「長安賢后伝」全話ネタバレあらすじ一覧・感想を交え最終話の結末まで

作品情報・キャスト

チャオ・インズ、チョン・イー共演、中国の五代十国時代を舞台に架空の4つの国を舞台にした中国大型宮廷ロマンス

盛州・西斉・雍臨の三国が北方で勢力を争う梁の末期。

雍臨の郡主・賀蘭茗玉は盛州の第九王子・蕭承煦と運命的に出会い恋に落ちる。一方、蕭承煦に王位を継がせるという盛州王の遺言をもみ消して卑劣な手段で王になったのは第三王子・蕭承睿。

賀蘭茗玉は結婚の約束をしていたが戦死の知らせが届き、陰謀で殺されたと訴える第十王子・蕭承軒を死罪から救うため国王の側室となり復讐を誓うが戦死したはずの恋人が帰還する。

一人の女性の波乱の生涯を描いた切なくも美しい物語

スポンサーリンク

 

賀蘭茗玉(チャオ・インズ)蕭承煦(チョン・イー)蕭承睿(ハン・ドン)凌蓁児(リャン・ジンシェン)蕭啓翰(ハン・チョンユー)賀蘭綰音(リウ・モンモン)賀蘭芸琪(ウー・シンシン)沐王妃(ワン・リン)蕭承軒(チャオ・ウェンハオ)司徒昆(ホアン・ヨウミン)など

 

華流ドラマ・おススメ10作品の紹介はこちら

 

「長安・賢后伝~全61話で紹介」

 

ネタバレあらすじ/長安・賢后伝

 

第1話/運命的な出会い

梁王朝の末期、国力が衰退し北方は盛州・西斉・雍臨の三つの国に分裂しました。

雍臨の草原、郡主・賀蘭茗玉(雍臨王の孫)は兄・克用たちと狩りを楽しんでいると西斉の第1皇子・司徒昆が姉・綰音を娶りにきたと報告を受けます。

かよわい綰音では虐げられてしまうと心配する茗玉は反対すると「かつて先代の王と西斉王が通婚の契約を結んでいたために良好な関係を築けていたんだ、耐えてくれ」と雍臨王に言われます。

 

梁王朝、天元6年、

盛州王・蕭尚遠は梁の策略にはまり永安城に封じ込められてしまいます。第9王子・蕭承煦はわざと敵の幕営に侵入して捕まり自分の命と引き換えに勝敗に関わる重要な情報があると訴えます。

謁見が許され将軍を始末すると、蕭承煦の文を読んだ蕭承睿(第3王子)が急いで兵を率いて駆け付け一掃しました。

盛州王は永安城へ向かう途中に襲撃を受け傷を負っており矢を調べると梁ではなく西斉のもので毒が仕込んであることが分かります。

 

嫌がる姉・綰音と入れ替わり輿に乗る茗玉は盛州王を解毒するために侵入していた蕭承煦と出会います。

茗玉は顔に湿疹を装い縁談を破談させようとしていたが蕭承煦にあっさり見破られてしまいます。司徒昆に会いたいなら雍臨から連れてきた馬手に成りすませばいいと告げると西斉の侍医を騙したいなら猫の目草をつぶして顔に塗ればいいと教わります。

解毒剤を盗もうとしてバレた蕭承煦が部屋に入ってきたので茗玉は匿ってあげます。すると「綰音は穏やかで上品なはず、奔放で勝気があるのは茗玉だ」と見破られたので「竜涎香の匂い、そしてその自信満々な顔付は盛州の王子ですね」と言ってやります。

二人は協力して西斉の林侍医を捕らえ、蕭承煦は毒を飲ませ郡主は重い疫病にかかっていると伝えさせ縁談を破談させます。

(見事な策だが綰音が恨まれることになるのでは?w蕭承煦の動きは立派だけど野心ある王子から見たら王位を狙っているように思われるかもね)
スポンサーリンク

 

第2話/一目惚れした相手は?!

賀蘭茗玉と蕭承煦は互いの目的を果たし別れて帰路につきます。

賀蘭茗玉は待ち合わせ場所で妹を待っていると西斉の第2皇子・司徒成が騎馬隊を率いて狩りにやってきたので逃げ出すが獲物を捕らえる罠にはまってしまいます。

解毒薬を手に入れるために司徒成を捕らえに来た蕭承睿に助けられた綰音は外套を渡され一目惚れします。破談書を持ち帰る茗玉だが皆を騙したことで写経を命じられてしまいます。

 

司徒成と解毒薬を交換し帰還する蕭承睿だがすでに蕭承煦が連れてきた林侍医によって盛州王は復活していました。

沐王妃は喜ぶが蕭承睿が悔しがっているのを察知し異母兄弟で心は推し量りがたいので警戒するよう蕭承煦に伝えます。

雍臨は盛州と西斉の間にあり南は梁と接するので北方を統一するなら要となるから服従させる自信はあるかと国王に聞かれる蕭承煦は、その仕事は蕭承睿がふさわしいと告げます。

 

