韓国ドラマ「マウス」3話~6話ネタバレあらすじ&視聴感想

作品概要・キャスト

イ・スンギ&イ・ヒジュン共演、衝撃の韓国クライムサスペンス

韓国全土を震撼させたヘッドハンター殺人事件は1年間で20人近くの遺体が発見されながら犯人は捕まらず批判を恐れる与党は遺伝子検査でサイコパス遺伝子を持つ胎児を堕胎させる法案を審議したほどでした。両親を殺害された少年ムチの証言で天才脳神経外科医ソジュンが逮捕されたが25年後に再びプレデターと呼ばれる連続殺人鬼が出現する。収監中のソジュンに復讐するために刑事になっていたムチは正義感あふれる真面目な巡警チョン・バルムを相棒に捜査へ乗り出す。ソジュンのサイコパス遺伝子を受け継ぐ子どもがいることが明らかになり・・・

 

スポンサーリンク

 

チョン・バルム(イ・スンギ)コ・ムチ(イ・ヒジュン)オ・ボンイ(パク・ジュヒョン)チェ・ホンジュ(キョン・スジン)ハン・ソジュン(アン・ジェウク)ソン・ジウン(キム・ジョンナン) ダニエル・リー(チョ・ジェユン)パク・ドゥソク(アン・ネサン)など

 

「マウス~ある殺人者の系譜~」全話あらすじ一覧はこちら

全20話で紹介します

 

ネタバレ感想/マウス

 

3話

リー博士は未解決事件を調べるなかでサイコパスは嘘発見器をすり抜けると話しジェフン少年を思い出します。

ヘッドハンター事件の犯人ソジュンの息子ヨハンが気になりジウンを訪ねると仕事が忙しいと避けられます。犬が怪我をしていたのでどうしたのか訪ねると優しい息子が保護してきたと言われます。

ヨハンが勤務する病院を訪ねると彼を見て胎児の時に遺伝子検査をした結果の通りだと思います。話を聞きたいと思い呼び出すが殺害されてしまいます。

 

ムチ刑事は両親を殺した犯人を憎んでいるので赦すべきと考える兄弟のムウォン神父を拒絶します。すると殺人事件の被害者の腕時計はチグクのものだとバルム巡警がやってきます。

確認したムチは逮捕されいる奴は犯人ではく連続殺人事件の4人目の被害者なんだと疑います。慰問での事件をバルムから話を聞き防犯カメラの映像を確認します。ムウォン神父を拒絶しているものの体が不自由なのに慰問の件で事情聴取を受けていたので自分で話を聞きに行けと先輩刑事に言い放ちます。

すると保管されている切断されたチグクの指に傷がないことで別人の者だとバルムに言われ困惑します。

 

10年前に襲われたことがある女子高生ボンイは強くなるために格闘技を習っています。ボンイを見かけたムチは彼女が少女だったころにお札を一枚目に涙を浮かべながら渡してきた子だと思い出します。

そのお札は今もデスクに置いてあり出所したら殺してやると約束していました。そんなボンイは自分のおかしな噂を流した同級生を殴ってしまい示談金が必要になってしまいます。

一緒に住む祖母は家政婦に応募すると派遣された場所はヨハンの家だったが掃除しているときに正体を知ってしまう。

リー博士の血痕を大量に残した遺体亡き殺人が起こりムチは捜査を始めると最後の通話相手がヨハンでした。

(TVプロデューサーのホンジュとヨハンは体の関係があるみたいだがホンジュはムチの事が好きだから彼のために探って近付いていると予想。ヨハンは完全に父親とそっくりなようだが家に一緒にいたキム・ジュンソンって誰ですか?)

 

スポンサーリンク

 

4話

燃やされた写真を握りしめる老人の死体が発見され現場に急行したムチはボンイの祖母だと気付き、なんで気の毒な人ばかり死ぬんだと怒りをあらわにします。

犯人を追うバルムが車に轢かれ負傷したと知り病院に駆け付けると女子大生を殺した犯人を見たけど怖くて通報できないとボンイの祖母から連絡を受けたんだと言われます。

バルムは駆け付けると死体を発見し怪しい男を目にして追っていたところ轢かれてしまったと言います。

 

ヘッドハンター事件の悪夢がよみがえる6人が犠牲となった連続殺人事件は犯人像もつかめず警察に不信感が高まります。

バルムは負傷した体で憔悴するボンイの代わりに葬儀を率先して手伝います。お墓も用意すると感謝されるが冷たくあしらったのが最後の祖母との会話であるため自己嫌悪になる彼女を心配します。

ムチはリー博士が最期に会話をしたのはヨハンであるためアリバイを調べるよう部下に命じます。ヨハンの友人キム・ジュンソンから話を聞くが携帯を借りて勝手にヨハンに電話すると「刑事は帰ったか?言ったとおり話したか?」と応答がありました。

 

少年の誘拐事件が発生しムチは一連の犯行には被害者を選ぶ基準があるのではと考えると「正解、なかなか良い線をいっている」と電話が入ります。

「あの子を選んだ理由は何だと思う、なぜ、あの子が殺されると思う?」

少年の母親のもとには命代を払えと要求があり、ムチはまだ少年は殺されていないはずと判断しバルムを訪ねるがテレビのニュースでは自分と犯人がやり取りした会話が流れていたので驚きます。

