PR

有翡(ゆうひ)28話29話30話31話ネタバレあらすじ&視聴感想

作品概要/有翡

チャオ・リーインとワン・イーボーが共演し2020年度時代劇ドラマランキング一位を獲得した中国ロマンス時代劇

南北朝時代、四十八寨の当主の娘・周翡は固い守りを破って侵入した軽功の名手・謝允と出会う。下山する父親と離別を悲しみながらも修練を積んだ周翡はついに下山の機会を得ると宿敵である地煞山荘が勢力を伸ばし民を苦しめていた。正義感が強く最強の破雪刀の継承者である周翡は弁が立ち機転が利く謝允や弱者を守り、悪を打倒するため旅をしならが試練に立ち向かう。困難を乗り越えて成長し愛を育んでいく彼らに待ち受ける感動のラストは必見!!

スポンサーリンク

 

有翡(チャオ・リーイン)謝允/蕭川(ワン・イーボー)段九娘(ドン・シュエン)李徴(フー・ビン)李瑾容(チョー・シアオ)周以棠(ゾン・フォンイェン)魚老(ワン・シンハン)殷聞嵐(ジョン・ハオユエン)沈天庶(ゴン・ロー)胡天瑛(ダイ・シアオイン)霓裳夫人(ワン・ワンジュエン)殷沛(スン・ジエン)呉楚楚(チャン・ホイウェン)応何従(ロン・ジーユエン)李晟(チェン・ルオシュエン)など

 

「有翡(ゆうひ)」全話あらすじ一覧はこちら

全51話で紹介

 

ネタバレ感想/有翡

 

28話・毒と過ごした年月

四十八寨の周翡は零陵の客舎にいると同じく謝允(蕭川)を捜す白先生が訪ねてきます。

白先生が謝允を捜す目的は第3皇子が滅煞大会に出るつもりだから止めるよう説得してほしいからだと知ります。二人は仲が良く謝允がほっとくわけないと思い第三皇子に会いに向かうが馬車に隠れる謝允を発見し昏睡穴を打って眠らせます。

 

呉楚楚を連れて零陵にやってきた李晟は四象山の玄武主を目にするが謝允を台車で運ぶ周翡を目撃し声をかけます。

宿まで運ぶと勝手に下山した李妍がいたので叱責するが彼女を庇う楊瑾が間に入ってきます。周翡から霓裳夫人を捜してほしいと頼まれ楊瑾を睨みながら出て行きます。

四象山の朱雀主・木小喬は人気を感じ出てこいと告げると玄武主が現れ滅煞大会で共に威風を見せつけようと言われます。あっさり断ると霍家堡の大堡主の死に際に逃げ出した家職を差し出され話を聞いてから霍連涛を守るか決めろと言われます。

 

周翡は霓裳夫人がやってきたので感謝し謝允を診てもらいます。天下の奇毒・透骨青を患い内力を使わなければ一年は持つかもと言われ困惑するが見張るためにも天門鎖を譲ってほしいとお願いします。

夜中に毒医と呼ばれる応何従が訪ねてきて先ほど運んでいた男が枯天瑛の透骨青に侵されているなら助けると言われます。周翡は疑いながら中に通すと応何従はすぐに捜魂鍼の跡を見つけ毒はかなり昔のもので内力で封じていたが自ら内力を追い出したのだろうと言います。

魚老と同じように帰陽丹を飲み生涯水辺で食わせば問題ないのではと聞くと毒に当たった直後ならそうだが謝允の場合はムリと言われ助けると言っただろうと胸倉を掴み外にほっぽりだします。

(天門鎖で足と手を繋がれた謝允はさすがに逃げれないですねwそして予想していた通りあっさりと殷沛は魔と。なっていましたね。黒い仮面を付けるとそこそこかっこよくなるはずだけど殷沛はダメだなw)

 

29話・運命に抗う

周翡は手合わせを申し込んでくる楊瑾は用心棒に使えると思い祖父の南刀について記した書物など含む宝が滅煞大会にあるから行こうと誘います。

毒医と呼ばれる応何従から温かい食べ物だけはダメだと言われていたので冷たい食べ物を謝允に出します。

謝允は毒を封じるために小師叔が己の内力をすべて自分の経脈に与えたのだと話します。自分の命があるかぎり蕭家を継ぐ者がいれば王朝再興の可能性は残るので安平軍は戦を止めないのだと言い、自分の命は天下にとって災いなんだと教えます。

しかし周翡はひらけない道などないと言い今度弱気なことを言ったら殴るぞと言い放ちます。

 

興南門の朱晨の周翡への態度に謝允は嫉妬し彼女のために地元建康の料理を作ります。

李晟は霍大堡主の死因を調べ沖霄道長に伝えたいから呉楚楚を連れて滅煞大会に行くと言います。謝允も行くと言うので周翡は天門鎖で自分と繋ぎ逃げられないようにして連れて行きます。

そのころ李妍はさっさと楊瑾を連れて霍家堡に到着していました。

第3皇子・陳子琛は白先生に大会に行くのを止めるよう言われるが霍家堡から迎えの馬車がやってきたので乗り込みます。

 

周翡と謝允は朱家に紛れて通されるが招待状を持っていないものは別の場所に案内されていたので李妍がいるはずと思い朱家と離れます。

李妍と楊瑾は応何従が玄武主の配下に囲まれていたので助けてやると飼っている蛇がどこかへ行ってしまったらしく一緒に探します。

(招待状なくても入れるんかいw玄武主は何で招待状を出せと朱家に迫ったのでしょうねw)
スポンサーリンク

 