蕭承睿が妃・賀蘭芸琪(茗玉の従姉)を連れて雍臨を訪ねると知った蕭承煦は茗玉に会うために同行を願い出ます。

蕭承睿が国王と同盟の交渉を行うなか茗玉は従姉が嫁いでから会っていなかったので再会を喜びます。贈り物を受け取り感謝する茗玉だったが綰音は妹のより貴重な品ではあったが思いが込められていないと思います。

そんなとき、蕭承睿を見かけ自分が一目ぼれした相手は従姉の夫だったのかと悲しみます。

 

雍臨と盛州が同盟を結んだと知った西斉王は「お前が勝手に破談書を書いたことが原因だ」と司徒昆を叱咤します。

蕭承睿は解毒したものの毒に侵された時間が長く盛州王が危篤だと知らされ、蕭承煦とゆっくり故郷にいろと芸琪に告げ急いで戻ります。

(綰音は被害妄想をお持ちですね。芸琪はそんなつもりないんじゃないかな?。蕭承睿は国王が危篤だと知り蕭承煦には告げずに帰る時点でちょっと器が小さいな。)

 

第3話/郡主の使命

賀蘭芸琪(盛州第3王子・蕭承睿の妃)の説得もあり雍臨と盛州の間で同盟が結ばれます。

賀蘭茗玉(雍臨王の孫)と蕭承煦(盛州第9王子)は西斉の密偵を発見し挟み撃ちして捕らえるが蕭承煦の首に針が刺さっていたので治療を優先し逃がします。幸い毒針ではなかったので茗玉は安堵します。

盛州王は蕭承煦に後を継がせたいと沐王妃に伝え遺詔を書くが王冠を王妃に被せてもらうと四大親王と重臣たちに告げる前に座ったまま息を引き取ってしまいます。

蕭承睿は急いで馬を走らせたが到着したころには既に崩御したあとでした。ひれ伏して悲しむと臨終の際には沐王妃しかおらず遺詔になんて書かれているかは分からないと第4皇子・蕭承耀に言われます。

 

雍臨王のもとに西斉の使者が拝謁し王子の印しかない破談書は無効だと言われます。勝手に破談するなら攻め込むまでと挑発される雍臨王は激怒するが「盛州と同盟を組んだため何もできないはず」と克用に言われます。

しかし盛州王が崩御したと知り、喪に服す盛州を頼れなくなってたので綰音を嫁がせて危機を脱するしかないと思います。

綰音が司徒昆なんかに嫁ぎたくないと跪いたので、茗玉は自分が行ってまた破談にさせてみせると訴えるが雍臨郡主としての使命だと言われてしまいます。

綰音は悲しみながら輿に乗り、茗玉たちは涙を流しながら見送ります。

 

蕭承煦は急いで帰国すると「私がすることはすべてあなたのため」と母・沐王妃から意味深なことを言われます。

沐王妃は「後継者には蕭承煦、補佐には蕭承礼(第2王子)と遺言を遺されたがお前を王に据えることもできる」と蕭承睿に告げます。

四大親王の中でとくに短気な蕭承耀を信用できない王妃は蕭承煦が継いでも四大親王の補佐がなければやっていけないので「国王の遺志に背く私は万死に値するが蕭承煦の命を守れるなら悔いはない」と告げます。

しかし、蕭承睿の自負心の強さを忘れていたために激怒させることになってしまいます。

 

蕭承睿は父の栄誉と盛州の将来を託されたと思っていたので嘆き、しかも王妃が自分が蕭承煦を害すると恐れて子を守るために王位を譲ろうとしたので野心を抱いているように見えたのだろうかと悲しみます。

茗玉は蕭承煦を追って盛州に行き芸琪のもとで世話になると「母上と王宮へ戻り棺を安置するはずが蕭承睿たちの兵に阻まれた」と蕭承煦と蕭承軒(10王子)がやってきます。

(嫌な時代よね、兄弟で権力を争うなんて。沐王妃は自分の命を懸けて息子を守るぐらいなら短期で信用できない蕭承耀を始末すればいいのに・・・。蕭承睿は野心あるように見えなかったけど王妃の言葉で変わってしまいそうな予感はするね、どうだろう)
スポンサーリンク

 

全話一覧/長安・賢后伝

1話2話3話(ページ内にジャンプします)

雍臨の郡主・賀蘭茗玉は西斉の司徒昆に嫁ぐのを嫌がる姉・綰音と入れ替わり破談にさせる。しかし同盟を結んだばかりの盛州の王が崩御しさらに西斉王から破談は無効だと圧力をかけられた事で綰音は嫁ぐことに。盛州は蕭承煦を後継者にする遺書を残していたが・・・

4話~7話まで

4話/5話/6話/7話

沐王妃は四大親王に迫られ息子たちを守るために殉死する。後継者に渡すと断言していた竜佩を受け取った蕭承煦は王位につきたい者が母親を葬ったのではと疑う。蕭承煦は茗玉を娶る約束をし西斉との戦いに出征するが・・・

8話~11話まで

8話/9話/10話/11話

蕭承煦に嫁ぐ予定だった茗玉だが戦死の知らせを受け軍規違反で死罪となる蕭承軒を救うために国王に嫁いで復讐を誓う。婚儀の日、重傷を負いながらも蕭承煦が帰還したと知って国王は喜ぶなか茗玉はもう引き返せないのだと悟り・・・

