中国時代劇「長歌行」全話ネタバレ感想・あらすじを最終話の結末まで/ディリラバ主演

作品情報/キャスト

人気漫画を原作にしたディリラバ主演のアクションロマンス時代劇

唐代初期、唐の建国帝である高祖・李淵の後継者争い「玄武門の変」により皇太子一族が根絶やしにされる。

暴乱から逃げ出す皇太子の娘・李長歌は朝廷から追われ、復讐を果たすために男装して救援を求め幽州へと向かう。秦準と名乗る男と出会い互いに相手の素性を疑いつつも助け合いを重ね次第に信頼し合う関係になる。

長歌の逮捕を命じられた禁軍頭領・皓都は苛烈な追跡を繰り広げていたが長歌の従妹・李楽嫣による必死の牽制によって計画が狂っていく

スポンサーリンク

 

李長歌(ディリラバ)阿詩勒隼/秦準(ウー・レイ)皓都(リウ・ユーニン)李楽嫣(チャオ・ルースー)魏叔玉(ファン・イールン)穆金(イー・ダーチェン)弥弥古麗(ツァオ・シーユエ)阿詩勒捗爾(ワーアル)司徒郎郎(リウ・ハイクアン)など

 

全49話で紹介

 

ネタバレあらすじ/長歌行

 

第1話・東宮の郎君

唐代初期、

北西草原の阿詩勒部・阿詩勒隼は配下を連れて長安に潜入し偵察していると横暴な役人ともめてしまうが東宮から抜け出し男装して出歩いていた李長歌(皇太子・李建成の娘)に助けられる。

「太子府相手に勇気あるやつだ、兵曹に非があり事なき得たが運が悪かったら痛めつけられてたぞ」

李長歌は馬を走らせて東宮に帰ると母・謹夫人から阿詩勒部が使者を長安に派遣し蹴鞠の試合を申し込んできたから絶対に外に出るなと言われます。

むかし決起した時に和議のために阿詩勒部との婚儀に応じていたので娘に宮中で幸せに暮らしてほしいと思う母にとっては心配なのです。

 

皇太子は李世民(二弟)と対立しており常何に見張らせ、斉王(四弟)たちと暗殺計画をたてます。

李長歌は姉妹のように育った李楽嫣(李世民の娘)が魏叔玉に好意を抱いているので誘って蹴鞠試合を観戦しに行きます。

阿詩勒部の使者から和平のために婚姻に応じるという約束を果たしてもらおうかと言われた皇太子は言い返そうとしたが目をつけられた女子が李世民の娘だったので笑みを浮かべます。

李楽嫣がお目当ての魏叔玉が怪我をしてしまい唐が負けているので仮面をつけていることもあり李長歌は参戦し見事勝利に導きます。

 

褒美で阿詩勒部が献上した宝刀を賜った李長歌は7歳から武術や兵法を教えてくれた李世民に贈ります。

東宮に戻ると皇太子に呼び止められ乱入したのはお前だなと言われます。

(蹴鞠試合の映像がかっこよかったですね。皇太子は李世民を暗殺しようとしているみたいだが・・・「玄武門の変」は有名な話なんでね。阿詩勒隼は蹴鞠の試合に紛れて唐の力を知ったみたいだが戦と関係あるのかなw)
スポンサーリンク

 

第2話・亡き母への誓い

蹴鞠試合に乱入していた李長歌は皇太子に怒られると思ったが「陛下に大いに称賛してもらい手柄を得た。よくやった」と言われます。

安堵するのもつかの間、阿詩勒部の宝刀を持って来いと言われ李世民に贈ったと告げると激怒されてしまいます。

魏徴(魏叔玉の父)にその場を治めてもらうが謹夫人から蹴鞠に行くなと言ったはずだとひっぱたかれます。

 

「辟擁堂に行き10日間こもって謹慎しなさい。必ず従って」と母に命じられた李長歌は出発する際に三娘からお菓子と衣が届けられます。

数日いないだけですぐ戻るのにと告げると母が見送りにきたので「やっぱり行かない、母のそばにいる」と訴えるが許可なく戻るなと言われてしまいます。

不貞腐れお菓子を受け取らずに馬車に乗り込むがなんだか母親の様子がいつもと違うことを気にし飛び降りて走って戻ります。

 

玄武門の変

阿詩勒隼は使節団を出立させて可汗に情勢を報告させ偵察を続けます。

皇太子は玄武門に入ると李世民側に寝返っていた守備隊長・常何に門を閉ざされて攻撃を受け、東宮に戻ってきた李長歌は血痕だらけの宮内を見て絶句します。

人影が見えたので隠れると李世民の姿を目にして驚き去った後に部屋に入ると首を斬られ亡くなっている母の姿を目にします。

魏徴は東宮に文を送ろうとするが李世民に呼び戻されていた房玄齢に止められます。

「私はここからお前を出さない。そうすれば軟禁されているように外からは思われ忠誠心と命の双方を守れる」

 

泣き崩れる李長歌は傷だらけで戻ってきた三娘にどうなっているんだと聞くと常何が驚いた様子で駆け込んできます。

三娘は「裏切り者だ、はやくお逃げを」と常何にしがみつき、李世民に贈った宝刀を目にした李長歌は事態を把握し「生き延びて」と母の言葉を思い出し逃げ出します。

李楽嫣は東宮の乱を李世民が鎮めたと報告を受けるが皇太子と斉王が処刑され逃げた李長歌が行方知れずと知り何かの間違いだと動揺します。

 

李長歌は忍び込んだ品香斎にあったお菓子を見て母親が最後に作ったお菓子を受け取らなかったことを後悔します。すると少年(阿竇)が忍び込んできて店主にバレそうになったので助けてやると東宮の夫人が栄恩寺に埋葬されると知らされお菓子に毒をもって見張りに食べさせます。

棺で眠る母を目にして涙を流し「どんなに危険でも黒幕を殺すまで必ず生き延びる」と誓います。

(李世民は何で謹夫人の部屋から出てくるときに落ち込んでいたのかな?ちょっと気になる様子だった。皇太子が先に暗殺しようとしそれを察知した李世民が房玄齢と杜如晦を呼び寄せて対策を練り常何を買収しただけなのよね。どっちが悪いんだかわからないw)
スポンサーリンク

 

全話一覧/長歌行

1話2話(ページ内にジャンプします)

皇太子の娘・李長歌は叔父で秦王の李世民から武芸と兵法を学び李楽嫣とは姉妹のように育ちました。阿詩勒部との蹴鞠試合に乱入し唐を勝利に導くと宝刀を賜り李世民に贈る。しかし皇太子と李世民が対立していたことから「玄武門の変」が起こり・・・

3話~6話まで

3話/4話/5話/6話

李長歌は魏叔玉が受けっていた魚符を奪い弘義宮へ潜入するが李世民を襲おうとしたところ捕らわれ監禁される。姉妹のように育った李楽嫣のことも信用できない李長歌は脱出し阿詩勒隼ら一行に取り引きを持ちかけ長安を去るが・・・/阿詩勒隼に命を救われた李長歌は幽州へ向かうがそこには追っての皓都や阿詩勒隼たちも・・・

7話~10話まで

7話/8話/9話/10

李長歌は幽州の盧江王・李瑗に偽造した令旨を渡すが偽物だと見破られる。捕えられた李長歌は幽州にいる皓都を利用して脱出し李楽嫣と再会する。都尉の協力で乱を鎮めた李長歌は魏叔玉に皇太子璽を渡し寧州に向かう。その頃、駅館にいた李楽嫣は浚われてしまい・・・

11話~

更新中