テレビプロデューサーのホンジュが特別番組を企画しムチは向かうと放送は止めろと少年のころ両親を殺され脅えているときに犯人の顔を見たのかと詰め寄ってきたドゥソクに話しかけられます。

(キム・ジュンソンの立場がよく分からないんだよな。ヨハンの協力者なのだろうか?ボンイは襲われた過去があるようですね。)

 

5話

生放送が始まりホンジュはハングク少年の救出と犯人逮捕のため遺族の同意を得て犠牲者の顔と実名を公開します。

音声を加工するのが条件で情報提供があり繋ぐとムチは「まず、そこに立つ資格はあると思うか」と聞かれます。

ホンジュは関係ない話は止めましょうと告げると賭博場に通い始め賄賂を貰っているだろうと言われます。ムチはデタラメだと告げるとヘッドハンターの遺族だろうと言われホンジュは肉声に変えるよう指示を出すと、もともと最初から音声をかえてかけてきたことが分かります。

殺人犯を見ると理性を失う刑事がこんな番組をやるのかと訴えられると少年の命はどうでもいいんじゃないかと抗議の声が殺到します。

 

ムチは遺族だと認めこの手で殺してやりたいのは正直な気持ちだが少年を助けたいから協力してほしいと告げます。

すると犯人からと思われる荷物が届き映像を流すと監禁された少年を撮影したものでした。実はムチやバルムたちはフェイクニュースを流して犯人を刺激させるはずだったがバイク便がまた届き、後から届いた方こそ自分たちが作ったフェイク映像だったので驚きます。

 

フェイクニュースがバレてしまったことで茶番だと非難が殺到しムチは謝罪する羽目になります。

しかしムチは被害者の共通点から人を殺して童話に見立てたのだと言い放つと正解だと犯人から電話があります。

警察は電波をキャッチし向かうがモニターにムウォン神父が映ります。両親を殺され更に体が不自由にまでなったのに赦した罪だとして処刑されてしまいムチは泣き叫びます。

(童話に見立てたのはいいとして選んだ理由は理解できん。簡単に言ってしまえばウソが嫌なのかな?太らない体質なんですとアピールしときながら裏で必死にスタイルをキープするために努力していてもダメなんか?なんじゃこれ・・・)
 
[ad]
 

6話

8歳の時に両親を殺されたムチは失うものは何もないと思い突っ走ってきたが兄が惨殺されてしまい泣き叫びます。

バルムは現場に向かい野次馬をかき分けると一瞬ミントの香りを感じボンイの祖母を殺した犯人がいるのだろうかと思うが燭台を見てクドン聖堂だといち早く気付いたボンイが救急車で運ばれていたので驚きます。

病院に駆け付け殺人鬼を倒せると思っていたのか、危険なことはするなと叱責します。

 

犯人は左利きとされていたが格闘したボンイは右利で左胸に傷を負わせたと言います。ムチを心配するバルム、ドング、ホンジュの三人はフェイクニュースの裏をかかれた事が気になり盗聴器でも仕掛けられたのだろうかと考えます。

ショックから立ち直るムチはボンイの祖母が握りしめていた写真はどこで手に入れたのかと思い捜査します。

家政婦紹介所へ行って断られたと知るがその時間帯に電話をかけてきたソン・ジナの家を訪ねます。どこかで見覚えのある女性だと考えていると彼女のスマホ画面に「ムチ様に入金」と表示されたのを目にします。

よく見ると部屋には花ばかりであり、高校生の時に手術しないと兄が死んでしまうために花屋を営むソジュンの妻ジウンに金をせびりに行ったことを思い出します。

改名していたのかと気付き役所に行って調べるとリー博士殺害の容疑者であるヨハン医師が息子だと知り驚きます。また放送中の時間帯に殺されたジュンソンの親友だとシン刑事に知らされます。

 

両親はソジュンに殺され、その息子には兄を殺されたのかと怒りをこみ上げるムチは元犯罪者に金を渡してピッキングしてもらいヨハンの家に侵入します。

家の中を持ち出してゴミ箱に捨て捜索令状を申請しろとシン刑事に無理強いします。

そのころ、チグクの事件を捜査するバルムと取材するホンジュは刑務所で鉢合わせるが事件の日にヨハンが医務室に来ていたと知ります。

ヨハンの家の前で捜索令状がでるのを待つムチはホンジュが家に入って行ったのを目にして驚くが被害者の血液と一致しなかったために捜索令状は下りないと連絡を受けます。

ホンジュが持ち帰った絆創膏からボンイの祖母のDNAが検出されたと知ったバルムは仇を討つために忍び込み、ボンイから連絡を受けたムチは急いで駆け付けヨハンに発砲します。

(ホンジュはムチにためにヨハンに接近しているのかと予想していたが違いましたね。母親が改名していたの知らなかったよ。ヨハンは殺人鬼なのにホンジュを好いた理由は何だろうね?)

7話からのネタバレ

 

 

韓国ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想