韓国ドラマ「ボーンアゲイン」全話ネタバレ感想・あらすじを最終話の結末まで

作品情報・キャスト

生まれ変わった3人の男女が再会する韓国ファンタジーラブロマンス

1988年、刑事ヒョンビンには古書店を営む恋人ハウンがいました。

複雑な環境で育った孤独な青年ジチョルは教会で出会ったハウンに一目ぼれをするがハウンが重い心臓病をかかえていると知り事件を起こしてしまう。ハウンを想うジチョルのさらなる行動が3人を悲劇に導く。

時は流れ2020年、骨考古学者のサビンはある事件の担当検事スヒョクと出会う。スヒョクはサビンのことが気になる一方サビンが知り合った医大生ジョンボムの行動を怪しむ。やがてそれぞれに過去の記憶がよみがえり始め・・・

 

スポンサーリンク

 

ハウン/サビン(チン・セヨン)ジチョル/ジョンボム(チャン・ギヨン)ヒョンビン/スヒョク(イ・スヒョク)チョン・ソクテ(チョ・ドッキ/チェ・グァンイル)チョン・ヘミ(ウィ・ジヨン/キム・ジョンナン)など

 

全16話で紹介しています。

 

ネタバレあらすじ/ボーンアゲイン

 

第1話・運命の再会

2020年、ソヨン大学の骨考古学者で大学講師のサビンは書店に駆け込むとお目当ての本「私は毎週死体に会いに行く」を先にジョンボムに取られていました。

自分が注文していた本で著者のサイン入りなんだと訴えるが中古の値段で買いますかと聞かれふて腐れます。

「海外にいる移住する友達が欲しがっていたのに」と大きな声で捨て台詞を吐き店を出ると雪が降っていました。思わず手を差し伸べて見上げるが通りかかったスヒョクとぶつかってしまい互いに謝罪します。

 

1988年

古書店「古い未来」の店主ハウンは黄色い傘を持つ少女が狙われる連続殺人が起きているため持ち歩かない方がいいとタクシー運転手に言われるが少女ではなたいため気にしていません。

恋人である刑事ヒョンビンは連続殺人犯を追っていたが現場で急に胸が痛み出したので心臓を患うハウンを心配して店に行き黄色い傘を外に捨てます。

ハウンは4年間ずっとプロポーズを受けているが助かるには心臓移植しかないので毎回あと1年心臓が持てばねと断り続けています。

傘を拾ったジチョルは店から出て、男と別れ一人歩くハウンの後を付けていき家に入るのを確認して帰ります。

 

連続殺人犯の息子

ヒョンビンは事件現場で少女の叫び声を真似した野次馬の老人に見た事を絵に描いてくれとお願いするとどれも参考にならない物だったが最後に書いた男の似顔絵を気にします。

ジチョルは帰宅すると黄色い傘がたくさん並べられていたので急いで燃やし父親コン・イヌがいる廃校に押し掛けます。

イヌはかつて天才画家だったがアル中になり絵が描けなくなると殺人を繰り返していました。

「今回の少女はお前を捨てた母親にそっくりだったぞ、その前の女はお前の目を傷付けた継母tp似てたな」

なぜいつも自分を巻き込むのだとジチョルは心を痛め父親の作品を切り裂き、「一緒にするな。俺は人を殺したりはしない」と言い放ちます。

 

ジチョルは4年前に工事現場で働いている時に教会を掃除していたハウンを見て足を運びました。

ハウンが朗読していた「嵐が丘」を聞いて虐待のせいで強くなった主人公を自分と重ね教会に通うようになると「目が素敵なのにどうして髪の毛で隠すの。傷跡があっても悪くない。傷付けた人が悪いの。来世では苦しまない世界に生まれてね」と優しく言われハウンに一目惚れしました。

それから近所で虐待を受けるソンホを自分と重ね元気付けていたが母親に殺されてしまいショックを受けます。

ハウンが病院に運ばれたので様子を探りに行くと心臓病移植を受けないとハウンは生きられないと知り動揺します。心臓移植について必死に調べたあとソンホの母親がハウンと同じ血液型だと知り殺害して警察に電話するが振り返ると叫び声を聞いてやってきたハウンがいたので驚きます。

 

(あんな状態で退院していいものなのかしら。本人が嫌なものは仕方ないのだろうけど。にしてもイヌは連続殺人犯で息子に罪を着せて海外に逃亡したらしいが先生と呼んで慕う女性は何者でしょうね。ジチョルの犯行はなんとも虚しさを感じてしまう)
スポンサーリンク

 

第2話・愛する人を救うべく

ジチョルはソンホを虐待した母親がハウンと同じ血液型だと知り殺害して警察に通報するが振り向くと叫び声を聞いてやってきたハウンが覗いていたので動揺します。

逃げる彼女を追いかけると公衆電話で警察に通報したあと倒れたので急いで抱き抱え病院に連れて行きます。

 

