PR

「ザ・ロード:1の悲劇」ネタバレ視聴感想・8~10話あらすじ紹介

作品概要/キャスト

誘拐事件から始まる韓国愛憎ミステリードラマ

BSNニュースナイトのメインアンカーであるスヒョンは政財界の癒着を告発する一世一代の報道を敢行するがそのせいで息子ヨヌが誘拐されてしまう。警察は容疑者の特定に成功するが、スヒョンは事件の裏に巨大な影が潜んでいることを直感する。しかし犯人だと思われていた人物や目撃者がこの世を去って証拠が消えてしまい目を背けていた過去と向き合う

 

スポンサーリンク

 

ペク・スヒョン(チ・ジニ)ソ・ウンス(ユン・セア)チャ・ソヨン(キム・ヘウン)ソ・ギテ(チョン・ホジン)チェ・ナムギュ(アン・ネサン)シム・ソクフン(キム・ソンス)オ・ジャンホ(カン・ソンミン)など

 

「ザ・ロード:1の悲劇」全話あらすじ一覧

 

全24話で紹介

 

ネタバレ感想/ザ・ロード

 

8話・逃した機会

スヒョンはファン議員が渡したマスターキーで書斎に侵入した者がクォン局長だと知るが表情を読み取り原本は手にしていないようだと確信します。

クォン局長はソヨンに会いに行きスヒョンは何か知っているのかと聞くが「このことは知らない」とカメラを見せられます。体を交えたときの映像かと察知し自分は本気だったと訴えるが「ビジネスの仲」だと思われていたことを知ります。

ソヨンはセラと連絡が付かないので、あんたの娘のせいで機会を逃したらどう責任をとるんだとナムギュに言い放ちます。

ジュニョンの死が機会なのかと言われ、車載カメラがないと嘘付いたくせにと返すと顧客との通話内容が漏れるからだと言われます。

たかが資金洗浄だろうと訴えるがセラに弁護士を付けて匿っていると知り泣きつかれて騙されたのかと激怒します。

 

ジョンウクを発見したと知らせを受けたソクフン刑事は急いで駆け付け空港で捕らえます。

事件当日、パク・ソンファンに尾行されていたとソクフンから知らされたスヒョンは事件に関する何かを握っていると直感し、自分の次に会うとしたらソヨンのはずだと読みます。

そのころ、ソンファンはソヨンを呼び出しクォン局長とは順調かと聞きます。プライベートを暴露するつもりはないと安心させ真犯人の顔が映っていたことを話します。

 

スヒョンはソヨンに電話をかけソンファンはどこだと訴えると「一足遅かったわね、ギテに会いに行った」と言われます。理由もなく会いに行くわけないので車載カメラに犯人が映っていたんだと確信します。

お前ひとりでは絶対に対処できないと訴えソンファンと会う約束をするが・・・・

(ウンスは何でジャンホと連絡を取り合っているのかな?、そしてファン議員が集団暴行を受けたのは何でか?みんなこそこそ動くし一言足らないから謎は深まるばかり・・)

 

9話・消えた証拠

スヒョンはソンファンが殺害されているのを目にしソクフン刑事に電話を入れます。

証拠隠滅だけでなく殺害までしたので犯人は顔を見られたのだと確信するが、ソクフンはスヒョンの周りで二人も犠牲者が出たので何かを隠していると疑います。

「何か隠された事実があるはず、黙っていたら前みたいにまた犠牲者が出る」

 

スポンサーリンク

 

ソンファンが死んだとスヒョンから知らされたソヨンは誰が殺したのか聞くと殺害されたとは言っていないと言われます。

クォン局長に会いに行きソンファンが来たかと聞くと情報を売りたいと連絡があったと言われます。二人の関係も詳しく知っていたけど要求を呑む条件で口止めすればいいと言われます。

亡くなったから無理だと告げると誰の仕業なのかと聞かれたので他殺とは言っていないと訴えます。

局長も車載カメラに映っていたのだと確信し事件当日、ロイヤル・ザ・ヒルで何をしていたんだと訴えると大統領府に入るから次のステップに移るために賢く立ち回りましょうと言われます。

 

スヒョンはソンファンと何を話したんだとソヨンに訴えるが車載カメラを見てないから分からないと言われます。

しかしギテに映像を見せたら放送局を買ってでも復職させるはずと言っていたことを知らされます。犯人の顔だけでなくそれ以上のことが偶然映りこんだのだと把握します。

スヒョンは放送を終えるとジュニョンと自分のDNA鑑定結果が送られてきます。目も耳も閉じて永遠に沈黙しろとメッセージを目にし疲労で倒れてしまいます。

(スヒョンさん、確かに人から情報を聞き入れるだけで自分は何も話さないのはそろそろ見てる方もうざく見えてきましたよ、笑。過去になにがあったのさ。ジョンウクは捕まりセラは自首したけど、子供二人なんで期待できない)

 

10話・抱えた秘密

ジャンホからのしつようなコンタクトにウンスは悩みます。

事情聴取を受けるジョンウクはセラを乗せて車で追いかけたがジュニョンは見つからずそのまま眠ってしまい起きたらセラも車も消えていたと言います。

自首したセラは起きていなかったのはジュンウクの方だし白い家には誘われていったが麻薬だとは思わなかったと言います。

 

退院したスヒョンはジュニョンの血液から子供用ではない薬の成分が検出されたとソクフンから知らされます。

ソンジャはファン議員が帰ってきたので車の修理はちゃんと終えたのかと聞きます。運が悪かっただけで潔白だと言われるがタイミングが悪すぎるから世間はそう思わないと告げます。

「あなたはあの日、良い覚ましも兼ねて歩いて帰ってきた。公用車は随行秘書が乗っていた」と念を押します。

 

スヒョンは自身の番組で息子を亡くしたソヨンにインタビューを行います。質問しようとすると息子さんが誘拐されたと思って必死で捜索をしていたのかと聞かれます。

自分の息子ではないと分かっても同じように必死で捜索したかと聞かれ・・・

(ナムギュが「すまない」と口にしていたのは息子を轢いたのではなく何か理由があって犯人は知っているのだが言えないことへの言葉かな。ファン議員がややこしいよ、笑。あの暴行を受けたのは事件当日の映像なのかな?それにしてもジャンホ気持ち悪い。。)

11話からのネタバレ

 

 

韓国ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想