する楊妃を訪ねて行くと大きな繭が寝所にあり彼女の姿はありませんでした。蕭頌や蘇伏たちは李世民に呼ばれ調査すると鹿油の匂いに誘われた桜陽皇蝶が作った繭の中で楊妃は息絶えていました。

楊妃が使っていた塗り薬が清竹医館から買ってきたもので鹿油が含まれていた事から冉顏が容疑者となってしまいます。

出掛けていた蕭頌は呉修和が捕らえられ封鎖されたと知り蕭頌に届けられる衣が入った箱に隠れ鹿油など使っていないことを伝えます。

 

悲しみに暮れる李世民が呉修和たちの処刑を命じたので冉顏は陛下に会える方法はないかと蕭頌に相談します。

刑場に現われた冉顏は鹿油を使っていないことを証明するとそこに冉美玉も患者達を連れてきて証言したので驚きます。また囲碁の相手をする桑辰が陛下を連れ出してわざとその現場を見せた事で処刑の命は撤回されました。

冉美珠から父親が亡くなったと聞かされ自分には家族が姉上しかいないと気付いたと言われるが冉顏は信用しません。

冉顏は検視を行なうと確かに桜陽皇蝶によるものだが簪などに塗られている事が分かります。今まで楊妃から匂いを感じた事がなく陛下が訪ねてくると分かってから塗る事が出来るのは身の回りの世話をしていた侍女・鄧容だけです。

しかし逃げられない鄧容はその場で柱に頭を打ち付け自害します。最後に発した言葉「臥薪嘗胆」は向瑶の侍女が殺される前に口にしていた事でした。

(またか、どうせ追い詰められて自害するだろうと思っていたけどやっぱりだ。これだけ目の前で自害されたら阻止する事も頭に入れるでしょう。賢い人達が揃っているのに・・・。寵妃が狙われたとするとちょっぴり史実を重ね黒幕は太子の李承乾の可能性も出てきたな)

最終話までのネタバレ

 

タイトルとURLをコピーしました