中国ラブ史劇「白華の姫」全話ネタバレあらすじ/17話から20話を感想を交え紹介

作品情報とキャスト

秘密を抱える皇帝・皇子・将軍の3人が記憶を失う姫を愛し、隠された真実が明らかとなると感動が押し寄せる中国ラブ史劇

すべての記憶を失った容楽は西啓の長公主だと皇帝・容斉に知らされます。北臨の皇子・無憂と政略結婚することになるが密命により宮中では仮面で顔を隠し町では茶楼の女主人・漫夭として二重生活を送り始めます。無憂は結婚を拒んでいたが漫夭の正体を気付かずに愛するようになり容楽も彼の性格に心惹かれるようになるがそんな姿を見て苦悩する容斉。そして無憂のライバルである北臨の将軍・傅筹は陰謀のために容楽に接近するが彼女を愛してしまう。それぞれの秘密が複雑に絡み合うなかで真実が明らかになったとき、かつてない感動が押し寄せる。

容楽/漫夭(チャン・シュエイン)容斉(レオ・ロー)宗政無憂/黎王(アーリフ・リー)傅筹(ジン・チャオ)皇太后(ディエン・ハイロン)皇帝/宗政允赫(カンティー・ラウ)攏月(ワン・チュン)皇太子・筱仁(リウ・ハンヤン)9皇子・無郁(シュー・ヤーシン)など

13話から16話までのネタバレ

 

ネタバレあらすじ/白華の姫

 

第17話/都落ち

陳王(無郁)の部下が容楽(漫夭)を捜すときに民に横暴を振るい命を奪った事で無郁は禁衛軍に連行されてしまいます。

昭蕓に助けてとお願いされた無憂は下手人は捕まっていなかったが自分が命じたので爵位の剥奪と都からの追放を願い出ました。皇帝(允赫)が認めると青州に戻りたい孫継周は娘の孫雅璃を嫁がせるため無憂にお仕えしたいと同行を願い出ました。

孫雅璃は傅筹を慕っているので勇気を持って想いをぶつけ奴婢でもいいから受け入れて欲しいと願うが傅筹に断られてしまいます。

 

皇帝(允赫)は真犯人を見付けて無郁の汚名をすすぐために大理寺に捜査を命じます。

無憂は青州に下る前に無郁を連れて挨拶に向かうと「情を議性にして戦場に人生を懸けたことで北臨の礎を築いたから自責の念はあるが悔いはない。国土は任せるに足る者に任せなければそなたの母に面目が立たぬ」と言われ頷きます。

容楽は不貞を働いたと噂が広まり馬車に乗って移動すれば民からは非難を浴びます。

無憂が孫家を連れて南境に行く事を知り都から追い出すために策を講じたのではないかと傅筹を疑うが「想いは本当だと知って欲しいから何でも答える、何でも聞いてくれ」と言われます。

「妻を閉じ込めたり監視したりはしない」と攏月楼に連れて行かれると沈魚と再会して喜ぶが攏月の位牌の前に蕭煞がいたので出て行けと怒ります。

蕭煞は例え許されなくても公主を守るのが使命だと居座ると泠月も裏切り者と罵ります。

スポンサーリンク

 

薬をしばらく飲んでいなかった容楽は首を吊る母親の夢を見て飛び起きます。泠月から薬を差し出されると西啓皇帝から届いたものだと知り自分の記憶が戻らないのはそのせいではないかと疑います。

攏月楼を訪ね内密に薬を調べて欲しいと沈魚にお願いします。

 

第18話/寵姫の誕生祝い

皇太子(筱仁)から痕香の誕生祝いの招待状が届き容楽は傅筹とともに東宮を訪ねます。

昭蕓はお祝いの言葉を書けたあと清河王の世子がやってきたので逃げるように皇太子妃のもとに挨拶に行きます。

容楽は偽公主を演じた芸妓の痕香が交代の妻になった事で北臨に放たれた容斉の手駒なのかそれとも傅筹の間者なのかと考えるが宴の席で昭蕓がしつこく清河王の世子に言い寄られていたので止めに入ります。

傅筹は妻を侮辱されたので跳び蹴りを食らわし、目配せされた痕香は酔いを覚ますと出て行き清河王の世子に絡まれていた侍女が首吊りをしていたと報告しに戻ります。皇太子は東宮での清河王府の立ち入りを禁じます。

 

沈魚から普通に頭痛を抑える薬だったと報告を受けた容楽は痕香の振る舞いを不審に思い調べて欲しいとお願いすると西啓出身だと知ります。

容楽の近況と山河志の情報を聞き出して欲しいと容斉から文を受け取った傅筹だが南境に向かった無憂が屋敷に引き籠もり誰とも会っていない方が気に掛かるので項影を豪族の鄭英のもとに行かせます。

その頃、自分が南境に送られたのは密偵をさせるためと気付く無憂は士族は勢力が強く州府は兵が不足して力がないのでどこから調べようかと考えていました。

(痕香は傅筹の事を愛しているっぽいですね。そして傅筹は天下の主になるのが目標のようだ。容楽は痕香が西啓出身だと知り容斉の手駒だと疑っているわけだが皆がそこそこ秘密を抱えているので先が読めない。さすがに昭蕓だけは見たままだと思うけど。笑)

