韓国ドラマ「揀択カンテク」全話ネタバレあらすじ/9話10話を感想を交え結末まで紹介

作品情報キャスト

双子の姉妹一人二役を演じるチン・セヨンと初の時代劇の王役に抜擢されたキム・ミンギュが共演した韓国時代劇。姉の命を奪った者を捜すため揀択に参加した女性と初恋の人を想い続ける王の愛を描いた作品

朝鮮王朝の王イ・ギョンは何者かに襲われ王妃と共に命を落とす。都城一の情報商で巫女のウンボは銃の情報を売ったことを思い出し遺体から銃弾を探し出そうとするが突然王が息を吹き返し驚いて飛び出してしまう。幼い頃の記憶がなかったウンボは大司憲に連れられ大罪人として囚われる父の姿を目にするとすべての記憶を思い出す。息を吹き返したものの王妃を失い失意のそこにいる王は夢の中で王妃とそっくりな女性と出会うが・・・

カン・ウンボ(チン・セヨン)イ・ギョン(キム・ミンギュ)ペク・チャヨン(オム・ヒョソプ)イ・ジェファ(ト・サンウ)チョ・ヨンジ(イ・ヨルム)キム・ソンイ(イ・ファギョム)ワル(イ・ジオン)チョ・フンギョン(イ・ジェヨン)キム・マンチャン(ソン・ビョンホ)など

 

7話8話のネタバレ

 

ネタバレあらすじ/揀択カンテク

 

(注・私が参考にしたのは32話に分かれた作品ですが1話30分と短かったので2話分を1話として全16話として紹介しています)

 

第9話・

女官殺しでウンボ(ホン・ヨン)が捕らわれたと報告を受けた王様イ・ギョンは目の前にいる大妃に「またか、こんどは何をしたんだ」と言い捨て彼女が捕らわれている義禁府に向かいます。

被害者はカン・イスを訴えた女官だと尚宮から知らされた大王大妃ミン氏は王妃が蘇った噂が流れたらこれかと嘆き揀択の審査を中断させます。

大妃からの文、密会していた目撃情報、ウンボの部屋から毒が発見・・・すべては大妃一派の謀略だと苛立つ王様だが「証拠がある以上、私的な理由で放免したとなれば民に示しが付かない」とファン内官に止められます。

 

スポンサーリンク

 

濡れ衣を晴らすために・・・

王様は薬瓶を包んだ布に花の刺繍があった事で衣に同じ刺繍が施されたヨンジ(左議政の娘)を疑うが行動に偽りはなさそうでした。

牢獄されたウンボは賄賂を渡して会いに来てくれたホン・ギホに「大妃一派の仕業だとは分かるが母親を追求するのは酷なので王様ではなく大王大妃に助けを求めて下さい」とお願いします。

大王大妃は揀択候補者の所持品を調べさせると刺繍が得意な候補者がいました。王様はすぐに呼び出し「なぜ荷物に毒を隠したのだ、誰の指図だ」と尋問すると刑曹判書に家族を人質に脅されたのだと分かります。

大妃一派の重臣たちから候補者が偽証している可能性もあると訴えられるが王様は「ホン家が捕まった時になぜ同様に訴えなかったのだ」と黙らせ関与していた者は全員捕らえると告げます。

ヤバいと思った領議政キム・マンチャンは尻尾を切れば問題と思い「家族の無事は保証してやるから安心しろ」と刑曹判書に告げに行きます。それにより自分一人でやった事だと証言されたためウンボは無罪放免で釈放されます。

王様は約束通り罪を認めるよう大妃に告げると「罪を認めるのではなく、女官の口を介して私の潔白を訴えようとしただけです」と言われてしまいます。

ただのトカゲの尻尾切りだと分かる王様は女官が殺された事で協力してくれる者は現われないと思いひとまずカン・イスの事件の調査は中断し刑曹判書の身分を剥奪し流罪としました。

 