12話~15話まで

12話/13話/14話/15話

茗玉が側室になった理由を凌蓁児から知らされた蕭承煦はひどい言葉で傷付けたことを謝罪する。1年後、国境での戦いで蕭承煦は捕らわれた蕭承耀を救出するが感謝されるどころか沐妃を殺してやったと挑発を受ける。蘇玉盈は蕭承煦に嫁ぎたいと国王に告げ・・・

16話~19話まで

16話/17話/18話/19話

蕭承煦が戦功をあげ続け国王から評価されるなか横暴な蕭承耀は大罪を犯しついに終身刑を命じられる。沐妃の死の真相を聞き出そうとした蕭承軒によって蕭承耀は急死してしまうが国王は弟を庇う蕭承煦に自害に見せかけるよう命じる。久しぶりに帰省した茗玉だったが綰音を救おうとして西斉に捕らわれてしまう。

20話~23話まで

20話/21話/22話/23話

国王は攻撃の勅命を出すが茗玉を救うために蕭承煦は逆らう。沐王妃の侍女だった素秋から母親の死の真相、そして王位を奪われた事を聞かされた蕭承煦は謀反を決意するが西斉を降伏させた時に伝国の玉璽を授っている事を国王は知っていると茗玉から文を受け取り・・・

24話~27話まで

24話/25話/26話/27話

蕭承睿は茗玉を嫉妬させるために綰音を娶り貴妃とさせるが彼女の心は離れていくばかり。五皇子を出産した綰音だが根本的に被害妄想が高くみんなから愛されていないと思っているため喬淑妃や蘇玉盈に唆され妹が我が子を呪ったと思い込む

28話~32話まで

28話29話30話31話32話

別邸で禁足される茗玉は火事で死を装い逃げるが戦中の蕭承煦が陥れられると知り助けるために戻る。懐妊している事を知った茗玉は落ち込むが自分を責める蕭承煦のためにも元気でいなければ思う。蕭承煦のおかげでなんとか無事に出産し、助けを求めるも門前払いした綰音の侍女の悪事を暴き死罪においやる

33話~37話まで

33話34話35話36話37話

凌蓁児は茗玉を守るために証言すると蘭昭儀が自決に追い込まれる事になり蕭啓翰から恨まれる。茗玉を奪われ皇位も狙えるほどの蕭承煦を妬むようになった皇帝は密書が偽物である証拠をわざと処分して処刑牢にいれる。茗玉は鄭王などの協力で救うが蕭承煦と蕭承睿にはわだかまりが生じ・・・

38話~41話まで

38話39話40話41話

綰音が心中を図り茗玉が危篤だと知らされた出征中の蕭承煦は策を講じて皇帝を帰還させる。帰還した蕭承睿は助けられるのは一人だと知り薬を茗玉に与え綰音は息を引き取る。数年後、沐妃の殉死を仕組んだのを認める蕭承睿は啓元に好意を譲ることを記し崩御する。息子を守るには蕭承煦と相対するしかなさそうだと決意する茗玉は・・・

42話~45話まで

42話43話44話45話

啓元を勝手に連れ去り皇位を狙う蕭承煦を茗玉は説得し幼帝を誕生させ皇太后となる。摂政王となった蕭承煦は溺愛は子を害すから自ら指導するとわがままな幼帝を連れていく。江南へ同行させるが・・・

46話~49話まで

46話47話48話49話

蕭啓翰の離間策により陛下から奸臣扱いされた蕭承煦はショックを受けるが謀反を企てた証拠をつかみ蕭啓翰を監禁する。愚かな陛下の行動を茗玉のために我慢していた蕭承煦だが罪なき腹心を殺害され軍を動かす。それを察知した茗玉は先に罠を仕掛けて捕らえ・・

50話~53話まで

50話51話52話53話

本気で蕭承煦が怒ったようだと気付く茗玉は鄭王に説得を頼む。蕭承煦は岳山の疫病に対応していると蕭承煦が亡くなったと報告を受ける。ひとはいつ亡くなるか分からないと悟った茗玉は蕭承煦と旅立とうとするが芸琪が危篤に・・

54話~57話まで

54話55話56話57話

身を挺して啓元を守った蕭承煦は毒矢により命を落とし蘇玉盈も自ら命を絶つ。1年後西斉王の娘・司徒珍と啓元の縁談話が再び浮上するが董若萱に夢中な啓元は困惑する。また陛下の想い人とは知らず啓栄が董若萱に惚れてしまう。茗玉は皇后に司徒珍を選び董若萱と啓栄の縁談を承諾するが・・・

最終話/58話~61話まで

58話59話60話61話

啓元が駆け落ちしようとした相手は啓栄の許嫁・董若萱だった。陛下が皆から怒りを買い咎められた茗玉は貴妃に封じるものの挨拶は来なくていいと伝える。やがて徳妃と貴妃が皇子を出産するが・・・/皇帝が崩御し、茗玉は啓君を育てるため・・