中国ドラマ「始皇帝天下統一」ネタバレ感想・9話~12話あらすじを結末まで紹介

作品情報・キャスト

中国史上初の天下統一を成し遂げた秦の始皇帝の生涯を描いた歴史超大作

紀元前259年、趙国の邯鄲で人質となっていた秦国の王孫・嬴異人とその妻・趙姫の間に嬴政が誕生する。紀元前251年秦の第28代君主の死により孝文王が秦王となり異人は太子となる。紀元前250年、1年の服喪期間後に即位してわずか3日の孝文王が死去し王位を継いだ異人は呂不韋を丞相に就かせて東周を滅ぼし治国安民を築いていく。呂不韋は敵国から秦に戻った嬴政を見て覇王になれる器だと思い13歳の秦王を立てて補佐して権力を握る。

他の諸国を次々と攻め滅ぼし紀元前221年に中国史上初の天下統一を果たした嬴政の生涯を描いた歴史超大作

嬴政/秦王/始皇帝(チャン・ルーイー)呂不韋(ドアン・イーホン)嬴異人(シン・バイチン)趙姫(チュウ・チュウ)李斯(リー・ナイウェン)華陽夫人(ヴィヴィアン・ウー)など

 

「始皇帝天下統一」全話あらすじ一覧はこちら

全78話で紹介します

 

ネタバレあらすじ/始皇帝・天下統一

 

第9話/東周滅亡

東周君より降伏の申し出があり丞相の呂不韋は受け入れ軍を後退させます。

燓於期から「韓と魏の思惑をご存じだったのですか」と聞かれ、兵を5万に限定したのは5国を油断させ両国を争わせておいて隙を作り突かせるためだと告げます。

紀元前249年、秦は東周を滅ぼし6国に向けて天下統一の決意を宣言し呂不韋は丞相としての地位を揺るぎないものとしました。

紀元前248年、秦は趙、韓、魏を相次いで攻撃して多くの城を下し三川郡、太原郡としました。東に拡大を進める秦に6国は大いなる脅威を感じます。

 

聡明に成長する秦の王子・嬴政は華陽太后に呼ばれ咸陽の華陽宮に向かい政治談議を行ないます。

太后より滋養の汁物が届き口にしようとすると冬姉がやってきたのでお椀を差し出すと鹿茸に香りがしないと言われます。飲もうとしていた嬴政は太監に飲んでみよと差し出すと震えだしたので毒殺されそうになったのだと気付きます。

荘襄王となった子楚の体調が思わしくない中、呂不韋は天下統一のために俊才を秦に集めようと斉の稷下学堂に使いを出し広く人材を求めます。

稷下学堂を率いる荀子の下で帝王学を学ぶ李斯は学問を秦で活かすために求めに応じる決心をします。

(李斯は嬴政が天下統一を果たす際に大いに力を発揮した人物だがいろいろと自分の立場を守るためにあくどいことをしでかすのよね。このドラマではどのように描くかは分からないが私には印象が悪い人として頭に残っている)
スポンサーリンク

 

第10話/裁かれぬ宴

秦の臣・姚賈から親戚の王綰を紹介された丞相・呂不韋は使えなかったらすぐに返品すると告げます。

大王が病に伏せるなか太子が決まっていないのは国を揺るがすのではと進言され嫡子である嬴政が順当に行けば太子になるはずと告げると、側室の子で成蟜というご子息もおり華陽太后の寵愛も受けていると言われます。

秦を離れた楚の使者が戻ったとも言われ、呂不韋は子楚(荘襄王)に早く嬴政を太子に立てるよう進言します。

 

嬴政は子楚から太子にすると言われ王妃・趙姫に報告しに行くと未来の大王となるのだなと喜ばれます。

子楚は宗室の宴席で嬴政を立太子しようとするが宴席上で華陽太后の仕組んだ演目で母の趙姫を侮辱された嬴政が頭にきて役者を殺してしまいます。

嬴政が監禁を命じられたので趙姫は陰謀だと訴えるが太后が教育不行き届きで罰するべきと訴えた事で自らも監禁されてしまいます。

吐血し倒れてしまった荘襄王は成蟜を太子にするよう太后から迫られるが「私の長男で秦の未来の王だ、先王が存命の時に決めたことなので変えられない」と訴えます。

死ぬ前に母子に会いたくないのかと太后は責めるが大王が苦しむのを見たくないと韓霓に止められます。

 