 

第19話/疑惑

青州の3分の1の土地を所有する鄭家と仲間の秦家は流民を唆して反乱を起こさせます。

逆賊は傅筹でも潰しきれなかったので陳王(無郁)は心配するが根は傅筹が植えた可能性もあると無憂は言います。蜂起しそうだと報告を受けた無憂は探りに行くと流民を前線で戦わせるつもりだと気付き襲撃をかけて包囲します。

「今すぐ武器を置けば安泰な生活を保証しよう。約束を破ったら命を差し出す」と告げ武器を捨てさせます。

青州を平定させた無憂は鄭氏が流民や土地を取り込むため逆息と共謀していたと北臨帝に報告すると土地は朝廷が没収し鄭一族は掃討されました。

 

16年前に秦師匠の件で一族は皆殺しに遭うが生き残り無隠楼を創立して影で支え続けてくれている師兄・無相子に無憂は感謝します。

土地の一部は流民が占拠し明け渡すのを拒否していたが優先すべきは反乱の平定と民の救済であり州府も争わずに済むので与えても構わないと無憂は告げます。

しかし、豪族に土地を奪われないためにも土地の持ち主は登録させ開墾には州府が出資を行なうよう孫継周に伝えると「今回の功績で爵位は復活すると思われます。都に戻る際には政務をすべて引き受けます」と言われます。

無憂は平定して争いのない南境であればのんびり暮らす事が出来るので爵位など別に要らないと告げます。

スポンサーリンク

 

清謐園で泠月と昭蕓と一緒に花火を楽しむ容楽の心からの笑顔を見て傅筹は微笑み「ずっと見ていたい」と心で思います。はじめて2人で楽しく餃子を口にした傅筹は容楽を失うこと以外は何でも耐えられると思い西啓の凧(間者)たちは始末しろと項影に命じました。

その頃、皇太子(筱仁)の行ないにお手上げ状態の皇太子妃は嫌気がさし廃位してほしいと皇后に願い出るが家族や地位を守るためには我慢が必要なのだと言われます。しかしそれを耳にした皇帝(允赫)が入ってきて「痕香は追い出すよう命じたのに色事に溺れているのか」と激怒します。

(皇太子はアホ過ぎますねwそれにしても孫継周は誰かと結託しているのだろうか、無憂が信用していないように見えたがどうでしょう)

 

第20話/もう一つの同盟

西啓が尉国討伐の支援に難色を示し約束を守る気はないのではないかと北臨皇帝・允赫は思います。

皇太子(筱仁)は頼りにならないうえ傅筹は西啓と手紙のやりとりをしている可能性があるため南境の平定で功を上げた無憂を再び黎王に封じて呼び戻し討伐の策を練らせると重臣達に告げます。

皇太子の行いの悪さのせいで計画が狂った傅筹は「だから身を慎むよう忠告したのです。無憂が都に戻れば皇太子の座は守れません」と告げます。

軽率な行動は2度としないよう忠告するが皇太子は無憂を始末するため刺客を送ります。無憂が帰ってきたら容楽は離れるのではと思う傅筹は酔ってしまい清謐園に足を運びます。

酔い潰れて寝てしまった傅筹の生々しい傷跡を目にした容楽はつぶやく言葉を聞いて母親に虐待され育ったのだろうかと思います。

(ちょっとづつ容楽は傅筹に笑顔を見せるようになっていくが酔っ払って同情を買うのはちょっとずるいな~。北臨の皇后は聡明で素晴らしいお方だが西啓の皇太后はまだまだ意味不明ですね。)

 

青州にいる無憂は刺客に襲われるが無相子が駆け付けた事もあり返り討ちにすると天仇門を使うのは皇太子だと知らされます。

北臨皇帝(允赫)から帰還するよう命じられた無憂は政務を引き受けると名乗り出た孫継周に任せると告げます。

一方、皇太子(筱仁)が天仇門を使った事を知った傅筹はなぜ知らせなかったのだと痕香を叱責します。西啓がいつまで経っても弱腰なので宸国の皇弟・鎮北王が意見をまとめてくれたこともあり同盟を結ぶと知った傅筹は考えを改めるよう願い出るが無憂が戻ってから議論をすると皇帝に言われます。

西啓皇帝・容斉のせいで自分まで信頼を失うようになったので関係を断つと使者に伝えると「仇を討ち本来の名と地位を手に入れるには従うべきだ。じゃないと罪状を北臨帝に明かさぬとは保証できない」と脅されます。

鎮北王を始末しろと言われた傅筹は連絡を待てと告げ帰らせました。

(むむ、傅筹と痕香は西啓の者で何やら容斉に脅されて間者になっているのかな。敵は北臨なのは間違いないようだが痕香は容斉も信用していないみたいですね。)

 

21話からのネタバレ

 

 

タイトルとURLをコピーしました