中国時代劇「尚食」ネタバレ鑑賞感想・9話~12話あらすじを紹介

作品概要・キャスト

瓔珞で共演したウー・ジンイエンとシュー・カイが再び集結し3日で再生数1億超えした尚食局の女官と朱瞻基の宮廷ラブストーリー

明の永楽帝の時代。皇帝の厨房をあずかる尚食局の新入女官・姚子衿は蘇月華と殷紫萍と友情を育み、宮廷内の権力闘争に巻き込まれながらも料理人として腕を磨いていた。ある日の夜、永楽帝が溺愛する皇太孫の朱瞻基と出会い書斎に食事を届けるようになって距離を縮めていく。姚子衿の気遣いと教養に惹かれていく朱瞻基だが姚子衿には秘められた過去があった。

 

スポンサーリンク

 

姚子衿(ウー・ジンイエン)朱瞻基(シュー・カイ)蘇月華(ワン・チューラン)游一帆(ワン・イージョー)胡善祥(ジャン・ナン)袁琦(ホー・フォンティエン)皇太子妃張氏(リウ・ミン)など

 

「尚食」全話あらすじ一覧はこちら

 

全40話で紹介

 

ネタバレ感想/尚食

 

9話・女子の矜持

皇太孫・朱瞻基から戸棚の整理を命じられた姚子衿は気になる絵を見付け、これは何かと質問するとドリアンだと教えられます。

異国からの使者をもてなすための料理を考案中なんだと告げると航海日誌が残されているから参考にすればいいと言われます。

朱瞻基は皇太孫妃・胡善祥との関係に迷いが生じていたが「過ちを犯した事がない人はいないのですから許してあげたらどうですか、真心を尽くせば思いは必ず通じます」と姚子衿に背中をされます。

翌日、皇太子妃のもとにいた胡善祥は話を終えると朱瞻基が訪ねてきたと教えられ急いで戻るが既に姿はありませんでした。

しかも7女・善嫣がいたので何で連絡もなく来たのか告げると病だと聞かされ母上は心配しているけど脚が悪いから代わりに訪ねたのだと急に現われた司膳の胡善囲に言われます。

胡家のために生きてきたのに子が出来ないだけで病扱いされたので、子のいない自分では栄誉をもたらせぬと言うのかと言い放ちます。あまりに非情だと思った胡善祥は簡単に主を裏切った侍女に杖刑を命じ善嫣を連れて出て行けと胡善囲に言い放ちます。

 

本が見付からないと朱瞻基に八つ当たりされた姚子衿は殿下のためにしている行いは奴婢の務めではなく愛ゆえだと告げます。

投げ捨てたのは書物ではなく私の心だと言い、これからは奴婢として接すると出て行きます。

異国からの使者をもてなす料理のチェックが行なわれ游一帆は姚子衿の料理を平凡な食材だと否定するが朱瞻基は張騫が西域から持ち帰った種を植え何年もの時をえて改良され味も良くなったから一品として加えるよう命じました。

(朱瞻基はかわいいな。奴婢として接してくる姚子衿に不満を持ち教育し直せって面白いw私は姚子衿のことを奴婢とは思っておらぬと一言告げてあげればいいのにw胡善祥はちょっとかわいそうね)

 

10話・12月の閻魔

漢王(高煦)が乾清宮の前で跪き皇太子(朱高熾)も付き添っていると報告を受けた朱瞻基は皇太子妃から説得を頼まれます。

仕方なく足を運ぶが面倒なので漢王を手刀で気絶させて太医院に運ばせ、皇太子は薬を使って眠らせます。

孟尚食と王遥清は永楽帝に謁見するため向かうと宦官が霊済宮の薬は体に熱をためて気を逆上させるから飲んではいけないと進言するのを耳にします。

 

游一帆から長寿麺が食べたいと個人的に頼まれた姚子衿は仕方なく作ってあげます。幼い頃に母親が作ってくれた麺料理を思い出す游一帆だが、ありきたりな物だと毒付き一口食べて去って行きます。

典膳の方含英から游一帆に長寿麺を作った者は彼が来たら避けなさいと言われます。殷紫萍はなぜなのか聞くと臘八節になると必ず厨房に来るが食事を作った物は三月以内に死ぬか怪我をしていると言われます。