30話・海天一色の真意

李妍は応何従の蛇を捕まえてやるが何でここにいるんだと李妍に耳を掴まれ怒られます。

周翡たちが席に着くと滅煞大会の会場に現れた霍連涛は武林の盟主となる英雄を選び、その者に霍家伝来の慎独印を譲ると言います。

武林が団結して海天一色の宝を探し地煞山荘を打倒しようと提案されるが謝允たちは海天一色の正体を知らないからでたらめな大会を開いたようだと見破ります。

 

霓裳夫人が現れ海天一色が宝だとして英雄を集めるのは南刀の継承者が妥当ではと霍連涛に告げるが周翡がいるのを目にし挨拶します。

そして正体不明の宝に命を賭けては駄目だと訴えると霍連涛は何で四十八寨は襲撃されたのかと言います。謝允は厄介なことになったなとつぶやくが周翡は「地煞山荘は死にに来ただけ、同じ望みなら歓迎するぞ」と言い放ちます。

李晟はここにいる英雄が地煞と同じ謀略を持つ者かと言い、宝は知らないが祖父が叔母に寨の主を譲った時に宝は隠さないはずと告げます。呉楚楚も宝のことは知らないし大勢を犠牲にしてまで宝の行方を探す必要があるのかと訴えます。

 

招かれた第三皇子たちだが地煞山荘の四荘主・楚天瑜に拘束されます。霍連涛と手を組んだのかと訴えると雑魚どもに殺し合わせるのは霍連涛の猿知恵にすぎず自分は慎独印を手に入れたいだけだと言います。

楚天瑜は会場に行き前朝で反乱が起きたときに皇宮から宝が運び出され武林の者が警護しているのをこの目で見たと言います。

皇宮の宦官だった楚天瑜が現朝の第三皇子の命を受け霍堡主に代わり証明すると子琛の輿牌を見せます。

 

応何従が立ち上がったので謝允はお前が死ねば大薬谷は完全に滅びてしまうから我慢しろと告げます。

楚天瑜は確かに皇宮の宦官だったが反乱がお起こった時に裏切ったので父の仇ではあるが子琛の腰牌を持っているという事は捕らわれたはずだと察し周翡と共に捜し出して逃がします。

楚天瑜は霍連涛から慎独印を出させることに成功するが突如現れた木小喬が横取りします。木小喬の話を聞いた李晟は地煞と結託し実の兄を見捨てるとは見損なったと霍連涛に言い放ちます。

そして会場に戻った謝允はお前の主は第三皇子ではなく沈天庶だろうと楚天瑜に言い放ちます。

すべてがバレた霍連涛はあの時は地煞山荘とは手を組んでいないし見捨てる形となったが毒は盛ってないと喚きます。今は地煞と手を組んだことになり大堡主に毒を盛れるのは胡天瑛だけだと謝允は思います。

その時、林に火を付けようとするものがいると李妍が騒いだために複雑な林から逃げ出すために皆が逃げ出します。

(霍連涛の話なっがいw絶対に成功しないと分かっているから余計長く感じたよ。楚天瑜も最初に出てきた時に地煞山荘だったから何で堂々と出てくるのだろうと思ったら朝廷のフリをしていたのね。最初に宦官だった説明をしてよねw)

 

31話・美と力

霍家堡の林は複雑であり陣を破れる自信がある李晟は争っている場合ではないと皆を説得し案内します。

霓裳夫人は邪魔をする玄武主・丁魁と戦い、朱雀主・木小喬は必死で逃げる霍連涛の前に立ちふさがるが彼は慎独印を手に入れたい楚天瑜に一撃で背後から倒されます。

楚天瑜は木小喬を攻撃して慎独印を奪うと子琛に逃げられたと報告を受けます。

 

周翡と謝允は子琛を探しに行くと襲撃されていたので助けます。出口で待つ呉楚楚たちは黒い仮面を付ける殷沛から丁魁はどこにいるのか聞かれ中にいると告げます。

透骨青にあたってまだ生きていたのかと楚天瑜がやってきたので謝允は決着をつける時がきたと思います。

周翡は謝允に内力を使わせるわけにいかないので天門鎖を解除し戦うが謝允は内力と命を懸け推雲掌で楚天瑜をふっとばします。

すると応何従が毒霧を炊きながらやってきて吸い込んだ楚天瑜は苦しみながら絶命すると体から慎独印が転げ落ちます。

 

霓裳夫人は丁魁にとどめを刺そうとすると逃げられてしまいます。迎えに来てくれた李晟と共に林を抜けると丁魁を倒した殷沛が去っていくのを目にします。

周翡は謝允を背負い林を抜けようと必死に運んでいたが毒霧を吸っていたために倒れてしまいます。気付くと僧侶が漕ぐ船に乗っており自分と一緒にいた人はどこにいるのか聞くと南無阿弥陀仏と言われます。

周翡は自分はこれから何をするためにどこへ行けばいいのかと考え零陵に戻りたいと告げると船の中を見てみろと言われます。

中を確認すると謝允が倒れており息があったので喜びます。推雲掌が現れたと知って駆け付けたが一足遅かったと言われ謝允と関係があるのかと思い法号を訪ねると同明で師匠だと聞かされます。

謝允は内力を与えてくれた小師叔から「安之」と名を与えられていたことを知り、反乱が起こった時に産着にくるまれ預けられたと知ります。

(こういったドラマにありがちだけど主役がこんなに早く死ぬわけないし助かる可能性の方が圧倒的に高いのは承知だから吐血して倒れるシーンがあまりにも多いのは止めてほしいのよねw)

32話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想