ヒョンビンは黄色い傘を燃やしていたという目撃情報を得てジチョルの家に行くとハウンが持っていた黄色い傘があったので急いで彼女の家に向かいます。

病院から電話がありハウンが運ばれたと知って急いで向かうと無事だったので安堵するが「あなたがずっと手を握っててくれたから生き延びた」と言われ困惑します。

先生から血だらけの男で片目に傷がある者が運んできたと知りヒョンビンはジチョルだと察知するが11人目の被害者がでたと知り現場に向かうとこれまでの殺人方法とは違うものでした。

廃校になったボールペンが落ちていたので向かうと今までの被害者の絵が飾られていました。

 

ヒョンビンは目撃者ハウンの証言でジチョルを逮捕します。強い意志と目標を持てば心臓も強くなると確信したハウンは結婚を決意するが犯人の名前を聞いて教会に通い続けていた人だと思い出します。

殺人者なら目撃者の自分を病院に運ぶわけがないので自分が見たのは殺しの現場ではないかもしれないと言います。

連続殺人犯とはどうしても思えず面会に行くが「あの女を殺せばある人が助かる。後悔はしていない」と言われ幻滅します。

証言台に立つハウンは目撃した事を正直に話します。弁護士チェン・ヘミはジチョルが監禁されて虐待されて育ってきたことを告げ凶器を見るとひきつけを起こすことを証明します。

 

悲劇

精神疾患のため監護施設に送られたジチョルは自分もハウンと同じ血液型だと知り心臓を与えるために脱獄します。

ハウンは結婚式を挙げる予定の聖堂へ行き、ジチョルが脱獄したと報告を受けたヒョンビンはハウンが危ないと車を飛ばします。ジチョルは彼女の家に侵入すると聖堂へ行ったのだと留守番で知り向かいます。

三人は雪山で鉢合わせるとヒョンビンは拳銃を構えます。撃たれて心停止したら意味がないのでジチョルは掴みかかって拳銃をはじき飛ばし格闘します。

ヒョンビンはナイフを取り出し格闘するが倒れた際に自分のお腹に突き刺さってしまいます。ジチョルは父親が乗り移ったように何度も突き刺し、倒れているハウンのもとに歩み寄ると「魂は復活するがあなたは復活できない」と言われ落ちていた拳銃で自らの頭を撃ちました。

 

(ハウンはあのまま心臓発作で亡くなり、ヒョンビンはハウンを助けてくれと祈りながら亡くなり、ジチョルは生まれ変わらない事を祈って自殺ですか。そして生まれ変わった3人が現在で出会っているのね。ところでイヌは何で15年前に死んだ事になっているんだ?w)
スポンサーリンク

 

全話一覧/ボーンアゲイン

1話・2話(ページ内にジャンプします)

愛を知らずに虐待されて育ったジチョルは想いを寄せるハウンが助かる道は心臓移植しかないと知り子を虐待した母親を殺害してしまう。精神疾患のため監護施設に送られる賀は運と同じ血液型だと分かり心臓を与えるために脱獄するがハウンと彼女の婚約者ヒョンビンと出くわすと・・・

3話~4話まで

3話・4話

約30年前にドラム缶に入れられ水中に放置されていた遺骨が発見され骨考古学者でもあり医大で法医学を教えるサビンは科捜研で解剖をする。ジョンボムは実習のために科捜研を訪れるがスヒョク検事に追い出される。黄色い傘の事件が発生し容疑者としてジョンボムの名が浮上する

5話から(アップしたらリンク付けします)

スヒョクは咄嗟にサビンを庇って怪我をする。ピョンの被害者を次々と発見するが聖堂で発見された乳児の遺骨はジョンボムが埋めたと知り任意同行を求め、サビンに危険な奴だから近付くなと忠告する。スヒョクがケダモノを嫌うのは自殺した父親が・・・

8話から

サビンはスヒョクの事が好きなんだと確信するがスヒョクがまたも狙われたので傷付けたくなくて飛び込み盾となって刺される。サビンに想いを寄せるジョンボムは自分が関わっているため激しく動揺する。チュ刑事が刺されまたもジョンボムが容疑者として浮上しスヒョンは居場所が分かる時計をサビンに渡す

11話から

ヒョンビンの記憶が宿ったスヒョクとジチョルの記憶が宿ったジョンボム。コン・イヌに荷担していた事を暴露されたくなければ連れて来いとヘミに訴え殺害しようとするがサビンの言葉を思いだし踏みとどまる。証拠品をもとに黄色い傘事件の容疑者としてサンアは逮捕されるが・・

最終話/14話から16話まで

更新中