告白

中断していた三揀択が続行されウンボ、ソンイ、ヨンジの3人は王妃になるために何を捨てたらいいか考えます。

ウンボは書庫で調べ物をした帰り王様と出会い助けてくれた事を感謝します。そして「人を握り潰す権利ではなく不当を暴く権利、力が欲しいです。それが王様のおそばならより一層その思いは募るばかりです」と想いを伝えます。

王様のそばにいれるならホン・ヨンのままで構わないと告げると抱き締められます。

 

三揀択の審査・ソンイは祖父上からの贈物である履物を選び大臣で最高位ですが影響されないという中道を示したと言います。大妃はにキム家を捨てるいうことか」と聞かれ権力を笠に着た王妃にならないという意味です」と告げます。

大王大妃は「見事でした。わが子も人倫も踏みにじる王室で私的な偏重は許されない」と大妃を横目に言います。

ヨンジは初揀択で着た衣を選び破れた衣を見て怒りを覚えたが候補書たちのおかげで楽しい想い出に変わった事を説明し過去を捨てて生まれ変わる場所が王妃の座だと言います。

ウンボは毒を見分ける銀のさじと箸を選び「食器が足りない民家は木のさじで食べ、貧しい者は手で食べる」と皆が知らない民の暮らしを教えます。万民の妻であるなら貧しさに耐え時に空腹にもだえ民と苦痛を分け合う覚悟が必要だと告げると礼法に反するため現実的でないが殊勝な心がけだと大王大妃に褒められます。

 

取引

王様はケピョンという男をワルに調べさせると首の後ろに刺青があるようだと知ります。発見された2つの遺体に山尺の刺青があったので自分をこの世から消したと思わせるためではないかと疑い山尺の名簿を調べるよう告げます。

その頃、ケピョンは左義政から本物のホン・ヨンを捕らえるよう命じられます。またカン・イスの妻を探すよう似顔絵を渡されホン・ヨンと一緒にいた事を告げると二人とも捕らえるよう命じられます。

三揀択を終えたヨンジは屋敷に戻るとケピョンがホン・ヨンとカン・イスの妻の妻を捕らえたと知って驚き「逆賊の娘だと証明する。王室を欺くのは死刑に値する」と父親から教えられます。

これまでにも予知夢を見ていた王様は左議政を呼び「公にして企てに使おうとしているカン・イスの妻を解放しろ」と言い放つと「私の娘を王妃に選べば解放しましょう」と言われます。

弱みを握られてしまった王様は今現在、公になったらウンボを守れないので大王大妃の元に駆け付けウンボを選んではいけないと告げます。

(面倒向かってこんな無礼を働く左議政など王を侮辱した罪で斬ってしまえばいいのに。みんな敵や邪魔者を消す事ばかり考えているからまったく成長しないですねwイ・ジェファ大君は根拠地に愛する女の母親がいるのだからしっかり守りなさいよ。こんなオドオドした者が王妃になるのですか、ただ寵愛は受けないでしょうねwwだけど左議政は王を暗殺しようとして失敗したのにその王に嫁がせるのか、つまり娘が王妃になれば王など誰でもいいのでしょうね。そして大妃は憎たらしい・・・)

 

第10話・

大王大妃は三揀択でホン・ヨンの名で参加したウンボを選びます。

ウンボの正体を左議政チョ・フンギョンに暴かれてしまった王様イ・ギョンは彼女を守るためにウンボはダメだと伝えに行きます。

領議政キム・マンチャンの姪ソンイを押したい大妃は喜ぶが王様が人払いを願うと大王大妃に出て行くよう命じられてしまいます。

王様は脅された事は伏せ、「生き返った王妃を揀択に参加させたのだから身分を偽った者は王妃になれない」と告げて左議政の娘ヨンジを選ぶようお願いします。

大王大妃は左議政から脅されたのだと分かるが王様の要求通り王妃にヨンジを選びました。

 

スポンサーリンク

 