姚子衿は先に言ってくださいと殷紫萍が責めてたので小突いて首を振ります。

 

御膳を運ぶ姚子衿は雪の中待っていると気付かれ通されるが「口を利けないのか、そなたが凍え死んでも私は悲しまぬ」と朱瞻基に言われ手を温められます。

料理が冷めてしまったので作り直すと告げ出て行こうとすると「そなたを娶る、それでも奴婢のように接するのか」と責められます。

除夜の宴では尚食局と尚膳監が腕を競い勝者が翌年の御膳を受け持つために両者探り合いをしながら献立を考えます。

(なんだかよく分からないが探り合いなど気にせず真心込めて自信のある料理をだせばいいのでは?w姚子衿は娶ると言われたのに何かややこしい返答だったなw)
スポンサーリンク

 

11話・除夜の宴 

除夜の宴が始まり尚食局と尚膳監は御膳の権利を懸けた勝負であるため情報を探りながら全力を尽くします。

皇族たちが料理を楽しむ頃、北鎮撫司では謀反を阻止するために游一帆たちが極秘の任務に備えていました。

漢王妃が卵白で喘息を引き起こすため尚食局の厨房に料理が返されるがその事を知った蘇月華はすべての肉に卵白を浸したので震えます。不安は的中し炒め物を口にした漢王妃は発作を起こして運ばれていきました。

 

朱瞻基は天象に異常が現われ君主が代わると広めていた王射成と孟賢を捕えます。宴で毒酒を献上して陛下を狙い武器庫を奪っていたが偽の詔には「皇太子を廃し趙王を擁立する」と書かれていた事を報告します。

趙王や漢王が身の潔白を訴え慌てだしたので朱瞻基はしばらく様子を見てから、あの二人では厳重な守りの武器庫を奪える力はないから叔父上たちは関係ないと進言します。

陛下は関与していなくても日頃の傲慢な態度が原因だと叱責し、王射成は死罪、その他は北鎮撫司での徹底した調査を命じます。

 

漢王妃が亡くなってしまい動揺する蘇月華はあの人(游一帆)に騙されたんだと気付き訴えるが「自分を狙ったのか、漢王妃に何かあれば尚食局主事の地位を失う」と孟尚書に言われます。

母親に捨てられても恨んだことはなかったが尚食の言葉にはショックを通り越して呆れてしまい、騙されてはいない、自分一人でやった事だと言い放ちます。

皇太子妃に呼ばれた孟尚食は覚悟を決め自分の責任だと告げるが持病があるのに都入りして再発したためだと言われます。

尚食局に罪はないと言われたが漢王と通じ陛下をうかがい政変を語るのは掟に反する罪であるため降格となってしまいます。

 

(胡善囲、腹黒いですな・・・料理する部署の中で権力争いがあるとはね。尚食になるためにここぞとばかり漢王と内通しているだのチクるとは性格悪すぎでしょ。そして游一帆もわざわざ騙して人を使って漢王妃を殺めるとは、嫌な人ばっかり)

 

12話・恋心と務め

尚食だった孟紫澐は野菜を運ぶと新鮮じゃなければいけないと自分が言った事を忘れたのかと典膳の聞宴桃に責められます。

王遥清は胡善囲と一緒に陥れた事を悪いと思っており敬意を持って挨拶し無礼を働くなと蘇月華を叱責します。

孟紫澐がまた苛められていると耳にした姚子衿だが性格的に同情されたくないだろうと思い出て行くのを止めます。

 

姚子衿は草舎に膳を運びに行くが徹夜続きで寝てしまい朱瞻基に抱き抱えられ運ばれます。口づけをされ驚いて起きると激務の尚食局を辞めて草舎に来ないかと誘われます。

翌日、姚子衿は皇太孫妃・胡善祥に食事を届けると碁は打てるかと聞かれ相手になります。女性でも惹かれてしまうのだから朱瞻基が惹かれてもおかしくはないと思う胡善祥は殿下の世話係に適していると思います。

 

朱瞻基から南方の食糧を北方に運ぶために運河を造ったが土手が河に浸食されてしまい改修に行かねばならないから一緒に来ないかと誘われる姚子衿だがここで帰りを待つと告げます。

(一緒に行ってあげればいいのに。姚子衿は何でここぞと言うときに引くのかね、何か理由があるのかしら。)

13話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想