監禁される趙姫は嬴傒がやってきたので安堵するが陽泉君から唆され「本当に大王の子か」と聞かれたので頬を叩き「大王の子に決まっているだろう」と言い放ちます。

(実は呂不韋の子だと噂があるので台本的にはあり得る話よね。だけど、どのドラマでも華陽太后がいつも悪っぽく描かれるので彼女の悪計かと思ってしまうのよねw。天下統一を果たす嬴政なのに親が誰か分からないのも不思議)

 

第11話/華陽の変

監禁されている秦の王子・嬴政は何者かが部屋に入ってきたので隠れるが友人の蒙毅と蒙恬だったので驚きます。

華陽太后の命がないと誰も出入りができない状態だと言われ政変でも起きたのかと口にすると「だから王子は呂不韋と趙姫の子だと噂があるのか」と言われ激しく動揺します。

母が危険かもしれないと思い兵士に扮して向かうと嬴傒の姿が見えたので引き返し夏太后に助けを求めに行くが大王が吐血して意識を失ったため丞相のもとに向かったと知らされます。

 

噂は貴族や大臣の間にも広まっており丞相は秦宗室・嬴姓一族、楚国出身の羋姓一族、他国出身の臣下を呼び寄せ大王の願いは嬴政を皇太子に立てることだと言います。

しかし噂を気にしているだろうから自分は協議で何も発言しないと伝えます。

嬴政は強行突破して丞相に会いに行き噂は事実なのかと訴えると「王子は子楚の子であり孝文王の孫であり昭王の曾孫なのです。嬴の姓を継ぐ長子でもあるのだから噂に惑わされてはなりません」と言われます。

「秦が乱れれば6国が攻めてくるのは明らかであり、そんなときに出自に拘るのか。強く生きろ、固く心に誓えば誰にも邪魔されない」と諭され嬴政は天下統一を心に誓います。

華陽太后が成蟜を太子にさせるために大王に迫っていることが考えられるので丞相は同志を率いて宮殿に向かいます。

スポンサーリンク

 

第12話/太子・政

宮殿に押し掛ける丞相(呂不韋)は華陽太后に命じられた兵士たちに阻まれるが嬴一族がやってきて宗室はいつでも大王に会う権利があるのだと言い放ちます。

それでも兵士達は道を開けようとはしなかったが精兵1万を率いて蒙武がやって門を突破します。

韓霓は丞相の軍が正面から押し掛けてきたのでもう大丈夫だと話しかけるが病に伏せる大王はもう生きては出られないだろうと言います。

 

大軍が城内まで押し入ってきたと知った華陽太后は成蟜を太子にさせる命令書さえあれば形勢逆転できると思い陽泉君に時間を稼ぐよう託します。

丞相は宗室と大臣を大王に会わせないのは何故だ、見舞いに来ただけで他意はないと訴えます。その頃、趙姫は大王が崩御したら自分を殺すよう嬴傒にお願いし子楚は大王になってから笑顔が消えとても苦しそうだったから共に逝くと告げます。

大王になることばかり考えていた嬴傒だがそれよりも大事なことがあると悟り大王を救わなければと思います。

 

追い詰められた華陽太后は大王を始末するしかないと決意するが自らの手で救いたいと燓於期たちを引きつれて城内にいた嬴政が間に合います。

丞相たちは陽泉君たちと対峙していると嬴政と趙姫に支えられる大王が現われます。

大罪を犯した華陽太后だが先王に仕えた功績が大きいので大王は称号と俸禄は保持し華陽宮での幽閉を命じ陽泉君には家財と奴婢を没収し上郡への移住を命じます。

太子に立てられた嬴政は忠父となった丞相に拝礼します。

閲兵式で代わりに発言するよう命じられた嬴政は「天下統一を果たすのは武器を手放すため、その時にはじめて平和がもたらされるのだ」と叫ぶと大王は満足しそっと眠りにつきました。

(謀反を起こし大王を拘束しておいて罪が随分と軽いことwそして嬴傒はなんかせこいな、数分前まで王の座を狙ってましたよねw嬴政は十代で太子になったもののすぐに秦王になるのよね)

13話からのネタバレ