イ・ジェファ大君とペク・チャヨンはウンボが選ばれなかったと知り驚きます。兵権が手に入らなければ計画が台無しであり困惑しているとホン・ギホから「娘とカン・イスの妻が行方不明」と文が届きます。

母親が消えたと知ればウンボからの信頼を失ってしまうので探すようペクに告げるが取引した王様が既に安全な場所に移しておりカン・イスと親友だったことで保護を求められました。

カン・イスの妻と一緒に本物のホン・ヨンもいたと知った王様はホン・ギホを呼び刑曹判書を座を預けたいと告げると考える時間を要求されます。

 

側室

今まで偉そうに豪語していたソンイはキム家から相手にされなくなり王妃となるヨンジは宮中の作法を覚えなければならず教育を受ける日々が続きます。

ショックを受け落ち込むウンボは「王は不要な人をすぐに切り捨てるそうだ」とワルに言われます。大君は内通者が必要だと思いワルを仲間につけるために適当な事を言っていたのです。

ウンボは訪ねてきた王様が自らヨンジを選んだと知り怒ってお引き取りを願うが「そなたを守るためだった。母親が捕まったんだ」と知らされ左議政の仕業かと気付きます。

和解した二人は釣りなどをして幸せな一時を過ごしました。ウンボは口付けされそうになるが自分は蘇った王妃ではなく双子の妹なので自己嫌悪から身を引いてしまいます。

すると「1人にしたくないから側室になってくれ」と頼まれ王様の意に従うしかありませんと喜んで告げます。王様は左議政の反対を跳ね返すにはキム派の協力が必要だと思いウンボだけでなくソンイも側室にすると重臣に伝えました。

 

婚礼の日、ヨンジは同時に側室を二人迎えると知り嘆くと「寵愛を受け王子を産むのです」と父親に念を押されます。

また領議政は世継ぎを産めなければ王妃であっても先がないから寵愛を受けろと姪ソンイを送り出します。そしてウンボも迎えの輿に乗り宮廷入りするとソンイと共に従二品・淑儀に封じられます。

王様は初夜のときに「私の心には別の者がいる。王の女として生きることは許さぬ、形だけの夫婦だ」と王妃に告げ何もせずに出て行きます。

 

決別

ウンボが王に捨てられても任務はしっかり務めなければと思うワルは捜査すると山尺を引退し証である刺青を消した者が二人いると突き止めます。

1人は清に渡りもう1人は宿を転々として銃が得意な者でした。

ウンボは大君に正体がバレていたので何者なのかと問い詰めると「カン・イスは私を王にしようとしていた。復讐をしたければ私が犯人を捜しますよ」と言われ自分が揀択に参加させられたのは大君の目的を果たすためだと気付きます。

父親は人を利用するような者を信じないのでウンボはペクを訪ね真実かと聞くと思想を広めたのはカン・イス自身だと言われます。しかしその事を隠されていたと訴えると王様に惑わされたのだと勝手なことを言われます。

最初から犯人を捜すつもりなどなかったのだと分かり進むべき道が違うようだと告げて去ります。

ペクが「カン・イスの妻を人質にして計画通りいくしかない」と言いだしたのでホン・ギホは同志の娘を脅して殺させるのは道義に反すると告げます。王様が親迎の犯人を捜しているとワルから聞いていた大君も「見付かれば娘は王様のために生きるので今を逃せば機会はない」と口にするのでホン・ギホは理想と違うので抜けると告げ出て行きます。

(カン・イスの妻の面倒を見ているのは最初から駒として考えていたからね。こうなってくるとホン・ギホは娘を人質に取られるのではないかな。最初からペクの話は自分勝手で気分悪かった。そもそも大義が意味不明、今の王を暗殺して何が変わるというのか。カン・イスの思想は民が平穏に暮らせる事であり王暗殺ではないはずよ)

11話からのネタバレ

 

タイトルとURLをコピーしました